雑 炊 の 先 づ は 湯 気 か ら 啜 り 込 み

鍋は大勢でするものだと一般に思われているようだが、わたしはひとりでもぜんぜんかまわない。
寂しくなんかない。
むしろマイペースで快適。
福引で当たった、一人鍋を愛用している。
出汁もちゃんととる。
市販の出汁など使わない。
手抜きをしないことがポイント。
残り物って感じになると、哀愁が漂う。
小さい丸いわたし専用のテーブル、小さ過ぎてミシンなど使うには手狭で少々不便だけど、部屋が狭いから、この方が圧迫感がなくていい。
折り畳みの脚を出して使い、終わったら脚を畳んで収納する。
このテーブルに鍋をセットする。
テレビがあればいい。

この句も読まれています。

花は今 蕾色とて ときめいて 桜の開花が近いらしい。 花は咲いたら、散るだけです。 一分咲き、三分咲き、満開そして散るだけです。 葉桜もそれはそれでいいものですが。 いまから咲こうとしている蕾桜も楽しみをくれるものです。 なにごとも「はじまる予感」が一番なのです。 さくらもオトコも。https://ietter.hanihoh....
流 木 に 吊 る さ れ て お り 夏 暖 簾... 流木に つるされており なつのれん うまい具合にというか、味のある曲がり方をするものだと、のれんを通した枝を見てそう思いました。 海は遠くて、滅多にいかないけれど、もし今度いったなら、流木や、丸くなった石、貝殻も探してみようかと。...
冬の月 切った爪のよに 夜空にささる... キンキンに凍てついた空、凍って小さく光る月、 端の尖った爪のように見える。
誰 居 ら ぬ 出 水 の 生 家 父 母 の 顔... たれおらぬ でみずのせいか ふぼのかお 老親はとうに他界し、生まれ育った故郷の家に今は誰もいない。 堤防が決壊し、町に大量の水が流れ込んだとテレビの情報に心が痛みます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください