雲 梯 の 鉄 の 匂 ひ と 冷 た さ と

うんていの てつのにおいと つめたさと

近道になる公園で、なかなかうまくぶら下がれない幼い子のお手伝いをして、ついでに自分も久しぶりに握ってみました。
自分がこんなに重いんだとガッカリです。
金木犀全開の公園は、気温が低いせいか、親子連れがひと組と、あと数人。
ゆったり過ごせます。
うんていの、ぶら下がるための鉄の棒は、握れば驚くほど冷たく、子どもの頃はそんなこと考えもしなかったこと、思い出しました。

この句も読まれています。

満 員 の ト ロ ッ コ 列 車 霧 に 消 ゆ... 阿蘇の噴火警報がゆるんだので、この行楽の季節、観光客が満載です。 人気のトロッコ列車は満員で、歓声を上げて出発です。 秋の霧が出てきたようで、お天気はいいものの、見晴らしはいまひとつ。 霧に包まれて見えなくなるトロッコ列車を見送るのも一興です。...
絶 滅 に 向 か ふ 鰻 を 喰 ひ に ゆ く... ぜつめつに むかううなぎを くいにゆく 日本ウナギはとうとう絶滅危惧種だとか。 今年の夏一回くらい、みんな、食べるのを止めにしたらどうかしら。 なんて思っているうちに、もう土用の丑の日です。 足りないかと思いきや、養殖ウナギは余っているとか。 流通というのは、シロウトにはさっぱりわからない...
猪 怖 し 猪 と 間 違 ふ 人 怖 し ししこわし ししとまちがう ひとこわし この頃は、都会のあちこちで、イノシシが暴れ、たいへんな捕物帳が行われていると聞きます。 ひと昔前には、山でイノシシ退治の猟師が、間違えて仲間を撃つ事件が多発したこともありました。 彼らが一線を退いて、今ではハンター不足が問題とされているとのこと。 日替...
木 守 り に あ れ や こ れ や の 神 頼 み... きまもりに あれやこれやの かみだのみ 柿やユズを収穫する際、木のてっぺんにひとつ実を残しておきます。 来年もたくさん実がなるようにという、まじないのようなものです。 ついでにあれやこれやも願かけし、まったく欲深いものです。 まじないと言っても、実際には鳥が食べることが多いです。 鳥に実り...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください