雨 止 み て 長 く 滴 り 釣 忍

あめやみて 長くしたたり つりしのぶ

「忍」は、シダで湿り気のある岩間や樹の幹に生えます。

その根をたばねて、針金などで形をつくり、軒の端に吊るし、青々としたシダや、流れる風の生む涼しさを楽しむむかしからの知恵です。

水を絶やさないよう気をつければ、長い期間楽しめます。

形を金魚鉢形や舟形にしたり、風鈴を下げたりします。

自然志向のステキなインテリア雑貨という風情です。

たっぷり雨水をたたえることができるので、雨があがってからも、しばらくの間雫が落ち続けます。

この句も読まれています。

散る花の 水面に浮いて 日を受けて... 散った桜が、水に浮く。 春日を受けて、きらきらとひかり、再びの美しさ。
乗 り 換 へ の 電 車 待 つ 駅 蔦 紅 葉... 石野駅 2013年1月9日 / Konstantin Leonov 待ち時間は、正直苦手である。寒いホームでは、なかなか時間が過ぎないし、特急が通過すれば、不愉快な風を受けるし。今日は、ホームの向こうの民家の石垣の蔦が綺麗に色づいているのを見つけて、ちょっと幸せだった。紅葉の盛り。もう来週には、無惨...
葉に残る 塩気を愛でる 桜餅 桜餅の、塩漬けの桜の葉が大好きです。 あれがないと、見かけも、味もそっけないものになってしまうでしょう。 その大事な葉を食べない人がいる。 信じられないことです。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
青 葉 潮 日 向 の 沖 を 盛 り 上 ぐ る... あおばじお ひゅうがのおきを もりあぐる 列島の南、日向沖から土佐沖を北上する暖流は黒潮と呼ばれます。 その五月の頃の太平洋岸の潮の流れを漁師のあいだでは青葉潮と呼ぶそうです。 豊漁とくにカツオの豊漁をもたらすといいます。 太平洋の海は碧であり、群青色です。 どこまでも豊かで深いのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください