長 縄 跳 び 責 任 感 に 秋 見 え ず

ながなわとび せきにんかんに あきみえず

子どもの頃から、とにかく苦手なのです。
長縄跳び。
誰が失敗したか、すぐわかるからです。
失敗するわけにはいかないのです。
始めの方ならまあなんとか、でも回数が増えるに従って失敗できない重圧がかかってきます。
リズム感がイマイチなので、楽しむなんてことはあり得ないのです。
わたしとしては、参加することに意義があると思いたいのですが、世間はそうはいきません。
必死です。
なんでこんな思いしてまで、楽しい振りしなければいけないのかと思うけれど、子どもだから言えないのです。

この句も読まれています。

「トトロの住む家 」 宮崎駿 作 岩波書店 2011 発行... アニメ『となりのトトロ』に登場する、塚森の主、トトロ。 そのトトロが喜んで住みそうな「懐かしい家」 全編が写真とデッサンで構成されて、それぞれに説明がついています。 初めてこの本に会ったのは、図書館です。 あまりにステキな本なので、また見ようと思ったのですが、なんせタイトルを忘れているため、...
ビーズこぼれ 針で拾うて 春隣(はるとなり)... ビーズの古い財布の、がま口のところが甘くなって 修理しようとしたのだけれど、ぼろぼろとビーズが こぼれ落ちてどうしようもない。針先でひとつひと つ根気良く拾い集めるしかない。面倒だけど、同じ ものはもうないので、貴重なビーズです。こんな作 業も春を感じるからできるのです。何処かで春が生 まれているこ...
土 用 波 引 い て や る よ と 波 頭 どようなみ ひいてやるよと なみがしら 晩夏、夏の土用に起こる波で、波頭が丸く、勢いが衰えにくい特徴があるそうです。 遠くに発生した台風の影響とも言われます。 感覚的には、押し寄せるチカラより、引くチカラの方がはるかに大きく、まるで沖合いに引き込むことを企てているような、邪悪な気を感じたりしま...
亀 鳴 き て 負 け て 勝 つ こ と 覚 え た り... かめなきて まけてかつこと おぼえたり 腹の立つことは、あれこれあるけれど、言い負かせば勝ちではない。 心静かに考えれば、相手にも何らかの事情があったんじゃあないかとか、余裕がないのじゃないか、怒りに燃えていたアタマも冷えて、息がつけるというもの。 ママ母も、あの高飛車な妹も、それなりにいろいろあ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください