鏡 割 り 餅 は 汁 粉 に 子 ら の 寄 り

かがみわり もちはしるこに こらのより

鏡割りとは、縁起が悪いとのことで、たいていは鏡開きと言うようです。
昨日、小倉城の鏡開きの様子をニュースで見ました。
大きな鏡餅はひっくり返されて、真っ青なカビだらけ。
それもカビに足があって、立っているカビ。
削ぎ取ったとはいえ、いっぱい残っている。
青カビ。
餅全体にカビの胞子は回っているにちがいないのです。
縁起物とはいえ、よく食べるなあというのが、率直な感想です。
昔とちがって、気温も高いこの頃。
慣習を踏襲することだけを考えず、時期を早めるとか、やりようはあると思うのですが。

この句も読まれています。

未 練 な ど 無 し 知 ら し め よ 青 葉 木 菟... みれんなどなし しらしめよ あおばずく 未練などあるはずもなかろう。 わたしが未練の泪にくれていようなどと誤解されてはたまらない。 アオバズク、さっぱり忘れたと、平気なカオしていると言い広めよ。...
寺瓦 反り返る先まで 春の雨... お寺の屋根は、なんであんなに反り返っているのでしょうか。 単に見栄えがいいから? それとも、何か理由があるのでしょうか。 春の雨は、時間をかけて、丁寧にていねいに、あらゆるものを濡らしていきます。 万物が、深呼吸します。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
雁渡る 英文タイプの リボン買う 英文タイプライター捨てずに持っている。 あの頃検定というものがあって、ぜんぜんだめだった。 スタートの声と同時にタブキーを押したら、 一番端までがーっと行ってしまって、「あっ」と言ったら、 それがでかい声で、自分で吹き出して笑いが止まらなくなってしまって、 おそらく最下位で落ちた。 とおい日のはなし...
春 耕 の ま ず は 一 服 す ぐ 一 服 上林春松本店 新緑 / Norio.NAKAYAMA 老夫婦であろうか。準備万端。お茶から、何やらお茶うけ?おやつ?ようやく風も春になり、外で過ごすことが気分よくなった。休憩ばんざい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください