雑 炊 の 先 づ は 湯 気 か ら 啜 り 込 み

鍋は大勢でするものだと一般に思われているようだが、わたしはひとりでもぜんぜんかまわない。
寂しくなんかない。
むしろマイペースで快適。
福引で当たった、一人鍋を愛用している。
出汁もちゃんととる。
市販の出汁など使わない。
手抜きをしないことがポイント。
残り物って感じになると、哀愁が漂う。
小さい丸いわたし専用のテーブル、小さ過ぎてミシンなど使うには手狭で少々不便だけど、部屋が狭いから、この方が圧迫感がなくていい。
折り畳みの脚を出して使い、終わったら脚を畳んで収納する。
このテーブルに鍋をセットする。
テレビがあればいい。

この句も読まれています。

新築の マンション春の 空取られ 少し離れた、道路を挟んだところに、新しいマンションができた。 今まで部屋から見えていた、空が、5分の4くらいに 減った。駐車場になるはずだったのに。 布団に寝ると、右も左もマンションになった。 隣のばあちゃんのとこに、救急車が来たとき、 マンションのベランダにびっしり人が出てきて、 花火大会のときと...
早 よ う 来 て ひ と り 菖 蒲 の 風 に 酔 ふ... はようきて ひとりしょうぶの かぜによう 菖蒲にもいろんな種類があるようで、つい先日テレビで宮地嶽神社に江戸菖蒲を使った神事があるとのことで、見て驚きました。 わたしの知っている菖蒲とは全然違う、四角い折り紙を上手に折ったようなきりっとした素敵な菖蒲でした。 戸畑の夜宮公園にも菖蒲園があります。 ...
蝉のごと 鳴いてばかりで 振り向かず... ジージーとうるさく鳴き続ける蝉。訴えるばかりでは男は振り向かぬ。手立てを学べ。雰囲気つくれ。
雨音に むかしの痛み 思い出す 何かの拍子に、そうほんのなにかのはずみで、むかし苦い思いをしたというか、させられたことをふっと思い出すことがあります。 台所できゅうりをきざんでいるときや、植木鉢の雑草を抜いた瞬間なんかに、侮辱されたこと、冷たくあしらわれたこと、とても傷ついたこと、それがとっても遠い昔のことがよくあります。 小さい...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください