野 分 か な 風 の 止 ま れ ば (やまれば) 蝉 鳴 け り

台風は、何処を過ぎているのか。
雨がおかしな降り方をする。風
はない。狂ったように降ったか
と思えば、ピタッと止んで青空
が見える。直ちに蝉が反応する。
降り出せば止む。上がれば鳴き
だす。おかしなものだ。わたしは
ツクツクボウシの声を心待ちにし
ている、毎年。秋の気配を一番に
受けとめたいから。

この句も読まれています。

筑 後 川 こ の 日 こ の と き だ け の エ ツ... DSC_2788 / gtknj 年に一度、エツを食べに行くのは、グルメや観光ではないのです。 なんというか、大事な行事、このさき一年、そんなに悪いことがおきませんように。 一人で決めた神事のような気持ちです。...
大豆干す 安寿恋しや ほーやれほ 秋の空を見ると、思い出すのです。 山椒大夫 わたしが、小学2年のときに、はじめて学校から映画館まで歩いて、見に行ったのは、 「モスラ」と「安寿と厨子王」 感動しました。 年をとって、目が不自由になったお母さんが、雇われた家の庭先で、雀をはらいながら、 念仏のように、つぶやくのです。 「安寿恋しやほう...
ひ と つ ず つ 講 釈 の あ り 木 の 芽 和 ( あえ )... ご親切に料理の説明、ありがたいと思うのだけれど あんまり長いのはどうも。 自信作なのだろう。 画像出典木の芽和え #dinner うまー / is_kyoto_jp...
享 年 の 若 き 仏 に 青 芒 きょうねんの わかきほとけに あおすすき 享年という言葉、年が若ければ胸に迫るものがあります。 不慮の事故もあったろう。 全力で闘い抜いた結果でもあったろう。 笑顔の遺影は、本人の強さや無念、親の苦労も思わせるものです。 精一杯であっただろう短い人生を、折にふれて思い出し、話題にし、忘れず、語り継...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください