雲 梯 の 鉄 の 匂 ひ と 冷 た さ と

うんていの てつのにおいと つめたさと

近道になる公園で、なかなかうまくぶら下がれない幼い子のお手伝いをして、ついでに自分も久しぶりに握ってみました。
自分がこんなに重いんだとガッカリです。
金木犀全開の公園は、気温が低いせいか、親子連れがひと組と、あと数人。
ゆったり過ごせます。
うんていの、ぶら下がるための鉄の棒は、握れば驚くほど冷たく、子どもの頃はそんなこと考えもしなかったこと、思い出しました。

この句も読まれています。

寒 戻 る 三 角 波 は 人 を 呑 む かんもどる さんかくなみは ひとをのむ 三寒四温とはよく言ったもので、さあこのまま春に突入と思ったところが、この寒さ、そして風の強さです。 海は荒れて、白い三角の小さな波が尖るように次から次に岸に迫ります。 小さい波だからと、侮ってはならず、ときに人の足をすくいます。...
冬薔薇(ふゆそうび) 蕾のときの 長きこと... 寒いときによく咲く。でも次から次に 花をつけるわけではないように見える。 硬いつぼみは、そう簡単にはほどかれず 長い時間をかけて、少しずつ緩む感じ。 ていねいにゆっくりと花が咲く。...
冬の宵 一足飛びに 凍りつき 暮れかけたと思ったら、ストンと闇に変わる。 急に冷え込み、急ぎ足になる。 焼鳥屋だけが、こうこうと明るい。 iPhoneからの投稿...
生 来 の 器 用 貧 乏 犬 ふ ぐ り せいらいの きようびんぼう いぬふぐり 器用貧乏。 何事も一応はうまくこなせるため、ひとつ事に徹底出来ず、かえって大成しない人のことを言うそうです。 1914年の芥川龍之介の処女作にこの言葉があったことから、この手の人物は昔からおり、そしてむかしからそういう呼ばれ方をしていたもようです。 あ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください