阿 蘇 噴 火 今 年 藁 焼 く 片 隅 に

阿蘇の中岳が噴火しました。
いつものこととは言え、少し大きな噴火だったようです。
少し前に熊本で地震があり、その際犠牲を伴って、橋が落ちたものですから、辿り着くのに、以前の何倍も時間がかかり、南阿蘇の旅館やホテルも総じてお客が減っているとのことです。
ただ、この落ち着かない状況の中でも、生活はあり、農作業も、酪農も、普通に続きます。
この広八丁の阿蘇の風景の中にも、棚田があることに気づきました。
もうすでに稲刈りは済み、農婦が棚田の片隅で、藁の残りを焼いていました。
匂いにつられ、近所の子どもたちも覗いています。
煙は、もう暮れいこうとする空にまっすぐ立ちのぼります。
なんとも懐かしいタイムスリップしたような情景です。

この句も読まれています。

松 過 ぎ て 賽 銭 箱 は ち ん ま り と... まつすぎて さいせんばこは ちんまりと 正月三が日は、あれだけの大風呂敷白い千畳敷のような賽銭コーナーを設けていた神社も、初詣が大方終わったので、いつもの賽銭箱に落ち着いたようです。 参拝客はまだまだ多く、飛梅は、二輪咲いていました。 大昔は、参道は土産物屋ばかりではなく、宿坊も多かったとかで、西...
入学の 子ランドセルの 歩きおり... 朝の11時、もう帰っている真新しいランドセル。給食がまだ始まらないのだろう。大きなランドセルが道を行く。子どもはキライなあたしですが、思わず微笑む可愛らしさでした。い...
油 断 し て 庭 取 り 込 ま れ 薮 か ら し... ゆだんして にわとりこまれ やぶからし 腹の立つほど強く繁殖力も旺盛なつる性の雑草です。 取っても取っても根が繋がっているようで、あちこちから芽を出します。 10mもある大木も、からめるように覆います。 まだまだヤブ蚊がわんわんと音を立て襲ってくる状態で、草取りもできてなくて、薮からしの独壇...
赤まんま おぼつかなき頃 語りたく... お幼い日の心の傷、不安、悲しみをこの歳になっても卒業できずに、誰かにわかって欲しいと思う。それはもう、時がたち過ぎて、当事者の親でもかなわず、家族でも、友人でもなく、まだ探し当てていない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください