野 分 か な 風 の 止 ま れ ば (やまれば) 蝉 鳴 け り

台風は、何処を過ぎているのか。
雨がおかしな降り方をする。風
はない。狂ったように降ったか
と思えば、ピタッと止んで青空
が見える。直ちに蝉が反応する。
降り出せば止む。上がれば鳴き
だす。おかしなものだ。わたしは
ツクツクボウシの声を心待ちにし
ている、毎年。秋の気配を一番に
受けとめたいから。

この句も読まれています。

秋寒し 彼岸の花も 遠く無く 田んぼの畦道に咲いていた彼岸花も散ってしまい、ドライフラワーのような形見を残すのみ。いつの間にかセーターを出していた。日に日に夜が早くなる。...
かきあわせ かきあわせして 秋日傘 日差しがきつい。気温は低い。風も秋の風。カーディガンの襟をひっぱり合わせながらも、日傘は欠かせない。シミになるから。そこは気にする。...
蕗の薹(ふきのとう) 山の目覚めの 確かなる... 山は今、冬の眠りから覚めようとしている。 ふきのとうがその証拠。大地にへばりつく ようなその姿を見ることは喜びで、これは 滅多にないこと。宝探しのようなもの。な んかいいことあるかもしれない。...
田 仕 終 ひ の 煙 藁 の 香 暮 れ 暮 れ て... たじまいの けむりわらのか くれくれて 一年の米作りの仕事が終わり、機械を片付け、道具を洗い、散らばった藁を集めて燃やしているのでしょうか。 まっすぐに一本上がる煙と、懐かしいその匂いは、郷愁を誘います。 日は短く、瞬く間に闇が迫ります。 周囲の山が黒く大きく迫ってくる気がします。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.