雪折れの 水仙短く 瓶に挿す

雪の重みで、花のすぐ下で折れてしまった水仙。
すっきり背の伸びた姿が魅力の水仙の生け花。
折れて花の先だけになった、短い水仙も、
なかなかかわいいものです。
首から先だけ、3,4本、ガラスの小瓶に挿して、
トイレに置きました。
少しだから、香りもしないけれど、
なんとなく水仙の春の香りがしてくるものです。

この句も読まれています。

片 足 と 両 手 で 開 くる 戸 花 辛 夷 ( はなこぶし )... 建て付けが悪いというか、結局古いからなのだけれど、開け閉めするたびにじたばたします。 鍵穴も二箇所にあって、防犯上優れているのかもしれないけれど、慣れていないと、鍵がうまく鍵穴に届かないのです。 焦るとますます時間がかかります。 むかしはこんな開け閉めにコツのいる玄関戸は、ウチだけじゃなかったような...
秋寂びて 心トグロを 巻く日あり 社内研修があり、そのリーダーに言われた。 「あんた、人に感謝したことなかろう」 研修とは、人を育てるために行うものだろう。 なんでこんなことを言われるのか、それもわたしだけ。 (総勢四人とそのリーダー) 「なんでこんな仕事しようと」 (福祉関係) 黙って聞いていた。それしかない。 言葉はひたひたと、...
良 き も の が 隠 れ て お リ ぬ 忘 れ 潮... 満ち潮のとき、すっかり覆われた海岸の岩場。 引き潮できれいに水が引いてしまったあとに、水溜りのように岩の囲みの中に残っている。 春の日を受けて少し温い。 小さな魚や貝が隠れていそう。...
初 詣 賽 銭 箱 の 広 々 と はつもうで さいせんばこの ひろびろと 大きな白い布を広げ、そう大きさにして10畳を軽く超えるくらいの広さ、人の背ほどの高さに設置された賽銭箱、箱ではなく賽銭広場。 先ずもって商売繁盛を極めているのは、天満宮だけかとも思われます。 的が広いから、失敗することはまずありません。 今年も何事もなく、穏...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください