雁 帰 る 習 性 と い ふ 苦 悩 持 て

がんかえる しゅうせいという くのうもて

秋に渡ってきた雁が、春になり繁殖地である北方へ帰ります。

ガンという鳥は、一度つがいになると、一生離れることはなく一夫一婦を守り通すと言われます。

オシドリとは大違いです。

オシドリ夫婦などと使われますが、言葉とは大違い、毎年相手を変えますから。

ガンの巣は沼地や湿地などに作られ、かえったヒナは、春になるまで親と暮らします。多くは群れで過ごしますが、家族の結びつきも強いと言われます。

そのつながりで、鈎(かぎ)状や竿(さお)状にになって飛んで行く姿は、哀れを誘います。

命がけです。

海の上で休むために、木の枝をくわえて行くと。

枝を海に落としてそこで休むために。

この句も読まれています。

お買い上げありがとうございます 先日より、ミンネに出展しておりました、手づくり作品をお買い上げいただきました。 今後とも、研鑽を重ね、良いものを提供できますよう努力して参る所存です。 ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。 小さな物でも、慣れないこともあって、時間がかかります。 小さな縫製工場を一人でやっている気分で、結構楽しん...
も の の 芽 の 双 葉 解 か む と 身 を よ じ り... もののめの わかばとかんと みをよじり ものの芽は、春先芽吹く植物の芽のことで、草の芽のこともあれば、木の芽を言うこともあります。 芽を出し、そろそろと双葉が出て、さらに伸びようとするとき、もどかしげにくるりと巻いた最初の葉を払おうとしている様子がおもしろいと思いました。 すぐに、すっとした大...
薄暑かな 教習所には 蜃気楼 なんという暑さ。 これが五月だろうかと思う。 自動車学校の道路の先には、ゆらゆらと蜃気楼。 暑いなあと思う。 暑いだけで、疲れる。...
パソコン いろんなとこ、ペコペコ押してるから、 おかしくなるんじゃないの! んモウ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください