関 門 の 春 潮 空 と 光 り 合 ひ

かんもんの しゅんちょうそらと ひかりあい

関門海峡の春。

浪は穏やかで、海がこんなに光るかと思うくらいきらきらとまぶしい。

空もまたどこまでも碧く、海のあお、空のあおはいつか混ざりあいます。

この句も読まれています。

柿落ち葉 集めることの ためらわれ... 一面のじゅうたんみたいな落ち葉、掃き集めるのももったいない。 しばらくこのままにしておきましょう。
卒業を 心に秘めて 雪合戦 必要以上に明るいかもしれない。 必要以上にでかい声かもしれな い。この仲間と、この校庭と、 もうすぐ別れることをみんな知っ てる。何も言わない。お前なんか あんたなんか、なんにも気にして ない。言い残すこともない。天気 予報は、晴れなのに、なんかあら れが降ってきた。へんなの。...
え つ 漁 の 舟 ゆ く ば か り 梅 雨 の 雲... えつりょうの ふねゆくばかりつゆのくも えつは、カタクチイワシ科の魚で、見た目は抜いた日本刀のように光り、少し反ったこれも刀のような形をしています。 小骨が多く、隠し包丁を細かく入れてもらうことで、おいしくいただけます。 有明海に近い筑後川が、日本で唯一の産卵場所らしく、エツといえば城島 (じ...
忘 れ た き 花 の 散 る に は 間 に 合 は ず... わすれたき はなのちるには まにあわず 忘れた方がいいことが、だんだん増えるような気がします。 夢のような日々なんて、うそくさいものは、この世にはなく、気のめいるようなことには記憶力がいいのです。 サクラが散るに任せるように、忘れるべきことも共に散ってくれれば、少しはスッキリしはせぬか。 た...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください