闊 歩 す る 眼 光 増 し て 羽 抜 鳥

夏を迎えて、羽の抜けたにわとりなどを、羽抜け鳥というらしい。
冬の間の、ふさふさの時には、見えなかったものが見える。
まず、意外と高く脚を挙げて歩くこと。
あの脚の動きと、首の動きの連動の無さ、ぎこちなさは変わらない。
毛が抜けたせいか、眼が鋭い。
とさかが大きく見える。
見た目はかなりお粗末ながら、怖ろしくて追い払うことができない。
痩せて、迫力を増した。

この句も読まれています。

熊 穴 に 人 は 炬 燵 に 新 聞 み か ん... くまあなに ひとはこたつに しんぶん みかん 熊穴に入るとは、冬の季語です。 秋、たくさんの食べ物を食べ貯めた熊は、雪が降り積もる頃になると、岩穴や、樹の洞などで、体に蓄えた脂肪などを消費しながら、冬ごもりをすると言われています。 冬眠ではないのです。 体温は変わらず、体の機能は、かなり維持...
しょうしょうと降る まだ五月の しぐれ雨... 昨夜から降っている。 本来ならばカラッと晴れるはずの空は暗くて、夕方でもないのに、部屋は明かりをつけなければいけないくらい暗い。 白秋「城ヶ島の雨」を聞いた。 江利ちえみが歌っていた。 藤山一郎のも聞いた。 雨は降る降る城ヶ島の磯に。利休鼠の雨が降る。 利休鼠とは色ー濃い濃い鼠色ーいい詩だ。...
有 明 の 遠 白 波 や 長 き 日 に ありあけの とおしらなみや ながきひに 春になり、日が長くなりました。 いつまでも暮れない陽は、遠浅の海を映し、はるか遠くから白波を蹴立てて走り来る波は見ていて飽きることがありません。 沈みかけたお日さまも同じです。...
秋日和(あきびより) 巡り合わせを 思いつつ... 世の中は巡り合わせ。 努力も、それは大切だろうが、それではすまぬ力を感じることがある。 巡り合わせを大切に、それはまた諦めることを暗示しているのかもしれない。...