雪 女 郎 そ の 白 肌 の 力 欲 し

ゆきじょろう そのしろはだの ちからほし

雪は古来から、さまざまな「あやかし」を生みました。

雪女もそのひとつ。

雪国の伝説と、人間の想像力のなかに生息します。

雪のように冷たい白い肌とも、透きとおるような青白い肌をしているとも。

雪山で道に迷った人間のオトコをトリコにし、氷のように冷たい息を吹きかけて凍え死なせる。

美女であり、鬼女。

冷たい息を吹きかけて、オトコを凍死させる、エロスの頂点。

この句も読まれています。

吸 う 息 も 吐 く 息 も 襟 巻 の 中 マフモコスナップ MUFFMOCO SNAPSHOT / Norio.NAKAYAMA 毛糸の、もともと長めのマフラー。 二重に巻いて、さらに耳まで隠して、顔の半分ぐるぐる巻きにして使っていたら、だんだんのびてきたような気がする。 マフラーといえば、 わたしの妹は高校生の頃、好きな男の子ができるた...
黒々と そそり立つ闇 夏木立 田植えを終えたばかりの田の奥に、山の裾野に長々とそそり立つ黒い木立 季節は変わり、青かった木々は、堂々と黒い得体の知れない立派な木立になる。 人も変わる。良くも悪くもそのままでいられるはずもない。...
味薄い 年越しそばを 作りけり なぜか料理が下手であります。 味の薄い蕎麦で、来年は大丈夫なんだろか、 心配…。
木 の 芽 山 待 た せ て 単 線 一 両 車... このめやま またせてたんせん いちりょうしゃ 日田彦山線。 一時間に一本。 湧き水があり、花があり、退屈することはなかったけれど、遠くから来る列車の姿を見たときには、さすがにほっとしました。 それも一両。 軌道の何がちがうのかわからないのですが、あれほどがたがた音を立てて揺れる電車は珍しいと思いま...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください