雪折れの 水仙短く 瓶に挿す

雪の重みで、花のすぐ下で折れてしまった水仙。
すっきり背の伸びた姿が魅力の水仙の生け花。
折れて花の先だけになった、短い水仙も、
なかなかかわいいものです。
首から先だけ、3,4本、ガラスの小瓶に挿して、
トイレに置きました。
少しだから、香りもしないけれど、
なんとなく水仙の春の香りがしてくるものです。

この句も読まれています。

役 目 終 え 帰 還 の 案 山 子 寝 て 置 か れ... 寝て置かれるというか、つまりその辺に積み上げられている。 来年も、同じ格好で出陣か。 兎にも角にも稲刈りは無事に終わり、今年の作業は一段落。 豊作で、品質も良いとの評価だと、テレビが言っていた。 お疲れさま、案山子。...
も み じ 葉 も 共 に 上 が り て 崩 れ 簗... もみじばも ともにあがりて くずれやな 春、川を遡上する魚を捕るのがヤナ、秋になって、産卵を終えたサカナやふかした稚魚など、河口へ下るサカナを捕るための仕掛けを下りヤナと言います。 セキを設けて川の流れを狭め、サカナを追い込むのです。 下りヤナが放置されたまま崩れているのを、くずれヤナと言いま...
急 ぎ ま す 木 の 葉 時 雨 を 存 分 に... 木の葉がまるで時雨のように降りそそぐ。 公園の中も傍の道も、今、盛りを過ぎたところか。 ここを抜けるのがいちばん近道。 もともとは松林だったようで、常緑の松はまだあちこちにある。 松食い虫の被害もあって、切り倒したあとに広葉樹を植えたようで、長い年月が経って大きく育ち、松と並ぶか、それを越す背丈にま...
独活(うど)の灰汁(あく) 舌に転がし 濁り酒... ウドにも、ツクシにも、アクがある。 ぜんぶ抜かないことが大事だと思う。 どうせたくさんは要らない。 季節を感じて、一献。 よかったらクリックください。励みになります。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください