野 分 か な 風 の 止 ま れ ば (やまれば) 蝉 鳴 け り

台風は、何処を過ぎているのか。
雨がおかしな降り方をする。風
はない。狂ったように降ったか
と思えば、ピタッと止んで青空
が見える。直ちに蝉が反応する。
降り出せば止む。上がれば鳴き
だす。おかしなものだ。わたしは
ツクツクボウシの声を心待ちにし
ている、毎年。秋の気配を一番に
受けとめたいから。

この句も読まれています。

ゆでたまご 剥き(むき)剥き(むき) 春の 午後をゆく... near Hongō, , Japan / nakanishiakihito 何にもする気にならない春の午後。長い雨が過ぎたら途端に汗の滲む暑さ。ゆでたまごを上手にむき、塩をふって食べながら、古い映画を見ている。佐藤浩市のパパが出ている。この人の飢餓海峡はよかった。左幸子も名演技。どうしようもない時...
電話には 居留守あるなり 秋の雨 なつかしいと想ったのは、わたしひとり 迷惑だったんだなあ…しみじみ秋です。
春日傘 焼いて射る陽の すさまじく... 春と言えども、日差しはまちがいなく夏のもの。 虫眼鏡で、焦点合わせて、焼かれているような気がする。
花 筏 こ の 虚 し さ も 混 ぜ て お く... はないかだ このむなしさも まぜておく サクラが川や湖のような水面に散ると、まんべんなく散り渡るわけではなく、大きさはさまざまながら、固まりを作り動きます。 ハナイカダと言われます。 なかなか情緒のある美しいもので、サクラは何度も見どころがあるものです。 うつうつとした重苦しい気分も、困りご...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください