金 柑 は 鳥 の も の な り 少 し だ け

きんかんは とりのものなり すこしだけ

キンカンはビタミン豊富で、美容と健康にとてもいいとテレビが言うから、ちぎったのだけれど、なんせまだ寒いし、肥料もやってないから、小粒だし。

結局、名産と言われる宮崎産のきらきらした大粒のものを八百屋で勧められるままに買ってしまいました。

普段なら、皮だけ食べるものですが、あんまり甘いから、ついついタネ以外は食べてしまったという優れもののキンカンです。

ウチの小粒は、鳥のもの。

この句も読まれています。

石蕗の 黄(き)寒空に 色を投げ 紅葉もおおよそ散った今では、庭に咲く花は石蕗だけ。 季節にふさわしからぬ鮮やかな黄色。 丸い葉っぱから精いっぱい首を伸ばしたように咲く。 晴れと曇りの中間くらい、昨日と変わらぬ今日が暮れる。 iPhoneからの投稿...
夏が往く 貨物列車に ススキの穂 盆がすぎ、暑さの中にほんのひとつまみの秋、まだまだほんの気持ち、でももうひと頑張り、秋まで。
蛍草 これでもかと 膨れおり ツリガネソウ(蛍袋)のかたちが好きです。プーっとふくらんで、花片のさきはクルっと、まるで包装用のビリールひもをわざとクリンクリンにくせをつけたみたいに、カールしているのです。 わたしも写真を載せる技術を学ばねば。...
淋 し さ は 淋 し さ と し て け む り 茸... さびしさは さびしさとして けむりたけ 寂しいときに、騒いではいけない。 今、どうして何が原因で寂しいのか、いやでもしっかり考えた方がいいとわたしはいつも思います。 なんとなく、秋だから淋しいなんてことは、ないと思うのです。 原因はたぶん足元に転がっている。 さっき言われたこと。 さっき見た風景。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください