雪 女 郎 そ の 白 肌 の 力 欲 し

ゆきじょろう そのしろはだの ちからほし

雪は古来から、さまざまな「あやかし」を生みました。

雪女もそのひとつ。

雪国の伝説と、人間の想像力のなかに生息します。

雪のように冷たい白い肌とも、透きとおるような青白い肌をしているとも。

雪山で道に迷った人間のオトコをトリコにし、氷のように冷たい息を吹きかけて凍え死なせる。

美女であり、鬼女。

冷たい息を吹きかけて、オトコを凍死させる、エロスの頂点。

この句も読まれています。

加 湿 器 の 噴 き て な ん と は な し 緩 む... 加湿器 / nubobo 毎年寒くなると、灯油のストーブを愛用していた。 ガスストーブは、僅かだけれど、使い始めにガスの臭いがして気になるし、エアコンは部屋が強烈に乾燥するので、合わせて灯油のストーブも使う。 上にほうろうの鍋、シチュー用のどっしりしたのを蓋をせずに載せて、スチームの中で過ごす...
鷽 の 鳴 か ん と す れ ば 頰 膨 ら む... うそどりの なかんとすれば ほおふくらむ もともとオスはほおがピンク色なのだけれど、鳴くときはそれがさらに色を増し、上半身が大きく膨らむように見えます。 太くて短いクチバシもなかなかチャーミングです。 スズメよりやや大きく、ずんぐりした体型も愛嬌があります。 ほおが赤いのはオスだけです。 ...
寒 夕 焼 水 平 線 を 発 信 源 用事を済ませて帰ろうと外に出た。 冬の夕焼け。 空気が冷たいから、より発色がいいような気がする。 出どころは海。 海の彼方から扇状に広がって、青空と雲を巻き込んで茜色。 もう間もなく早い夕暮れが迫る。 この空に逢えて、今日はよかった。...
日記とは 苦しきときのみ 書きおりて... 毎日日記を付けるのは苦手。どうしようもない不安を抱えたときだけ、書く。それもあまりに大きいときは、書けない、そんな余裕はない。それで三年日記も空白だらけ。捨てようかと読み返してみるが、途中でやめた。そのときの苦しい気持ちがよみがえって、やめた。捨てることもできず、引き出しの奥にしまった。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください