長 縄 跳 び 責 任 感 に 秋 見 え ず

ながなわとび せきにんかんに あきみえず

子どもの頃から、とにかく苦手なのです。
長縄跳び。
誰が失敗したか、すぐわかるからです。
失敗するわけにはいかないのです。
始めの方ならまあなんとか、でも回数が増えるに従って失敗できない重圧がかかってきます。
リズム感がイマイチなので、楽しむなんてことはあり得ないのです。
わたしとしては、参加することに意義があると思いたいのですが、世間はそうはいきません。
必死です。
なんでこんな思いしてまで、楽しい振りしなければいけないのかと思うけれど、子どもだから言えないのです。

この句も読まれています。

里山の 裾一面の 柿落ち葉 小さな散歩がてらに登られるような山には柿の木が何本もあります。 小さな山のすそ一面に柿の落ち葉が敷き詰められるのです。 石の階段も見えなくなるくらいです。 踏むとかさかさと大きな音がします。 うれしいものです。...
茄 子 漬 け の 上 が り 水 ま で 濃 紫... なすづけのあがりみずまで こむらさき 漬け物が好きで好きで困っています。 血圧が高いからです。 外で出されるものは食べるけれど、自分では買いません。 だけど、八百屋の隅に、近隣の農家が作って、ちょっと形が悪くても、じゅうぶん新鮮な、ナスやカブの葉っぱ付きを見ると、熟考のうえ、買って塩とヌカで...
碧 色 の 切 子 の 皿 に 黒 葡 萄 以前旅行したとき、紺碧の空の色のガラス切子の不自然な丸い形の皿を買った。 色が鮮やかすぎて、皿のほうが目立ってしまい、なんとなく料理に合わず、 使えずにいたのだけれど、巨峰の黒い房を載せてみたら、意外としっくり見える。 紺碧の空、紺碧の海の底を、ちょっとだけ覗いたような。...
引 き 揚 げ の 桟 橋 は 此 処 冬 ざ れ し... ひきあげの さんばしはここ ふゆざれし 命からがら満州、朝鮮より引き揚げた人々は、九州では博多、佐世保、そして門司港に。 もうその跡地は遺されることもなく、むしろきれいさっぱり拭い取られたように。 門司港は、「門司港レトロ」として、駅舎以外はおもちゃ箱のように、土産物屋、レストラン、高層マンシ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください