雨 水 帯 ぶ 花 芽 花 柄 移 植 ご て

うすいおぶ はなめはながら いしょくごて

雪が雨に変わる。解けて水になる。

大地の潤いを伝えます。

実際には、北国にはまだ雪も降りますが、その雪もやがて解け水音を奏で始めるでしょう。

まもなく農作業の準備も始まることと思われます。

すべての物に、大地の隅々まで、水が潤い春が到来します。

この句も読まれています。

故 郷 の 路 地 の 狭 さ や 蔦 紅 葉 子どもの頃遊んだ路地や広場、近道した道、こんなに狭かったかなと驚くことがある。 同じような思いをしたと聞くこともある。 自分が、身体が小さかったからなのか、こんなせませましたところで遊んでいたのかと、改めて感慨深い。 ずっと住み続けたなら当たり前のことだろうが、何十年ぶりに訪れて、息をのむほど驚いた...
花 を 見 て い つ し か 人 を 弔 ( とむろ ) う て... 桜10 Cherry blossom / "KIUKO" 満開の桜。 大勢の花見客に混ざって歩きながら、人は意外といろいろなことを思い出したりするものらしい。 思いもよらない人が浮かんだり、それで少しだけ寂しくなったり。 この咲き誇った桜の下で。...
う っ か り と 風 船 葛 風 に 撚 り( より )... フウセンカズラ、小さな風船のような空気を含んだ実が出来て、小さいから風に揺られて揺れる様子はかわいらしい。 ちゃんと柵を作って誘引していたのが、大風の後しばらく忘れていたため、フウセンカズラ同士が絡み合ってしまった。...
こう生きて こう来るしかない 春の雨... 一生懸命生きてきたつもり。でもいっぱいまちがっていた。そのときには気づかなかった。 なんて愚かなと後からいくら悔やんでも、人生はやりなおしがきかない。失敗の後始末のため にあとの人生を使い果たしているといっても、過言ではない。人生はやりなおしがきかない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください