鏡 割 り 餅 は 汁 粉 に 子 ら の 寄 り

かがみわり もちはしるこに こらのより

鏡割りとは、縁起が悪いとのことで、たいていは鏡開きと言うようです。
昨日、小倉城の鏡開きの様子をニュースで見ました。
大きな鏡餅はひっくり返されて、真っ青なカビだらけ。
それもカビに足があって、立っているカビ。
削ぎ取ったとはいえ、いっぱい残っている。
青カビ。
餅全体にカビの胞子は回っているにちがいないのです。
縁起物とはいえ、よく食べるなあというのが、率直な感想です。
昔とちがって、気温も高いこの頃。
慣習を踏襲することだけを考えず、時期を早めるとか、やりようはあると思うのですが。

この句も読まれています。

猪 垣 せ り几 帳 面 な る 結 び 癖 ゐがきせり きちょうめんなる むすびぐせ イノシシも必死。 生きるためです。 人間も必死です。 手をかけ時間をかけ育てた作物がダメになります。 猪垣は、鹿垣とちがって、あまり高さは要らないようです。 ただ鼻先でどこでも執拗に掘り返し、あきらめないため、手強いのです。 戦国武将の攻城籠城...
ツクツクの 報われぬこと 多しと鳴く... ツクツクボウシどこかやるせない、絞り出すような鳴き声。 ああもう秋が近いと、実感していたけれど、 今年になって思った。 頑張ってもどうしようもないことがあって、苦しいと言ってる。...
柿 若 葉 住 め ば 都 と ふ っ 切 り て... かきわかば すめばみやこと ふっきりて 五月は新緑の季節。 樹々の若葉が野山や街をいろどります。 「萌黄(もえぎ)」という色は、鮮やかな黄緑ですが、樹々の若葉はけしてこの色に限ったものではありません。 木の種類によって、また成長の度合いによって若葉の色は変わります。 柿若葉。 まるでアブ...
京 人 参 出 で て 新 年 近 ま り ぬ きょうにんじん いでてしんねん ちかまりぬ 正月料理に使う、あのオレンジ色ではなく、真っ赤な人参。 京人参とか、金時人参というらしいです。 トマトとおんなじリコピンという物質が豊富で、がん予防になるとか。 スーパーや八百屋にこれが並ぶと、もう数え日に入ったと実感します。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください