闊 歩 す る 眼 光 増 し て 羽 抜 鳥

夏を迎えて、羽の抜けたにわとりなどを、羽抜け鳥というらしい。
冬の間の、ふさふさの時には、見えなかったものが見える。
まず、意外と高く脚を挙げて歩くこと。
あの脚の動きと、首の動きの連動の無さ、ぎこちなさは変わらない。
毛が抜けたせいか、眼が鋭い。
とさかが大きく見える。
見た目はかなりお粗末ながら、怖ろしくて追い払うことができない。
痩せて、迫力を増した。

この句も読まれています。

間 違 ごう て 年 増 の お か っ ぱ 梅 雨 寒 し... okappa / yukop 気持ちはわかる。 あたしだって、前髪パッツン切って、肩までの髪を振り返るたび はらりとさせたい。 人間は静かにおのれを見つめなければいけない。 ぞっとすることもある。 デパートのエレベーターの渕の金ピカ光っているところに 自分の顔を見つけてびっくりしたこともある。 む...
咲 き 初 め の 桜 な れ ば や 雨 も 愛 で... Cherry blossoms, 桜咲く. / T.Kiya 一部咲き、二部咲きであれば、散る心配がない。 滋養の雨となり、桜を慈しんでいるかのよう。 朝夕は、まだ寒さの残る、この気候なら、桜の寿命も延びようか。...
砂 吐 き て あ さ り の 油 断 水 温 む ( ぬるむ )... 適度な塩加減だったのだろう。 足というのか排水孔というのか、あさりはすっかりくつろいだようす。 もうすぐ酒蒸しにされる。 暖かくなって、身の入りもよくふっくら太って美味しそう。...
秋高し 人はひとり 馬もひとり 知らず知らずのうちに、秋が忍び寄ってきました。 空はどこまでも高く、吸い込まれそうな気がするとき、 人間はひとりだと思います。 いろいろごまかしても、所詮ひとり。 動物はみんなおんなじ。...