闊 歩 す る 眼 光 増 し て 羽 抜 鳥

夏を迎えて、羽の抜けたにわとりなどを、羽抜け鳥というらしい。
冬の間の、ふさふさの時には、見えなかったものが見える。
まず、意外と高く脚を挙げて歩くこと。
あの脚の動きと、首の動きの連動の無さ、ぎこちなさは変わらない。
毛が抜けたせいか、眼が鋭い。
とさかが大きく見える。
見た目はかなりお粗末ながら、怖ろしくて追い払うことができない。
痩せて、迫力を増した。

この句も読まれています。

亀 鳴 い て 少 し の 僻 み ( ひがみ ) 許 さ れ し... Elephant tortoise / "KIUKO" わたしは、もう10年も前に、自分自身に戒めたことがある。 「人と比べない」あの頃、どうにも抱えきれない悩みがあって、人と比べたら、つぶれてしまうと、強く感じ、また人と比べていては、わたしには決して幸せは来ないと確信し、心に決めた。 ところがど...
灯芯(とうしん)に まず火を入れて 鞄(かばん)置く... 寒い。ひとりの家に帰り着くと、まずストーブを つける。エアコンもつけるけど、まずストーブ。 わたしは芯がしだいに赤くなっていくのを見るのが好きです。 時間が経って、載せているホウロウの鍋から湯気がたつのも 好きです。...
立ち話 蚊遣りの香(こう)の 欲しき宵... 夏の井戸端会議には、蚊取り線香が必須かも。 足をばたばた叩きながらの、立ち話は大変そう。
白露なり 深呼吸する 草を踏む 暦のうえでは、白露というらしい。 わたしは二十歳のころから、夏がとても苦手で、夏ばてのたびに、なにか病気かと病院に行ったり したものです。 げっそりやせたり、やつれたりします。 それだけに秋の空気が待ちどうしいのです。 昔は10月の7日ごろには長袖のカーディガンなど着たものですが、 最近は温度がなか...