雨 蛙 喉 の 白 き は 生 く る た め

あまがえる のどのしろさは いくるため

紫陽花や芍薬の葉が重なったところ日陰の暗いところに、珍しく雨蛙。
白い喉ボトケをひくひくさせて、逃げようともしません。
こんな小さな身体で、その日の食い扶持をゲットしているのでしょう。
もし蜘蛛も餌になるのなら、あちこちに小さな巣をかけているから、狙い目なのかもしれません。
健気なものです。

この句も読まれています。

竹 の 秋 ざ わ り と 天 に 近 き と こ... たけのあき ざわりとてんに ちかきとこ 竹は常にみどりの葉をつけていますが、地中にタケノコが育つころになると、勢いが衰え、葉が黄ばんできます。 それが木々の黄葉ににているので、「竹の秋」と呼ばれます。 日が当たったり当たらなかったり、影がちらちら動くのがおもしろくもあり散歩コースです。 風は...
山 笑 ふ ク レ ー ム つ か ず 特 養 の 床 屋... あれはなに、オバQカット? こちらは刈り上げ金正恩スタイル? 老人ホームの出張理髪店。 誰も文句を言わない。こんなに可笑しいのに。 ぜんぜん似合ってないのに。...
原 爆 忌 そ の 寸 前 の 普 通 の 日 げんばくき そのすんぜんの ふつうのひ ヒロシマ、そして長崎。 8月6日、9日のその瞬間まで、戦時中とはいえ日常の生活が営まれていたはず。 弁当を持たせ、行ってきますと言い、学校や徴用された工場へ当たり前に出かけ、当たり前に送り出し。 いたずらか、運命か、多くの人が亡くなるなか、いのちを得た人もい...
滝つぼに 沈んでしまえ この恥さらし... とんでもない人にとんでもないことを告白してしまった。 愚か者め でもあんまり後悔していない。 自爆だけどさ...