阿 蘇 噴 火 今 年 藁 焼 く 片 隅 に

阿蘇の中岳が噴火しました。
いつものこととは言え、少し大きな噴火だったようです。
少し前に熊本で地震があり、その際犠牲を伴って、橋が落ちたものですから、辿り着くのに、以前の何倍も時間がかかり、南阿蘇の旅館やホテルも総じてお客が減っているとのことです。
ただ、この落ち着かない状況の中でも、生活はあり、農作業も、酪農も、普通に続きます。
この広八丁の阿蘇の風景の中にも、棚田があることに気づきました。
もうすでに稲刈りは済み、農婦が棚田の片隅で、藁の残りを焼いていました。
匂いにつられ、近所の子どもたちも覗いています。
煙は、もう暮れいこうとする空にまっすぐ立ちのぼります。
なんとも懐かしいタイムスリップしたような情景です。

この句も読まれています。

欄 干 に 凭 れ て ( もたれて ) 土 筆 の 袴 取 り... 小さな川の土手を歩くと、もういたるところに土筆が顔を出していました。 顔を出しているというより、大きく育っていて、中には15センチはあろうかというものまで。 土手の下の方までいっぱいで、なるべく人の通らない所で、摘んで来ました。 10年ぶりくらいで、土筆のおひたしにしました。...
踏 み 入 れ ば 還 れ ぬ 気 せ り 木 下 闇... ふみいれば かえれぬきせり こしたやみ コシタヤミ。 五月の今時分、空は青くすがすがしいのに、うっそうとした樹々の間では、足元だけ漆黒の闇を見ることがあります。 後ろあたりでカサっと音がすればゾッとするような気味の悪さもあります。 不思議な闇です。...
おせちの重 裁縫箱に 模様替え 頼んだおせちが、黒いプラスチックの二段重ねの箱に入ってきました。 その底の部分に、滑り止めの薄いゴムを敷いて、裁縫の道具を 入れました。 針山や白と黄色のしつけ糸、メジャーや、糸きりはさみなどを入れます。 五ミリの巾のゴムひもの端っこにカチャッとはめる部品を縫いつけ、十文字に重ねて、 動かないように...
菜の花を 行くひとり行く 春連れて... 季節を連れ歩く子どももいるのである。 連れてでも歩かねば、進みようがないからである。 空気を吸い、においやしょえるだけのありとあらゆるとにかくそのまんまをクソみたいに抱えあげて、 下を向いて、ただ歩く多分そのときは、それだけ。 時間がたてば、荷物をおろす。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください