鏡 割 り 餅 は 汁 粉 に 子 ら の 寄 り

かがみわり もちはしるこに こらのより

鏡割りとは、縁起が悪いとのことで、たいていは鏡開きと言うようです。
昨日、小倉城の鏡開きの様子をニュースで見ました。
大きな鏡餅はひっくり返されて、真っ青なカビだらけ。
それもカビに足があって、立っているカビ。
削ぎ取ったとはいえ、いっぱい残っている。
青カビ。
餅全体にカビの胞子は回っているにちがいないのです。
縁起物とはいえ、よく食べるなあというのが、率直な感想です。
昔とちがって、気温も高いこの頃。
慣習を踏襲することだけを考えず、時期を早めるとか、やりようはあると思うのですが。

この句も読まれています。

吸 う 吐 く や 熱 々 こ ろ っ け 秋 祭 り... すうはくや あつあつころっけ あきまつり 夏祭りなら、綿菓子かソフトクリーム。 そぞろ寒さを引き連れて、秋の祭りはアツアツのコロッケがいい。 イカ焼きは汚れるし、味が濃い。...
ひ と と せ は 長 し 心 は 変 わ る 星 月 夜... ひととせは ながしこころは かわるほしずくよ 人の心は思いの外短い時間で変わる。 はっきりこれと言える言葉や態度で変わるだけではなく、時の流れの中で、鬱陶しさにへんげすることもある。 七夕なんて、さすが優雅なおとぎ話。 ひとは年々年をとる。 ふとした拍子に、シミや皺や白髪が目についてということもあ...
処 暑 の 風 絶 壁 の 禿 ひ と 撫 で す... しょしょのかぜ ぜっぺきのはげ ひとなです ネットの5chで見つけた言葉です。 「ユルブリンナーのような、アタマの格好のいい奴は髪がなくてもカッコいい。 ゼッペキのハゲはいただけない。」 なんとも失礼なというか、言い得て妙というか、へんに納得したりしました。 さっき初めて、ツクツクボウシの...
鉛筆を 持つ手冷たし 掃く息白し わたしは拙い俳句もどきを書くとき、 パソコンの前では、かけません。 布団の中で書きます。 断熱材が入ってないのか、薄いのか、 とても寒いのです。 時々手を布団の中に入れて、 暖め直しながらでないと、 冷たくて書けません。 はく息も白い。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください