雁 帰 る 習 性 と い ふ 苦 悩 持 て

がんかえる しゅうせいという くのうもて

秋に渡ってきた雁が、春になり繁殖地である北方へ帰ります。

ガンという鳥は、一度つがいになると、一生離れることはなく一夫一婦を守り通すと言われます。

オシドリとは大違いです。

オシドリ夫婦などと使われますが、言葉とは大違い、毎年相手を変えますから。

ガンの巣は沼地や湿地などに作られ、かえったヒナは、春になるまで親と暮らします。多くは群れで過ごしますが、家族の結びつきも強いと言われます。

そのつながりで、鈎(かぎ)状や竿(さお)状にになって飛んで行く姿は、哀れを誘います。

命がけです。

海の上で休むために、木の枝をくわえて行くと。

枝を海に落としてそこで休むために。

この句も読まれています。

秋台風 おかしなスパン 感じ取り 職場の空気が変わった。 昨日まで、どうにか親切だった人が、攻撃に転じた。 管理者もそれに乗る。 疲れてるなら、帰ったらと言われた。 わたしは疲れたなんて言ってない。 このパターンは覚えがある。 どうすれば乗り越えられるのか。 暗い顔をしていては、火に油を注ぐ。 おそらくたんたんと、媚びず、平然と、 ...
秋海棠 差し伸べる手の 頼りなく 苺のような葉っぱに、桃色の花が枝を伸ばし伸ばし花をつけている。風が吹けば折れそうな花である。名前が素敵。 ベゴニアのようにも見える。...
チ ュ ー リ ッ プ ひ ら い て は ず れ て そ む か れ て... Tulips, チューリップ / T.Kiya ちゅーりっぷは国民的なかわいい花です。 でもほんとにそうでしょうか。 かわいいのはつぼみか、ちょっと開き気味の時だけ 開きすぎたチューリップの見苦しさったら 目をそむけたくなるくらいじゃありませんか だあれもいわないけど、開いたチューリップはだらしの...
後ずさり 崖を降りるが ごとき夏 kこの夏、私はどうなるのでしょう。仕事を変えて、でも全然慣れなくて、経験があるということで、かえっていやな顔をされ「改善したいことがあったら、スタッフに言わずに私に言ってください!」なんて。恐ろしい。カイゼンなんてしたかあないよ。あたしはただ、お金が欲しいだけです。人はいろいろ勝手なことを考えるもの...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です