雲 梯 の 鉄 の 匂 ひ と 冷 た さ と

うんていの てつのにおいと つめたさと

近道になる公園で、なかなかうまくぶら下がれない幼い子のお手伝いをして、ついでに自分も久しぶりに握ってみました。
自分がこんなに重いんだとガッカリです。
金木犀全開の公園は、気温が低いせいか、親子連れがひと組と、あと数人。
ゆったり過ごせます。
うんていの、ぶら下がるための鉄の棒は、握れば驚くほど冷たく、子どもの頃はそんなこと考えもしなかったこと、思い出しました。

この句も読まれています。

秋 祭 り 道 真 公 の 御 座 す 処 あきまつり みちざねこうの おわすとこ 平安の昔、権力闘争に敗れたというより、政敵に謀られ、太宰府に左遷させられた菅原道真が、晩年の2年あまりを過ごしたと言われる榎社では、毎年9月、天満宮から榎社まで御神輿が御神幸されます。 道真公はこの地で、長男を亡くし、餓死しない程度の生活費が支給されるのみで...
おかしさが 余計に目立つ 春鏡 春になると、日差しが急に明るくなるからだろうか、自分のお顔の欠点が極まる。 わたしの部屋は玄関に備え付けの縦長い鏡があって、いやでも出掛けに見ることになる。 わたしは事実は見ない。一日の活力が萎えてしまうから。 両手をほっぺに当てて、ピッと斜め上に引っ張って、うその姿だけど、 お肌にハリを持たせてか...
城島(じょうじま)事件 もうずいぶん前のこと、ひと昔いやふた昔も 前のこと。いまの久留米市、当時三潴郡城島 町で、中学生が学校でいじめられ、絶えきれ ず自殺した。たしか筑後川の支流の水門に紐 をかけて首を吊った。痛ましい事件だった。 転校生だったらしい。前の学校では、心優し い人懐っこい子どもだったと聞く。土地柄が 合わな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください