雁 帰 る 習 性 と い ふ 苦 悩 持 て

がんかえる しゅうせいという くのうもて

秋に渡ってきた雁が、春になり繁殖地である北方へ帰ります。

ガンという鳥は、一度つがいになると、一生離れることはなく一夫一婦を守り通すと言われます。

オシドリとは大違いです。

オシドリ夫婦などと使われますが、言葉とは大違い、毎年相手を変えますから。

ガンの巣は沼地や湿地などに作られ、かえったヒナは、春になるまで親と暮らします。多くは群れで過ごしますが、家族の結びつきも強いと言われます。

そのつながりで、鈎(かぎ)状や竿(さお)状にになって飛んで行く姿は、哀れを誘います。

命がけです。

海の上で休むために、木の枝をくわえて行くと。

枝を海に落としてそこで休むために。

この句も読まれています。

里山の 裾一面の 柿落ち葉 小さな散歩がてらに登られるような山には柿の木が何本もあります。 小さな山のすそ一面に柿の落ち葉が敷き詰められるのです。 石の階段も見えなくなるくらいです。 踏むとかさかさと大きな音がします。 うれしいものです。...
慰霊の日 弔いの雨 降り止まず 今日は沖縄の慰霊の日らしい。沖縄には行った ことはない。六十余年たってなお、あんなに涙を 流すことがあるのか。めためたになる悲しい経験 を持つ人は、もしかしたら、そんなに少ないわけじゃ ないのかもしれない。耐えて耐えて、誰にも言えず ただ息をするだけでも、生きてはいる。...
落ち蝉に かかれと言うて 蟻の声 寿命が尽きた蝉は、蟻の栄養。 「さあ、かかれ」と号令一下蟻の流れ作業が始まる。 自然の摂理か。
真 贋 ( しんがん ) の 怪 し さ 忘 れ 春 の 雪... 茶碗。 本阿弥光悦作の名品だって。 ニセモノだろう。 そうに決まっている。 まったくうちの婆さんほどの見栄っ張りは見たことがない。 わかっていて嘘をつく。 見栄っ張り。 この劣悪な遺伝子は確実に受け継がれている。 しょうもない家なのに、遠い遠いはるか遠くの血すじの人間の自慢話をする。 何処の家にも、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください