雨 水 帯 ぶ 花 芽 花 柄 移 植 ご て

うすいおぶ はなめはながら いしょくごて

雪が雨に変わる。解けて水になる。

大地の潤いを伝えます。

実際には、北国にはまだ雪も降りますが、その雪もやがて解け水音を奏で始めるでしょう。

まもなく農作業の準備も始まることと思われます。

すべての物に、大地の隅々まで、水が潤い春が到来します。

この句も読まれています。

タンポポの 踏まれても強き 力欲し... 地にしっかりと根を下ろし、人が踏んだり、 車が通ったくらいでは、びくともしない。 涼しい顔で、花をつける、そんな力が欲しい。 気は強いのに、人からちょっと言われたり、 うわさを聞いたりしては、ぺしゃんこになる。 しみじみと深い大人になりたいもの。...
思いきり 青笹叩く 走り梅雨 いきなり大粒の雨。 今日から梅雨と、さっきラジオが言ってた。 笹の葉に打ち付ける雨音は、トタンの屋根を打つ雨音とよく似ていて、激しいものだ。 明日から毎日雨だと。...
初夢に 忘れたはずの 顔を見る 呆れるような初夢を見た。 内容もびっくりなら、出てくる人も今どうしているか。 過ぎ去った人生の遠いところで出逢った人。 数限りない人と出逢って別れて、でも印象に残る人はほんのひとにぎり。 なんかしょうもないような‥‥気もするが。...
本 箱 は り ん ご 箱 と て 当 た り 前... ほんばこは りんごばことて あたりまえ 小学生の頃、木製の勉強机は普通だったけれど、その上に、包装紙で自分で化粧貼りした、りんご箱を置いて使っていました。 四畳の部屋に妹と二人。 別に当たり前だと思っていました。 父親は公務員だったけれど、身の程知らずで子どもは三人もいて、生活は貧しかった。 蚕小...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です