針 冷 た 刺 し て 血 管 探 す な ど

はりつめた さしてけっかん さがすなど

採血のうまい人とヘタクソの差は大きい。

最悪は、刺してから、針先をうろうろさせ血管をさがすというもの。

いい加減にしろよ。まったく。

この句も読まれています。

第55回 全国俳句大会 主催 俳人協会... 入選 春 愁 や 追 伸 長 き 手 紙 来 て 三村純也先生 選
鬱なのか 春日眩しく 手足の重し 春の明るい日差しがうっとうしいことはありませんか。 人の入学や就職の話がうざいと感じることはありませんか。 あたしはしょっちゅうです。 そんなとき、ただ明るい人と話すのは、拷問のように感じることがあります。 たいていの人は平気のようです。...
骨壷(こつつぼ)の 届いて今朝の 雲の峰... なんか有名な人に制作を頼んだらしい。 波佐見焼き(はさみやき)みたいな、もようが透けている凝ったもの。 見事な出来と、本人の弁。 空には活力溢れる入道雲。 死ぬ気なんかないじゃないか。...
餌 と 決 む る 眼 左 右 に 木 葉 木 菟... えときむる まなこさゆうに このはずく 迫力があります。 夜行性です。 木の枝だけでなく、人通りのない、使われない錆びた門扉の上に、目を瞑って動かずにいるのを夕方遅くに見たことがあります。 眼は瞑っているように、遠目には見えたのですが、よく見ると薄眼を開けて様子を伺っていうようなのです。 首を動か...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です