雑 炊 の 先 づ は 湯 気 か ら 啜 り 込 み

鍋は大勢でするものだと一般に思われているようだが、わたしはひとりでもぜんぜんかまわない。
寂しくなんかない。
むしろマイペースで快適。
福引で当たった、一人鍋を愛用している。
出汁もちゃんととる。
市販の出汁など使わない。
手抜きをしないことがポイント。
残り物って感じになると、哀愁が漂う。
小さい丸いわたし専用のテーブル、小さ過ぎてミシンなど使うには手狭で少々不便だけど、部屋が狭いから、この方が圧迫感がなくていい。
折り畳みの脚を出して使い、終わったら脚を畳んで収納する。
このテーブルに鍋をセットする。
テレビがあればいい。

この句も読まれています。

うず高く 新米積まれ 秋を見る スーパーで、お米を買った。赤いシールに新米って書いてある。もうそんな季節なんだ。いつまでも暑いけど。九月はもうすぐそこ。今年は頑張って、放生会行ってみようか。おはじきとプカプカするチャンポンが欲しい。...
寄 る 辺 な き 旅 に も 見 え て 雁 渡 る... よるべなき たびにもみえて かりわたる 快適な北の国で夏を過ごした鳥たちは、厳しい冬の訪れをいち早く察知して、南へと下って来ます。 鳥たちの姿は、人間にとっては、深まる秋の知らせです。 もう直ぐやって来る冬の先触れです。 もっと大げさに言えば、人間は、渡り鳥を仰ぎ見ながら、悠久の時のめぐりを感じる...
柳に芽 河童(かっぱ)の皿に 堀の水 柳に芽が出た。まちがいなく 春が来た。柳川の掘割のちょ うど川下りの船が曲がるとこ ろ、小さな石の橋に向かうと ころに河童がいる。スルリと 潜って、皿の水を新鮮な春の 水に入れ換えたところ。きゅ うりをかじって、春の宴のま ッ最中。...
すぐ戻る 冬耕の鍬(くわ) 語りおり 畑に突っ込んだ状態の鍬が、ご主人様がちょっと外していることを告げる。 固い土はほぐされて、一本の道となりかけている。 よく働く人だと思う。 もう年の暮れ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です