金 柑 は 鳥 の も の な り 少 し だ け

きんかんは とりのものなり すこしだけ

キンカンはビタミン豊富で、美容と健康にとてもいいとテレビが言うから、ちぎったのだけれど、なんせまだ寒いし、肥料もやってないから、小粒だし。

結局、名産と言われる宮崎産のきらきらした大粒のものを八百屋で勧められるままに買ってしまいました。

普段なら、皮だけ食べるものですが、あんまり甘いから、ついついタネ以外は食べてしまったという優れもののキンカンです。

ウチの小粒は、鳥のもの。

この句も読まれています。

蜥 蜴 (とかげ) 鳴 く 読 経 の 合 間 庭 の 石... 新しい仏さまならともかく、顔を見たこともない人の法事に、身が入らないのはいたしかたないと思う。 念仏は退屈で、そのうち足は痺れる、欠伸は噛み殺す。障子越しに外に目をやれば、立派な庭石。 こんなに長く、亡くなった人を弔い続けなければならないのだろうか。 十三回忌、本音を言うと、七回忌あたりで終わりにし...
も み ぢ の 手 生 命 線 や も う 強 く... もみじのて せいめいせんや もうつよく 生まれて間もない赤子の、それこそモミジのような可愛らしい手。 小さいながら、手相はしっかりあって、運命が決まっているような、この子も多少の差はありながらも、苦労を背負うのかと、ふっと思ったりもしました。 明るく強く、思いやりのあるステキな人に育ってほしい...
「七人の侍」「十三人の刺客」 「十三人の刺客」を先に観た。面白かった。稲垣吾郎の殿様、残虐で狂気。理屈も納得のいくものだし、分かりやすいうえに、わくわく感あり、胸がすっとするし、迫力あるし。「七人の侍」これもその時代のものとは思えない、ひとつひとつ、ことの背景から心象に至るまで、さすが天下に名を轟かせた名作。こちらも引き込まれ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください