鏡 割 り 餅 は 汁 粉 に 子 ら の 寄 り

かがみわり もちはしるこに こらのより

鏡割りとは、縁起が悪いとのことで、たいていは鏡開きと言うようです。
昨日、小倉城の鏡開きの様子をニュースで見ました。
大きな鏡餅はひっくり返されて、真っ青なカビだらけ。
それもカビに足があって、立っているカビ。
削ぎ取ったとはいえ、いっぱい残っている。
青カビ。
餅全体にカビの胞子は回っているにちがいないのです。
縁起物とはいえ、よく食べるなあというのが、率直な感想です。
昔とちがって、気温も高いこの頃。
慣習を踏襲することだけを考えず、時期を早めるとか、やりようはあると思うのですが。

この句も読まれています。

躊 躇 ひ て 声 掛 け ず 過 ぐ 星 月 夜... とまどいて こえかけずすぐ ほしずくよ 風呂上がりのすっぴんで、パタパタ出てきたはいいが、思わぬ人を見かけた。 どうせ向こうは、忘れているだろう。 声をかけたところで迷惑にちがいない。 満天の星。...
風 信 子 女 は 勘 を 研 ぎ す ま す ヒヤシンス おんなはかんを とぎすます オンナはウソを見抜く。 舐めてはいけない。 あなどってはいけない。 バカなアンタのウソくらい。 ユダのウソを見破ったキリストに近い能力があると信じている。 聖書から学んだこと。 イエスは、ユダに尋ねます。「貴方はなんでそんなにわたしに親切にするの...
折 れ た る も 端 座 し て お り 葱 畠... ねぎ / hiyang.on.flickr 長い畝の先の先まで、葱一色。よおく見ると、途中で折れ曲がったり、少し色が変わったものもあるが、きちんと整列して参加している。冬のはじめの風景です。...
水蓮の 白まで滲む 五月闇 水蓮の花は動かず。 闇の中、静止画像のよう。 闇は深く、花の輪郭もたどれないくらい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください