雨 水 帯 ぶ 花 芽 花 柄 移 植 ご て

うすいおぶ はなめはながら いしょくごて

雪が雨に変わる。解けて水になる。

大地の潤いを伝えます。

実際には、北国にはまだ雪も降りますが、その雪もやがて解け水音を奏で始めるでしょう。

まもなく農作業の準備も始まることと思われます。

すべての物に、大地の隅々まで、水が潤い春が到来します。

この句も読まれています。

蟇 穴 を 出 づ 時 差 ぼ け の 惚 け 貌... ひきあなを いずじさぼけの ほうけがお ヒキガエルは、短い足、幅広いアタマをもつ大型のカエルです。 眼の後ろには発達した耳腺があり、有毒物質を分泌するとのこと。 また、皮膚や背中に散在する多数のイボにも毒腺をもちます。 ほぼ全国のヤブや林に生息し、ガマ、ヒキとも言われます。 体温を外気温と...
春 浅 き 鉛 筆 削 り 行 き 詰 ま り 鉛筆削りを信用していた。 疑ったこともなかった。 いつまでたっても終わりのサインが出ず、いつの間にか半分の丈になっていた。 それなのに、先端は丸いまま。 老化したなら、動かなければいいのに。 認知症みたい。 画像出典:Pencil sharpener / haru__q...
諦 め よ 誰 も 教 え ぬ 雪 女 雪女は人間ではない。 おそらくは、もののけといわれる類いのものだろう。 だから獣のように率直でわかりやすいのではなかろうか。 己れが恐れられていることは自覚していようか。 この世のものとは思えない美しさ、抜けるような色白が、あまりにも凄すぎて人を遠ざけていることに気づいているだろうか。 想いは貫くも...
蛍草 これでもかと 膨れおり ツリガネソウ(蛍袋)のかたちが好きです。プーっとふくらんで、花片のさきはクルっと、まるで包装用のビリールひもをわざとクリンクリンにくせをつけたみたいに、カールしているのです。 わたしも写真を載せる技術を学ばねば。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください