隠 し 味 あ れ や こ れ や と 木 の 芽 和

かくしあじ あれもこれもと このめあえ

「木の芽」サンショウの芽のこと。

やわらかいサンショウの芽をすり鉢ですり、ミソと砂糖を加えます。

好みによりますが、白味噌のほうが素材が引き立つとも聞きます。

これで、イカやタケノコを和えるのですが、お年寄りはさらに、味見をしながら、なんやかんやとほんのちょっとずつ入れるみたいなのです。

味と香りを楽しむ春ならではの一品として喜ばれる季節料理です。

ことに酒呑みには受けがいいです。

この句も読まれています。

野を走り 庵(いおり)たたけど 虎落笛(もがりぶえ)... さみしさのさまようような音を出す虎落笛。 走り回って、家々の戸をたたき、何処か入れてくれるところはないものかと もがき苦しむ姿を思う。人間はきっと何処かに、心落ち着く場所があると 信じている。苦しんでも、かならず行き着くと信じている。...
ダイヤルを 回して遠き まんじゅしゃげ... 秋の日には、遠い遠い思い出を手繰り寄せたくなります。 大胆にもネットで調べて、ダイヤルすることも。 どうせがっかりするのですけど。...
入学の 子ランドセルの 歩きおり... 朝の11時、もう帰っている真新しいランドセル。給食がまだ始まらないのだろう。大きなランドセルが道を行く。子どもはキライなあたしですが、思わず微笑む可愛らしさでした。い...
露を置く ツユクサの上 鉄条網 秋が来たことを実感する。 ツユクサに露が降り、有刺鉄線に露が降りて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です