雨 止 み て 長 く 滴 り 釣 忍

あめやみて 長くしたたり つりしのぶ

「忍」は、シダで湿り気のある岩間や樹の幹に生えます。

その根をたばねて、針金などで形をつくり、軒の端に吊るし、青々としたシダや、流れる風の生む涼しさを楽しむむかしからの知恵です。

水を絶やさないよう気をつければ、長い期間楽しめます。

形を金魚鉢形や舟形にしたり、風鈴を下げたりします。

自然志向のステキなインテリア雑貨という風情です。

たっぷり雨水をたたえることができるので、雨があがってからも、しばらくの間雫が落ち続けます。

この句も読まれています。

乗 り 換 へ の 電 車 待 つ 駅 蔦 紅 葉... 石野駅 2013年1月9日 / Konstantin Leonov 待ち時間は、正直苦手である。寒いホームでは、なかなか時間が過ぎないし、特急が通過すれば、不愉快な風を受けるし。今日は、ホームの向こうの民家の石垣の蔦が綺麗に色づいているのを見つけて、ちょっと幸せだった。紅葉の盛り。もう来週には、無惨...
あ り し 日 の 貴 方 に 黙 と う 花 の 夜... Jūgatsuzakura "十月桜" / ai3310X 同窓会の始め、亡くなったあの子に黙祷。 遠い遠い、桜の日、縁あって、同じ学校、同じクラスで、二年の月日を過ごした。 遠くにいると聞いていた。 元気にしてると思っていた。 静かで、穏やかで、いい人だった。 こんなうるさくて、人間の出来ていな...
二十世紀 鳥取の秋の 香りして 鳥取のJAが出荷した二十世紀梨を買った。九州の梨は、大きくて、褐色で、それはそれで美味しいんだけど、私は、二十世紀のあの小ぶりで、締まった味が好き。薄緑色に秋が詰まっているように感じる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください