雪折れの 水仙短く 瓶に挿す

雪の重みで、花のすぐ下で折れてしまった水仙。
すっきり背の伸びた姿が魅力の水仙の生け花。
折れて花の先だけになった、短い水仙も、
なかなかかわいいものです。
首から先だけ、3,4本、ガラスの小瓶に挿して、
トイレに置きました。
少しだから、香りもしないけれど、
なんとなく水仙の春の香りがしてくるものです。

この句も読まれています。

松 過 ぎ て 賽 銭 箱 は ち ん ま り と... まつすぎて さいせんばこは ちんまりと 正月三が日は、あれだけの大風呂敷白い千畳敷のような賽銭コーナーを設けていた神社も、初詣が大方終わったので、いつもの賽銭箱に落ち着いたようです。 参拝客はまだまだ多く、飛梅は、二輪咲いていました。 大昔は、参道は土産物屋ばかりではなく、宿坊も多かったとかで、西...
筑 後 川 二 階 に 置 け り 出 水 舟 ちくごがわ にかいにおけり でみずぶね 聞くところによると、昭和27、28年ごろ大水により、筑後川の堤防が決壊し たいへんな水害になったとのことです。 旧久留米市役所には、「当時はここまで水に浸かりました」のラインが引かれておりました。 人の背丈を、ゆうに超える位置でした。 その教訓で、古い家に...
立 ち 話 自 転 車 の 籠 ( かご ) 花 の 蕊 ( しべ )... Cherry blossoms / Sakura / 桜 / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 桜がいよいよ終わりがけ。 花は散って、赤い蕊も落ちている。 スーパーの帰りに、知り合いとちょっと立ち話。 そんなに長い時間じゃない。 だけど自転車の前かごには、桜しべがいっぱい。 春の暮れは、お...
赤まんま おぼつかなき頃 語りたく... お幼い日の心の傷、不安、悲しみをこの歳になっても卒業できずに、誰かにわかって欲しいと思う。それはもう、時がたち過ぎて、当事者の親でもかなわず、家族でも、友人でもなく、まだ探し当てていない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください