遠雷を 胸騒ぎに 重ねおり

遠くで鳴りひびく雷は、不気味です。
胸騒ぎのような音がします。
日ごろの心配事が、むくむくと広がってくるのです。

この句も読まれています。

勾玉(まがたま)を 透かして見るか 秋の空... 半透明の勾玉のペンダントを買った。ふらりと立ち寄った初めて行く店で。給料はまだなのに。パワーストーンだという。少し緑色がかっている。根元に小さな穴が開けてあって、細い革の紐が通っている。健康を選んだ。お金じゃなく、愛じゃなく。とりあえず元気ならいい。お金は大していらない。秋の空が高い。...
あ っ ち 跳 ね こ っ ち 跳 ね し て 大 霰 (あられ)... 八幡はうっすら雪景色。車移動に支障なし。今は細かいあられ。 / bm.iphone 古い家の屋根と壁を塗り替えた。 白い壁と黒い屋根、雨樋のところの縁は深い緑になった。 塗装屋さんが言うには、色見本より実際は薄い色になるとのことで、色も塗料の種類もほとんど全てアドバイスに従った。 冷たい雨が降る前...
花は今 蕾色とて ときめいて 桜の開花が近いらしい。 花は咲いたら、散るだけです。 一分咲き、三分咲き、満開そして散るだけです。 葉桜もそれはそれでいいものですが。 いまから咲こうとしている蕾桜も楽しみをくれるものです。 なにごとも「はじまる予感」が一番なのです。 さくらもオトコも。https://ietter.hanihoh....
曳 舟 の 糸 引 く ご と し 秋 関 門 関門海峡。 あれだけ広いのに、大きな船が通るので、操舵はむずかしいとか。 故障なのか、小さな船がさらに小さな船を引っ張って行く。 空は青く、海も碧。 波は静か。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください