雑 炊 の 先 づ は 湯 気 か ら 啜 り 込 み

鍋は大勢でするものだと一般に思われているようだが、わたしはひとりでもぜんぜんかまわない。
寂しくなんかない。
むしろマイペースで快適。
福引で当たった、一人鍋を愛用している。
出汁もちゃんととる。
市販の出汁など使わない。
手抜きをしないことがポイント。
残り物って感じになると、哀愁が漂う。
小さい丸いわたし専用のテーブル、小さ過ぎてミシンなど使うには手狭で少々不便だけど、部屋が狭いから、この方が圧迫感がなくていい。
折り畳みの脚を出して使い、終わったら脚を畳んで収納する。
このテーブルに鍋をセットする。
テレビがあればいい。

この句も読まれています。

烏瓜 届かぬ先の 秋の空 秋の澄んだ高い青い空を、四角に切り取ると、下のほうの隅に真っ赤な烏瓜 幸せを感じる一瞬です。 わたしは烏瓜の実も花も好きです。...
命日と 盆が重なり ありがたし 法事は少ないほうがいい。
いつの間に 咲いて散ったか 花ヤツデ... 古い家が取り壊されたところがある。 家はもうないけれど、門や塀はそのままで、ヤツデや、大株になったアロエ、陽あたりのいい一画には水仙がもう花をつけている。 哀しいといえば、哀しいけれど、温かいといえば、温かい気にもなる。 門代りのブロックの横、ヤツデは、ひっそりとそこにある。 常緑で低木で、とにかく...
居るとこが ちがう気がして 春日傘(はるひがさ)... 汗ばむような暑い日が続く。五月晴れなんてさわやかなものでもない。仕事というのは、中に入ってみないとわからないことばかり。驚いたことに、一番永い人でも、一年に満たない。なんだろう。わたしは落ち着きたいのです。ここというところに骨を埋める覚悟で働きたいのです。でもなんかちがうのです。根性がないほうではな...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください