雨 止 み て 長 く 滴 り 釣 忍

あめやみて 長くしたたり つりしのぶ

「忍」は、シダで湿り気のある岩間や樹の幹に生えます。

その根をたばねて、針金などで形をつくり、軒の端に吊るし、青々としたシダや、流れる風の生む涼しさを楽しむむかしからの知恵です。

水を絶やさないよう気をつければ、長い期間楽しめます。

形を金魚鉢形や舟形にしたり、風鈴を下げたりします。

自然志向のステキなインテリア雑貨という風情です。

たっぷり雨水をたたえることができるので、雨があがってからも、しばらくの間雫が落ち続けます。

この句も読まれています。

と ん ぼ 来 て 橋 の 欄干 少 し 先 Autumn darter (Matsudo, Chiba, Japan) / t-mizo 橋の欄干から、手を伸ばせば届き そうな距離にとんぼ。逃げるわけ でも、寄ってくるわけでもなく、 行ったり来たり留まったり好き勝 手。夕暮れの始まる一番いい時間。...
忘 れ た き 花 の 散 る に は 間 に 合 は ず... わすれたき はなのちるには まにあわず 忘れた方がいいことが、だんだん増えるような気がします。 夢のような日々なんて、うそくさいものは、この世にはなく、気のめいるようなことには記憶力がいいのです。 サクラが散るに任せるように、忘れるべきことも共に散ってくれれば、少しはスッキリしはせぬか。 た...
自堕落に 生きてみたやと ほととぎす... 明日を思い、あさってを思い、今日を生きてきた。いいことなど少しもない。思いどおりになどなるはずもないが、 あんまりじゃないかの日々ばかり。疲れた。ケセラセラと生きてみたい。どうせ結果はおんなじだろう。...
鷽 の 鳴 か ん と す れ ば 頰 膨 ら む... うそどりの なかんとすれば ほおふくらむ もともとオスはほおがピンク色なのだけれど、鳴くときはそれがさらに色を増し、上半身が大きく膨らむように見えます。 太くて短いクチバシもなかなかチャーミングです。 スズメよりやや大きく、ずんぐりした体型も愛嬌があります。 ほおが赤いのはオスだけです。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください