遠雷を 胸騒ぎに 重ねおり

遠くで鳴りひびく雷は、不気味です。
胸騒ぎのような音がします。
日ごろの心配事が、むくむくと広がってくるのです。

この句も読まれています。

石 蹴 り も 缶 蹴 り も な し か や つ り 草... いしけりも かんけりもなし かやつりそう 学校からの帰り道。 石や空き缶を見つけては交代で蹴りながら遊びながら、帰ったものです。 かやつり草は、今もそこここに健在ですけれど、穂先の一本一本を丸く外側にまとめて、傘を作って遊ぶ子などいるわけもない。 親も子も、みんな忙しい。...
芒 飛 ぶ 風 の 気 ま ぐ れ 夕 間 暮 れ... すすきとぶ かぜのきまぐれ ゆうまぐれ 穂を出したころは、赤くて固かったススキの穂も秋が深まるとゆるみにゆるんで、ついにはふわふわと風に乗ってさまよい出します。 夕方にはそれがさらに目立つのは、秋の日暮れが寂しいからでしょうか。 秋の夕陽がそれを強調するのでしょうか。...
退 き 際 ( ひきぎわ ) は 美 学 で あ り ぬ 落 ち 椿... 椿は散るとき、首からぽろんと落ちるため、嫌う人も多いらしい。 家に植えるなとも聞きます。 最後まで綺麗に咲いて、朝見ると落ちていた、そんな散り方がわたしは好きです。 退き際というのは、人は教えてくれない。 「まだまだですよ。いろいろ教えてもらわなきゃ」なんて心にもないことを言う。 ほんとは「 いい加...
生を取り 茹で筍(たけのこ)に 取り替えて... スーパーで、旬の筍に思わずとびつきました。 で、ちょっと行くと、茹でた筍に出会ったのです。 一瞬考えて、茹でたものに取り替えました。 筍は、皮を剥いて、糠と一緒に茹でます。 季節の行事だけど、手間は省いた方が楽かと、判断しました。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください