郵便の 着くたびポスト 春隣(はるとなり)

別に恋文を待ってるわけじゃない。
そろそろ履歴書が、帰ってくるんじゃないかって、心の準備をしながら、ポストを覗かないわけにはいかない。
春は遠い。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

空 き 家 な ら 凩 容 赦 な く 叩 き あきやなら こがらしようしゃ なくたたき 隣家が売りに出されました。 長く一人暮らしをなさっていたのだけれど、クルマが軽に変わり、それもいつしか消え、弁当屋や、若い、いかにもヘルパーさんらしき人が出入りするようになり、ついに引越しのトラックが横付けされました。 秋のはじめの頃だったのですが、閉...
暮れの春 路面電車の 停留場 路面電車の停留場に立つのが好きです。 道路の真ん中に小さなプラットホーム。 いつ来るかわからない電車を待ちます。 暮れそうで暮れない春の夕暮れです。...
万 緑 の 雫 も た ら せ 棚 田 ま で ばんりょくの しずくもたらせ たなだまで ダムに水が少ないと聞けば、いちばんに心配になるのは、棚田の田植えと苗の成長でしょう。 大規模な機械が入らないから、すべて手植えで植えたものです。 雨が降って、充分に潤いますように。 これ以上仕事が増えませんように。 この夏の暑さはひとしおだと聞きますから。...
薄 氷 ( うすらい ) の 何 が な ん で も 割 り た が り... 近ごろはめったに見なくなった氷の張った水溜り。 子どものころは、道はでこぼこ、水溜りはあちこちにあり、登校時は、氷の張った水溜りを見つけ次第踏み割って歩いたものだ。 すでに先を越されたものがほとんどだったけれど。 前日に、バケツに水を張っていれば、必ず氷が張っており、天井から落ちたらしい大きなねずみ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です