雨 蛙 喉 の 白 き は 生 く る た め

あまがえる のどのしろさは いくるため

紫陽花や芍薬の葉が重なったところ日陰の暗いところに、珍しく雨蛙。
白い喉ボトケをひくひくさせて、逃げようともしません。
こんな小さな身体で、その日の食い扶持をゲットしているのでしょう。
もし蜘蛛も餌になるのなら、あちこちに小さな巣をかけているから、狙い目なのかもしれません。
健気なものです。

この句も読まれています。

もうまたと 蚊取り線香の 頃になり... 大きな薮蚊を見つけた。蚊と蠅とゴキブリは許さない。蚊取り線香でないといけない。なんかリ キッドタイプとか、煙の出ない新兵器じゃだめなのです。蚊取り線香は普通のタイプと長時間タ イプと揃えている。それもキンチョウでないといけない。香りがちがう。...
バ ス 停 に 近 道 の で き 姫 女 菀 ( ひめじょおん )... せっかく植えられた植え込みに、踏みつけた跡。 おそらく常習的に、みんなが近道にしているんだろう。 植え込みはいつしか消えて、今はヒメジョオンが盛り。 雑草だから強い。...
月を連れ 影法師踏んで ひとりぼち... もう吐く息が白い。日が落ちるのもずいぶん早くなった。昔の唄など口ずさみながら、前に後ろに行く影法師と帰り道。別に急ぐわけでもない帰り道は悪くない。ときどきお風呂に寄ったり、焼き鳥を買ったりしながら帰る。一人宴会だ。とにかく一瞬あたまをからにする。少し上手になったと思う。...
全身に 鱗(うろこ)纏いて(まといて) 初仕事... 口を閉ざして、背筋を伸ばして、もう誰にも舐められない。 オーラを出して、さあ仕事。今までのわたしじゃない。 調子に乗るな。何を言ってもいいと思うな。 気を遣え。他の人にするように、わたしにも気を遣え。 もうおろおろしない。必要以上に謝らない。 見ていろ。...