隠 し 味 あ れ や こ れ や と 木 の 芽 和

かくしあじ あれもこれもと このめあえ

「木の芽」サンショウの芽のこと。

やわらかいサンショウの芽をすり鉢ですり、ミソと砂糖を加えます。

好みによりますが、白味噌のほうが素材が引き立つとも聞きます。

これで、イカやタケノコを和えるのですが、お年寄りはさらに、味見をしながら、なんやかんやとほんのちょっとずつ入れるみたいなのです。

味と香りを楽しむ春ならではの一品として喜ばれる季節料理です。

ことに酒呑みには受けがいいです。

この句も読まれています。

知 覧 茶 に 特 攻 載 せ し 終 戦 忌 ちらんちゃに とっこうのせし しゅうせんき 句会の先輩に、お兄さんを特攻で亡くした方がいます。 22歳だったそうです。 終戦を迎え、兄さんの友人たちが家に来て、いろんなことを、想い出や、戦争全般のこと、さまざまな細かいこと、例えばモールス信号の手習いなど教えてくれたと、折にふれ、私たちにも聞かせて...
夏 怒 涛 島 を 洗 ひ て に べ も な し... なつどとう しまをあらいて にべもなし 夏なみの激しさ。 おそらくは一年中激しい波がぶつかっているのでしょうが、海を見ることの多いこの季節になると、さらに恐ろしさを感じます。 ときには穏やかにあってほしいと思うくらい、ぶっきらぼうに烈しいのです。...
遠い日の 大根の花 こむらさき ほんとにほんとに幼い日、私はままごとが好きだった。材料はいつも決まって、大根の花、春菊の花、大根独特のに おいが懐かしく、大根を切るたびに思い出す。ほかにもいろいろあっただろうが、思い出せない。私は母親を5歳で なくした、なくしたならまだいいのかもしれないが、5歳のある日から、虐待の毎日で、むかしの...
転勤の 挨拶のあり 花の雨 サラリーマンに転勤は避けられない。 喜ばしいもの、そうではないもの。 なんであいつが評価が高いと、おさ まらない怒りが込み上げることもあ るだろうけど。そんなときもある。 人事なんて、人間がするもの。公平 であるわけがない。そう腐りなさん な。行った先で、なんか楽しみを、 小さな楽しみを見つけること...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください