雲 梯 の 鉄 の 匂 ひ と 冷 た さ と

うんていの てつのにおいと つめたさと

近道になる公園で、なかなかうまくぶら下がれない幼い子のお手伝いをして、ついでに自分も久しぶりに握ってみました。
自分がこんなに重いんだとガッカリです。
金木犀全開の公園は、気温が低いせいか、親子連れがひと組と、あと数人。
ゆったり過ごせます。
うんていの、ぶら下がるための鉄の棒は、握れば驚くほど冷たく、子どもの頃はそんなこと考えもしなかったこと、思い出しました。

この句も読まれています。

春一番 過ぎてなお吹く すきま風 きのう、台風のような春一番。 これでいちだんと春が近づいてくるのでしょう。 人の言葉や態度に感じたすきま風は、 そう簡単に吹き去るものではありません。 この人は、こんなことを考えてたのか。 こういうひとだったのか。 心臓がうしろに引っ込むときや、 心にすきま風が、吹いたり、吹きすさんだりすることが、...
紫の 濃いところあり 春の闇 うらうらとした空気が、そのまま暮れていく春の夕暮れ。 濃い紫、薄い紫が漂っているようです。 冴え切った冬とはちがう、春の宵です。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
色街の 柳にもたれて 福禄寿(ふくろくじゅ)... 七福神のひとり、福禄寿さま。 人間の幸せは、血のつながった子どもを持つこと、財産 健康的な長寿だと。ついでにきっとドスケベにちがいない。 色街との境を示す枝垂れ柳にもたれかかっているのが見える。 まったくオトコはどうしようもない。...
一 晩 の 村 時 雨 秋 終 は ら し む ひとばんの むらしぐれあき おわらしむ 夜中じゅう吹いた風と少し強い雨が、わずかに残っていた紅葉をすべて落とし、気温もぐっと下がり、秋はおしまい。 すっかり冬の風情です。 あっちもこっちもイルミネーションで、いささかへきえきしています。 かがり火を見るのはいいものですが、電飾は好きになれませ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください