雪 女 湯 屋 に て 艶 の 髪 洗 う

黒髪の文化史

色白の、髪の長い若い女が、膝を折って、湯桶で髪を洗う様は、浮世絵の世界のようで、暫し見惚れる。

この句も読まれています。

出 棺 の 合 図 の 泣 い て 凌 霄 花 (はな) の 落 つ... 凌霄花 / zamojojo ノウゼンカズラの花は、大きくて 色鮮やかで勢いもあるが、散り際 の良さには驚かされる。子どもが 縄跳びをしても、その衝撃で散る のではと思う。ましてや人を送る 霊柩車の、あの振り絞るような別 れの合図には、いたたまれずに散 るにちがいないと思うのです。...
や り 直 し た き こ と 数 え 春 霰 ( あられ )... はっきり言えば、全部丸ごとやり直したい。 あれもこれも失敗。 どうにも挽回できないことがほとんどだけど、小さなことでもやり直せるなら、この先の人生を、そこに力を注入して死にたいと思う。...
ペン持つ手 隠したき思い 冬の暮れ 手は年齢を現す。となりの美しい指の前に、 自分の節くれた手を出して、メモを取ることが、いやだなと思う。 炊事も洗濯もしてないのか、白魚のような指。 しわしわでごつごつの手を出すのは、ちょっと勇気がいるのだけれど、 そんなこと言ってもいられない。 あー、今日も疲れた。...