阿 蘇 噴 火 今 年 藁 焼 く 片 隅 に

阿蘇の中岳が噴火しました。
いつものこととは言え、少し大きな噴火だったようです。
少し前に熊本で地震があり、その際犠牲を伴って、橋が落ちたものですから、辿り着くのに、以前の何倍も時間がかかり、南阿蘇の旅館やホテルも総じてお客が減っているとのことです。
ただ、この落ち着かない状況の中でも、生活はあり、農作業も、酪農も、普通に続きます。
この広八丁の阿蘇の風景の中にも、棚田があることに気づきました。
もうすでに稲刈りは済み、農婦が棚田の片隅で、藁の残りを焼いていました。
匂いにつられ、近所の子どもたちも覗いています。
煙は、もう暮れいこうとする空にまっすぐ立ちのぼります。
なんとも懐かしいタイムスリップしたような情景です。

この句も読まれています。

一 筆 箋 余 白 埋 ま ら ず な め く じ り... いっぴつせん よはくうまらず なめくじり 贈り物に、ちょっとひとこと付け加えようと、便箋でも絵葉書でもなく、一筆箋を選びました。 下半分に紫陽花とカタツムリの絵が書いてあって、書き込むところが少ないのが気に入ったからです。 筆が行き詰まってしまって、どうにもならない。 明日にしよう。...
も て 話 自 慢 し 過 ぎ て 水 中 花 むかしもてた話、繰り返し繰り返し。 「どこが良かったのかしら?」なんてね。 どんな内容、分野であれ、自慢話はうんざりされる。 追っかけがいたそうな。 わたしには、夢の世界。...
春 薄 暮 沼 に 水 輪 の 広 が る を はるはくぼ ぬまにみずわの ひろがるを 夕べの情緒は、秋がいちばんと聞くけれど、春の夕べも素晴らしいと思います。 景に川や湖、沼など水が入れば、その趣きはより増すような気がします。 沼には生き物がいるのか、幾重にも輪ができて広がっていくのを、もう少しで暮れきるなかで、ぼんやり見ています。...
サービスの 残業しろと 寒鴉 世の中が不景気なのは、知っています。 金は払えないが、残業しろと、それがいやなら、 よそへ行けと、人の弱みにつけこむような、 なんでそんなこと…ほかに言いようがないかな。 いやな男だ。 ばちが当たれ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください