雨 蛙 喉 の 白 き は 生 く る た め

あまがえる のどのしろさは いくるため

紫陽花や芍薬の葉が重なったところ日陰の暗いところに、珍しく雨蛙。
白い喉ボトケをひくひくさせて、逃げようともしません。
こんな小さな身体で、その日の食い扶持をゲットしているのでしょう。
もし蜘蛛も餌になるのなら、あちこちに小さな巣をかけているから、狙い目なのかもしれません。
健気なものです。

この句も読まれています。

行楽の 日和続いて 疲れおり どこに行楽に行くでもないが、暑い日差しだけでも疲れるものだ。 仕事はまだ見つからない。求人がない。落ち着かないというより、落ち込む。 こんな時、人はどうやって過ごし、どんな風に考えるのかしら。みんな強いなあ。へこんでるのは私だけか。 真梨幸子の小説を読んだ。【殺人鬼フジコの衝動】【孤虫症】他にもいく...
風 呂 の 窓 よ り 雪 被 る 背 振 見 る... ふろのまどより ゆきかぶる せふりみる 背振山、福岡市 西区から、佐賀県神埼町にかけてそびえます。 福岡側には、深い谷や滝が多く、難所の多い登山道です。 山腹には、米軍と航空自衛隊のレーダー基地があり、高性能のレーダーが設置してあるとOBの話です。 ウチからは、那珂川町の向こうに、薄く高く冠雪の背...
今生の 別れと知るか 秋の日に 人生には、何気なく遠ざかってしまった別れもたくさんあるものですが、もはや生きて逢うことはあるまいと、わかって いて、それでもそんなことはおくびにも出さず、笑って手を振る別れがあるものだと知りました。心臓の奥に涙がポタポ タ落ちて、溜まるのが感じられるのです。泣いて笑うのです。...
後ずさり 崖を降りるが ごとき夏 kこの夏、私はどうなるのでしょう。仕事を変えて、でも全然慣れなくて、経験があるということで、かえっていやな顔をされ「改善したいことがあったら、スタッフに言わずに私に言ってください!」なんて。恐ろしい。カイゼンなんてしたかあないよ。あたしはただ、お金が欲しいだけです。人はいろいろ勝手なことを考えるもの...