関 門 の 春 潮 空 と 光 り 合 ひ

かんもんの しゅんちょうそらと ひかりあい

関門海峡の春。

浪は穏やかで、海がこんなに光るかと思うくらいきらきらとまぶしい。

空もまたどこまでも碧く、海のあお、空のあおはいつか混ざりあいます。

この句も読まれています。

秋 祭 り 過 ぎ て 浪 音 帰 り 来 し 海辺の町の秋祭り。 笛や太鼓の雅楽の合奏、三味線の音、屋台の呼び込みの声、ついでにいまだに 「親の因果が子に報い〜」の声と賑やかを通り越してけたたましい騒音。 終われば、潮が引くように静かになり、日常が戻り、いつものように聞こえるのは波音ばかり。...
亀 鳴 い て 祝 儀 袋 は 連 名 に かめないて しゅうぎぶくろは れんめいに お見舞いの熨斗袋に、連名で書けとわたしに言うかな。 ボールペンというわけにもいかず、筆ペンを持ち出してはみたものの、生来の悪筆はさらにきわまり、これはなんだという仕上がりに。 亀はむかしから鳴くと言われているらしいけれど、亀には鳴く器官がないらしい。 春の...
雪霰 いやと言うほど 叩かれて 今年はじめてのあられ、もう寒くて寒くて 季節感などありもしない。 なんでこんな日に仕事なん。 べしょべしょに濡れた。 研なおこの「あばよ」明日も今日も留守なんて~見え透く手口使われるほど 嫌われたならしょうがない~黙ってアバヨと気取ってみるさ なんでこんな唄がうかぶのか、情けない。...
冴 え 極 む 冬 三 日 月 に 刺 さ れ た り... 月の色がちがう。 冬の、とくに凍てつく夜は。 山吹色に近い、強い黄色。 板金で作ったような鋭角。 驚くほどくっきりしている。 お月さまも、あまりの寒さで凍りついたのかもしれない。 画像提供:Crescent moon - bulan sabit / emrank...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください