隠 し 味 あ れ や こ れ や と 木 の 芽 和

かくしあじ あれもこれもと このめあえ

「木の芽」サンショウの芽のこと。

やわらかいサンショウの芽をすり鉢ですり、ミソと砂糖を加えます。

好みによりますが、白味噌のほうが素材が引き立つとも聞きます。

これで、イカやタケノコを和えるのですが、お年寄りはさらに、味見をしながら、なんやかんやとほんのちょっとずつ入れるみたいなのです。

味と香りを楽しむ春ならではの一品として喜ばれる季節料理です。

ことに酒呑みには受けがいいです。

この句も読まれています。

星 生 ま れ 星 消 へ し 後 寒 明 く る... ほしうまれ ほしきえしのち かんあくる 冬の夜空は、凍てついて、星はくっきりとその姿を現します。 寒さはこれからが本番ですが、ちらほらと見る季節外れの一輪二輪のサクラを見ると、もう少しかと思ってしまいます。 今日は一日雨だったけれど、気温は12℃もあったとか。 寒ヒデリと言ってもいいくらい雨...
玄 関 は 使 は せ ぬ 婆 初 盆 会 げんかんは つかわせぬばば はつぼんえ昔の人の考えなのでしょう。玄関は、客用。家の者は台所横の勝手口から出入りしたものです。物は捨てないし。そのせいで、広告の紙や紐、空き箱溢れかえって、こっそりゴミに出しても、いつの間にか元の場所に戻っていたこともあります。戦争をかいくぐってきた世代はたくましい。手...
白魚の 断末魔聞く 春隣 優雅に泳いでいる、白魚を酢醤油につけて食す。 必死で暴れるから、あわてて一気に口に入れる。 もう、春はそこまで来ていることを実感する。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
葬 む り の 煙 か 細 き 秋 青 し ほうむりの けむりかぼそき あきあおし 火葬場が火葬場らしく、人の最後を見送る場所だったのは、もうむかしのこと。 昨今では、周辺の市や町が合同で建てた、立派すぎる、運転免許交付センターのような立派な様相で、床は大理石マーブル風。 大きなはめ殺しの窓から、さんさんと秋の日。 それでも外へ出て見...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください