雨 蛙 喉 の 白 き は 生 く る た め

あまがえる のどのしろさは いくるため

紫陽花や芍薬の葉が重なったところ日陰の暗いところに、珍しく雨蛙。
白い喉ボトケをひくひくさせて、逃げようともしません。
こんな小さな身体で、その日の食い扶持をゲットしているのでしょう。
もし蜘蛛も餌になるのなら、あちこちに小さな巣をかけているから、狙い目なのかもしれません。
健気なものです。

この句も読まれています。

黄落は 降り余る輝き 悦楽の 銀杏やプラタナス、黄色い葉が次から次へまるで黄金の雪のように降りそそぎ、散り敷く様を黄落というらしい。並木道のように、同じ種類の落葉樹が並びいっせいに紅葉し、散り行く様はあるようでない、見られるようでめったに見られないもの。大宰府の四王寺山の古い登山道、狭い道ながら紅葉の季節は格別。わたしはあまりど...
喉(のど)詰めて 死ぬ人のあり よき季節(とき)に... 秋になり、紅葉も見られる季節になりました。人の人生、明日のことはわからないと、つくづく思います。介護施設ではよくあることみたい。表に出ないだけ。...
花済んで もろもろのこと 返りけり... 大騒ぎの花見前線も過ぎて、いつものこと、心配事は心配ことのまま、先行きの不安は不安のまま、花はなにひとつ助けてもくれず、散っていった。...
救われて 五月の雨の 激しさに まるで滝つぼにはまったようyな雨が降り続いた。山を洗い、あたしのきらいなつつじの花を落とし、黄砂に汚れた街を洗い流し、ついでにストレスまみれのこのどうしようもない、どこへ持って行きようもない重苦しい気持ちも、ほんの一瞬さわやかにしてくれたような気がする。...