金 柑 は 鳥 の も の な り 少 し だ け

きんかんは とりのものなり すこしだけ

キンカンはビタミン豊富で、美容と健康にとてもいいとテレビが言うから、ちぎったのだけれど、なんせまだ寒いし、肥料もやってないから、小粒だし。

結局、名産と言われる宮崎産のきらきらした大粒のものを八百屋で勧められるままに買ってしまいました。

普段なら、皮だけ食べるものですが、あんまり甘いから、ついついタネ以外は食べてしまったという優れもののキンカンです。

ウチの小粒は、鳥のもの。

この句も読まれています。

新 し き 絵 の 具 捻 り し 今 朝 の 秋... あたらしき えのぐひねりし けさのあき 机の上を片付けて、手を拭くタオルを湿らせて、きれいな水を入れて準備完了。 座布団に正座して、絵の具の蓋を開け、色を決め、やおら小さな蓋を捻り、逆さま向けて蓋の尖った部分でちょっと押すと、銀色のカバーが少しだけ開き、色が出てきます。 新しいものをおろすときは、...
雨 水 帯 ぶ 花 芽 花 柄 移 植 ご て うすいおぶ はなめはながら いしょくごて 雪が雨に変わる。解けて水になる。 大地の潤いを伝えます。 実際には、北国にはまだ雪も降りますが、その雪もやがて解け水音を奏で始めるでしょう。 まもなく農作業の準備も始まることと思われます。 すべての物に、大地の隅々まで、水が潤い春が到来します。...
どれほどの 竹伐り出されしや 七夕に... 日本全国七夕一色。 短冊たなびく笹の葉さらさら。
朧月夜に千鳥足 ただひとときの くちづけを... 春は春、朧月夜も長い日も、あえて春に酔いたいと思う。ふらふらと街にくりだし、また川沿いを歩き、一年に一回くら い紫色の夢を見てもいいと思う。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です