遠雷を 胸騒ぎに 重ねおり

遠くで鳴りひびく雷は、不気味です。
胸騒ぎのような音がします。
日ごろの心配事が、むくむくと広がってくるのです。

この句も読まれています。

葡萄酒を 注ぎて漆黒 闇となり 日の暮れが早い。 ワイングラスに、ワインというより、国産の葡萄酒を注ぐ。 つるべ落としの秋の日は、たちまち暮れて、もう漆黒の闇。 さあ、これから夜のひとりパラダイスの始まりです。...
う つ む き て 麦 踏 み 夕 陽 落 つ る ま で... うつむきて むぎふみゆうひ おつるまで 最近は麦を育てる農家は減ってきたようです。 長い間稲作の裏作として植えられてきたものです。 稲の刈り入れが済んだ田に、新たに畝を作って麦を撒きます。 麦は寒いときでも伸びるのです。 冬の終わりから、春のはじめにかけて、伸び過ぎないように押さえて、霜で浮き上が...
人想う 線香花火の 花紅葉 h花火大会真っ盛りです。大きい花火は音も大砲のようで、迫力満点。小さな紅葉がちかちかする、線香花火は、昔から人気があるのではと思いますが、わらの先に黒い火薬がついただけの、心もとない元祖のものは、もう見ることもできません。人は、手元の小さな火が、好きなんだと思います。クリスマスにはガラスに入ったキャ...
ベンジャミン・バトン 感動しました。「おくりびと」なんかよりずっと素晴らしい。 気味の悪い物体、そして体の不自由な老人としての人生の始まり。 想像もできない不幸を背負って生きた男。 泣き言も言わず、でも慎重に臆病に生きざるをえなかった。 自分を捨てた父親との対面、恨みもしないが、相手にもしない。 人は頑張れるところは頑張...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください