遠雷を 胸騒ぎに 重ねおり

遠くで鳴りひびく雷は、不気味です。
胸騒ぎのような音がします。
日ごろの心配事が、むくむくと広がってくるのです。

この句も読まれています。

きりきりと 今宵は確かに 霜夜なり... 夜更け、寒さが違うと感じる日があります。 雪か霜か、外は何か降っている。 そんな朝は、白い息を吐きながら、雨戸を開けると、一面の霜、もう冬の真っ只中。...
あ っ ち 跳 ね こ っ ち 跳 ね し て 大 霰 (あられ)... 八幡はうっすら雪景色。車移動に支障なし。今は細かいあられ。 / bm.iphone 古い家の屋根と壁を塗り替えた。 白い壁と黒い屋根、雨樋のところの縁は深い緑になった。 塗装屋さんが言うには、色見本より実際は薄い色になるとのことで、色も塗料の種類もほとんど全てアドバイスに従った。 冷たい雨が降る前...
新酒(しんざけ)の 樽の青さの 味もして... 新酒会、底冷えの朝も、この日ばかりは気にならず。 五種類も呑まないうちに、味は混ざってしまう。 地鶏のご飯を食べながら、酒蔵の煙突を見上げる。 筑後川の水、豊穣の土地に育った米で造られた酒。 いまここにいる幸せ。...
田に水の はられてほっと 息をする ... 田んぼに水を張って、田植えの出来る状態になっている様子を、代田(しろた)というらしい。静かに水をたたえ、さらに雨を待っている、この景色はとても心を落ち着かせる。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です