雪 女 郎 そ の 白 肌 の 力 欲 し

ゆきじょろう そのしろはだの ちからほし

雪は古来から、さまざまな「あやかし」を生みました。

雪女もそのひとつ。

雪国の伝説と、人間の想像力のなかに生息します。

雪のように冷たい白い肌とも、透きとおるような青白い肌をしているとも。

雪山で道に迷った人間のオトコをトリコにし、氷のように冷たい息を吹きかけて凍え死なせる。

美女であり、鬼女。

冷たい息を吹きかけて、オトコを凍死させる、エロスの頂点。

この句も読まれています。

寒菊を 折り取り 香りのすがすがし... 菊は小菊に限る。 大輪の菊は好きじゃない。 あたしは体がデカイのがコンプレックスだから、なんにしても大きいのは嫌いです。 寒菊の小さい花、その集まり、花のわりにはしっかりした茎と葉っぱ。 そしてなによりその香りの清々しさ…秋だと思うのです。...
軽石の 紅葉(もみじ)丼(どんぶり)で 水を吸い... 握りこぶし二つくらいの大きさの軽石に、もみじの子どもを植えた。もう去年のこと。冬の間放っておいたのが、芽を出しているのに気づいた。枝ぶりもなかなかかっこいい。軽石とマッチして、日本的な風情。朝晩水をやってもやっても足りなさそうなので、とうとう丼に水をいれて、軽石ごと漬けた。いっぱい水を吸って、根をし...
逝 き し 人 応 援 席 に 甲 子 園 いきしひと おうえんせきに こうしえん 夏の高校野球の県大会。 横顔ながら、あまりに似ている。 世の中に、似ている人はかならず居るとは言うものの。 帽子のかぶり方、取り方。 笑顔。 涙でよく見えない。...
あ の 笑 顔 声 や 青 葉 の 黄 泉 へ 発 つ... あのえがお こえや あおばの よみへたつ えがおのすてきなひとで、誰にでもよく気をつかってくれる人でした。 はじめての俳句の会で、おろおろしていたわたしに、いちばんに声をかけてくれ、となりへ座るよう言ってくれたのも彼女でした。 突然のことでした。 みんな驚き、寂しさにつつまれています。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください