関 門 の 春 潮 空 と 光 り 合 ひ

かんもんの しゅんちょうそらと ひかりあい

関門海峡の春。

浪は穏やかで、海がこんなに光るかと思うくらいきらきらとまぶしい。

空もまたどこまでも碧く、海のあお、空のあおはいつか混ざりあいます。

この句も読まれています。

故 郷 の 路 地 の 狭 さ や 蔦 紅 葉 子どもの頃遊んだ路地や広場、近道した道、こんなに狭かったかなと驚くことがある。 同じような思いをしたと聞くこともある。 自分が、身体が小さかったからなのか、こんなせませましたところで遊んでいたのかと、改めて感慨深い。 ずっと住み続けたなら当たり前のことだろうが、何十年ぶりに訪れて、息をのむほど驚いた...
花 の 雨 性 (さが ) な る も の を 想 ひ た り... はなのあめ さがなるものを おもいたり 人が桜を愛でるのは、その儚げな姿、咲き誇った艶やかさ、散り際の潔さに尽きると思うのです。 咲いて散るこれもまた、さだめでしょう。 古来から、吉野の山にお詣りに来た人々が花を植え続けてきたというのも、持って生まれた運命を どうにかしようと思うわけではなく、しみ...
裸 の 子 顔 よ り で か い 西 瓜 喰 ひ... はだかのこ かおよりでかい すいかくい わたしが子どもの頃、家には縁側があり、井戸で冷やしたスイカを、子どもはハダカで、果汁をこぼしながら食べたものです。 タネはぷんぷんとそこら中に飛ばし、お行儀の悪いこと。 どこの家でもそうだったとは思わないけれど、品のないウチではそうでした。 スイカは大きな...
秋 の 日 や 黒 板 知 ら ぬ 子 ら ば か り... 私たちのころは、当番がいて、黒板消しを外で、ぱたぱた叩いて、チョークの粉をとばしたものだ。 先生方は、それぞれに木製のチョーク箱を持っていて、当番は授業の始まる前に、わざわざ職員室に行き、教科書やらチョーク箱を教室に運ばされた。 自分で、持って来ればいいのに。 それが当たり前だった。 そのチョークの...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください