関 門 の 春 潮 空 と 光 り 合 ひ

かんもんの しゅんちょうそらと ひかりあい

関門海峡の春。

浪は穏やかで、海がこんなに光るかと思うくらいきらきらとまぶしい。

空もまたどこまでも碧く、海のあお、空のあおはいつか混ざりあいます。

この句も読まれています。

踏 み 切 り の 向 こ う は 見 え ず 梅 雨 出 水... 土砂降りになった。空梅雨などと嘘ばっかり。 少し先も見えない。叩きつけるような雨。 電話も聞こえない。 滝壺のよう。 数年に一度、こんな雨に逢う。 30年ほど前、長崎の水害。...
懐 に 鯛 焼 き 抱 へ 急 ぎ 足 ふところに たいやきかかえ いそぎあし 木枯らしの中、マフラーから目だけ出して並んでまで、地域では美味しいと評判の鯛焼きを買いました。 懐に抱えると、単純なもので、心までほっこりとなる感じです。 いよいよ本格的な冬です。 あの狂ったように暑かった夏と残暑を思えば、どうってことない。 鯛焼きで温まっ...
首 か し げ 思 案 に く れ て か た つ む り... 煉瓦の壁に張り付いている。いつからこうしているのだろう。何を思って動くのか。ぼんやりしていると、見失う。動いているんだと、改めて思う。...
行楽の 日和続いて 疲れおり どこに行楽に行くでもないが、暑い日差しだけでも疲れるものだ。 仕事はまだ見つからない。求人がない。落ち着かないというより、落ち込む。 こんな時、人はどうやって過ごし、どんな風に考えるのかしら。みんな強いなあ。へこんでるのは私だけか。 真梨幸子の小説を読んだ。【殺人鬼フジコの衝動】【孤虫症】他にもいく...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です