雁 帰 る 習 性 と い ふ 苦 悩 持 て

がんかえる しゅうせいという くのうもて

秋に渡ってきた雁が、春になり繁殖地である北方へ帰ります。

ガンという鳥は、一度つがいになると、一生離れることはなく一夫一婦を守り通すと言われます。

オシドリとは大違いです。

オシドリ夫婦などと使われますが、言葉とは大違い、毎年相手を変えますから。

ガンの巣は沼地や湿地などに作られ、かえったヒナは、春になるまで親と暮らします。多くは群れで過ごしますが、家族の結びつきも強いと言われます。

そのつながりで、鈎(かぎ)状や竿(さお)状にになって飛んで行く姿は、哀れを誘います。

命がけです。

海の上で休むために、木の枝をくわえて行くと。

枝を海に落としてそこで休むために。

この句も読まれています。

並 走 艇 遠 泳 の 子 や「 大 丈 夫 」... へいそうてい えんえいのこや「だいじょうぶ」 鹿児島県 松原小学校と清水小学校では、伝統行事として、毎年4.2キロの遠泳が行われます。 むかしは全員、今は高学年の希望者が対象なのですが、ていねいな講習が行われるため、泳げなかった子が挑戦して泳ぎきったという話も多く聞きます。 大きな自信になっ...
運不運 どちらもありて 寒卵(かんたまご)... 人生は、運と能力と考え方で決まるらしい。 つまり自分で変えられるのはひとつだけ。 考え方。もしそれを変えられたら、すこう し他のところもぐらっとするだろうか。人を 信用しないことが信条のわたしは変わらなく てはならない。もう直ぐにも。だけど思い過 越しでなくて、ほんとに意地の悪いやつもい るからなあ...
水 換 へ は 汲 み 置 き て の ち 金 魚 玉... みずかえは くみおきてのち きんぎょだまむかしの人は、金魚を360度見えるようにと、まんまるいガラスの器に入れ、吊り下げて楽しんだといいます。今ではなかなか見ることがないのですが、青い縁取りのガラスに入った金魚がイキイキと泳いでいるのを見るのは、うれしいことです。四角い水槽で、酸素ぶくぶくは、金魚的...
受 験 子 の 次 第 は す で に 決 ま り お り... じゅけんこの しだいはすでに きまりおり 受験の日が迫って来て、いよいよあしたとなると、受験生の緊張は頂点に達します。 そんなとき先生からこんなことを言われたと聞いたことがあります。 「君たちの合否は、神さまがとっくに決めている。 あしたは、その手続きに行くだけ」だと。 チカラが抜けて、リ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください