長 縄 跳 び 責 任 感 に 秋 見 え ず

ながなわとび せきにんかんに あきみえず

子どもの頃から、とにかく苦手なのです。
長縄跳び。
誰が失敗したか、すぐわかるからです。
失敗するわけにはいかないのです。
始めの方ならまあなんとか、でも回数が増えるに従って失敗できない重圧がかかってきます。
リズム感がイマイチなので、楽しむなんてことはあり得ないのです。
わたしとしては、参加することに意義があると思いたいのですが、世間はそうはいきません。
必死です。
なんでこんな思いしてまで、楽しい振りしなければいけないのかと思うけれど、子どもだから言えないのです。

この句も読まれています。

ぶり大根 とろとろと煮る 日も暮れる... mめんどくさがりやで何でもいっぺんに片付けようとしてしまう。料理もそう。作るときは鍋いっぱい。あしたの弁当にも入れる。人は知らないから、見るとみんながおいしそうと言う。延々と食べ続けているとは知らず。何回も煮込むから、味が染みてつやつやと美味しそうに見える。見掛け倒しなのに。夕暮れが早い。大好きな夕...
秋の蚊の 死にはぐれたと 声のする... もう九月も半ばなのに、まだ蚊がいるのです。 じーと動かずに立っていると、4,5匹音をたてて寄ってきます 季節はずれと思うから、よけい腹が立つのです。...
受 験 子 の 次 第 は す で に 決 ま り お り... じゅけんこの しだいはすでに きまりおり 受験の日が迫って来て、いよいよあしたとなると、受験生の緊張は頂点に達します。 そんなとき先生からこんなことを言われたと聞いたことがあります。 「君たちの合否は、神さまがとっくに決めている。 あしたは、その手続きに行くだけ」だと。 チカラが抜けて、リ...
病 棟 の 窓 に 向 ひ て 大 花 火 びょうとうの まどにむかいて おおはなびこの河原の花火大会は、もう大昔からのものです。子どものころ、蚊に刺されながら観た覚えがあります。当時は、まわりは何もなかったけれど、すっかり都会に変貌しており、大きな医療センターもできました。とてもきれいで、迫力があったと聞きました。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください