郵便の 着くたびポスト 春隣(はるとなり)

別に恋文を待ってるわけじゃない。
そろそろ履歴書が、帰ってくるんじゃないかって、心の準備をしながら、ポストを覗かないわけにはいかない。
春は遠い。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

松 風 や 海 水 浴 と 療 養 所 まつかぜや かいすいよくと りょうようじょ 広い広い松原の向こうは海です。 海の家が立ち並ぶ広い砂浜、海水浴場、そしてずーっと行ったところ、フェンスでへだてられ、木造平屋建ての結核療養所がありました。 たぶん空気がいいから、そしてここならだれも文句を言わないからだったろうと想像します。 むか...
鞦 韆 の 鎖 の 熱 や 更 け て な お しゅうせんの くさりのねつや ふけてなお しゅうせん、ブランコの俳句言葉です。 一日中猛暑に灼かれ、持ち手のクサリはさわれないほどです。 夜になり、少しは過ごしやすくなり、ゴミ出しのついでに、ちょっと腰掛けてみると、満天の星。 クサリはさわれないほどではないけれど、まだかなり熱をもっています...
置 き 屋 な る 色 気 纏 ひ て (まといて ) 京 紅 葉... Kamishichiken Maiko / Japanexperterna.se 芸者さんを派遣するところを置き屋というらしい。美しい、珠玉の芸妓が溢れるほど出入りするらしい。若い日の若尾文子みたいな人がいるのだろうか。そうでもないのか。映画の世界では、置き屋のお母さんは杉村春子だったり、新珠三千代...
ひ た す ら に 来 し が 遠 火 事 見 る ご と し... ひたすらに こしがとおかじ みるごとし そのときはそれなりに頑張ったつもり。 間違った選択も数々あったけれど、間違いながらもその時々は一生懸命やってきたつもりです。 過ぎてみても、遠い過去となっても、わたしなりには困難を極めた生活だったと、今となってもそう思います。 想い出 なんてものではありませ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください