雪折れの 水仙短く 瓶に挿す

雪の重みで、花のすぐ下で折れてしまった水仙。
すっきり背の伸びた姿が魅力の水仙の生け花。
折れて花の先だけになった、短い水仙も、
なかなかかわいいものです。
首から先だけ、3,4本、ガラスの小瓶に挿して、
トイレに置きました。
少しだから、香りもしないけれど、
なんとなく水仙の春の香りがしてくるものです。

この句も読まれています。

松 の 芯 手 入 れ 怠 る 松 に な お まつのしん ていれおこたる まつになお 晩春、松の枝先にはロウソクを立てたような新芽が 伸びます。 それを「若松」「松の芯」などとよぶらしい。 松と呼ばれる樹々は二百種もあるらしく、日頃目にするのは、黒松、赤松、五葉松。 とりわけ黒松は、まっすぐに天を指すように伸びた芯が目立ち、すがすがしい...
有 明 の 故 郷 忘 る な 烏 帽 子 貝 一般にタイラギと言われる。 貝柱だけでなく、わた(タイラギのわた) も食す。 むかし、商店街のはずれで、大きな四角い缶にタイラギのわたを入れて売っていたおじさんがいて、よく買いに行かされた。 父の大好物で、シーズン中はどんぶりで食べていた。 痛風になったけど、タイラギの食べ過ぎと関係あったのか、なか...
鬱々と 満面の笑み 梅雨半ば 鬱々と日を過ごしながらも、人には見えず。明るい人、楽しい人と言われる。誰もなんにもわからない。人を騙すなんて、わけないことかもしれない。み~んな馬鹿だ。...
山あいの 柿の葉寿司の 渋みどり 駅弁展で、柿の葉寿司を買った。 たぶん奈良の山の村の産。 弁当の中は、柿の葉の裏側一色。 鯖の塩味、柿の葉の香。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です