鉛筆も 眉墨(まゆずみ)も研ぎ(とぎ) 大晦日

いろいろとちょこちょこ掃除した。
大したことはしてないが、それでも結構ゴミが出た。
鏡を拭いたり、化粧ポーチを洗ったり、鉛筆研いで
ついでに眉墨も研いだ。
今年も辛かった。来年は少し休ませてくださいましな仏さま。

この句も読まれています。

花ミモザ 咲き乱れ降る 異人館 ミモザの花は、どこか異国のにおいがする。 ヨーロッパから来たのであろうか、よく知らない。 古い洋館の瓦屋根にとてもよく似合う。 いつのころから、ここにあったものか、 誰か遠い国から持ち帰って、植えたのだろうか。 力いっぱい華やかで、どこか異国情緒を感じるのは わたしだけだろうか。...
天からの 紅葉を浴びて 金辺隧道(きべずいどう)... 福岡県の北九州と筑豊を結ぶあたりにある金辺隧道。 つまりトンネル。 もうとっくに使われていないけれど、煉瓦造りの 趣きのあるもので、樹々が生い茂るなかに、 大きな楓の木があり、今の季節は天からの贈り物のように はらはらと紅葉が散る。 わざわざ行く価値がある。...
うっかりと 微笑みもせず 泣きもせず... むかし、笑顔がいいと言われたことがある。絶品だと。決して美人ではないが、人好きのする顔をしていると言われ、うれしくて、調子に乗って、にこにこへらへら笑ってきたような気がする。笑うかどには福来るとも聞いた。嘘だった。にこにこして、人に気をつかって、頑張っても、いじめれるものは苛められるし、認められない...
沈丁花 春の宵路を そこはかと あたしは、香りの強い植物が好きです。 なぜか日が暮れかかると、いっそう香りがするような気がします。 白い沈丁花が、春のすこうしあたたかくなりかけた夜に香るのは いいものです。 どこの家かはわからない、思わず大きく息をするのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください