雨 水 帯 ぶ 花 芽 花 柄 移 植 ご て

うすいおぶ はなめはながら いしょくごて

雪が雨に変わる。解けて水になる。

大地の潤いを伝えます。

実際には、北国にはまだ雪も降りますが、その雪もやがて解け水音を奏で始めるでしょう。

まもなく農作業の準備も始まることと思われます。

すべての物に、大地の隅々まで、水が潤い春が到来します。

この句も読まれています。

去 年(こぞ)ま で は 嫗(おうな) 自 慢 の 柿 簾... 干し柿。 作るのには、とても手間暇がかかる。 まず、使うのは渋柿。 皮を剥くのだけれど、吊るすときに便利なように、ヘタと少しの軸をT字になるように残しておく。 そして熱湯をくぐらせる。 これはまあ消毒のようなものらしい。 干し柿に黴が生えないように。 それから、紐で結んで下げていくのだけれど、柿と柿...
骨壷(こつつぼ)の 届いて今朝の 雲の峰... なんか有名な人に制作を頼んだらしい。 波佐見焼き(はさみやき)みたいな、もようが透けている凝ったもの。 見事な出来と、本人の弁。 空には活力溢れる入道雲。 死ぬ気なんかないじゃないか。...
吾亦紅 つんつん枝の 人を信じて 吾亦紅の咲く風景は、秋の真っ只中、童話のような美しい世界。 色も秋色、枝がまっすぐに迷いもせずにまっすぐ伸びているさまは、とても心まっすぐに育った人 のように見えるのです。 人を疑わない、まっすぐな真っ黒な瞳を感じるのです。...
足 元 は 春 火 鉢 な り 乾 物 屋 この寒さの中、開けっ放しの店で、元気な呼び声。 ときには雪がちらつく日が続いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください