通 る な と 蝮 出 ま す の 立 て 看 板

とおるなと まむしでますの たてかんばん

田園地帯に大きな団地ができました。
誰も通らなかった畦道を、多くのサラリーマンが朝晩通るようになりました。
畦道だけならいいのですが、だんだん道幅が広くなって、踏みしだかれて、田圃の方にも被害が出始めたようです。

はじめは、「ここを通らないでください」という立て札が立ちました。
被害は収まらず、みんなその近道になる畦道を通り続けたと思われます。
「マムシが出ます。お気をつけください」は効き目があったようです。
大した知恵です。

この句も読まれています。

もしかして 人に溺れて(おぼれて) ほととぎす... yやばいと思う瞬間があったりする。幸い長続きはしない。
新緑に 覆われ結核 療養所 今はもう誰もいない。 空気のきれいな山の少し奥に、後保護指導所というものがあった。 結核で、入院治療して治った人が、社会復帰するため、一時的に入所するところだったらしい。 昔むかし、まだ結核が難しい病気だったころの施設で、今は入れないようにしてある。 古いむかしの小学校をかなり小型にしたような建物で...
愛された 時もあったか ほととぎす... ほととぎすという花は、なんだろう。 密かに強く、あの秘めた美しさは、なんだろう。わすれてしまった情熱を、炭火のように蓄える。 たぶん忘れたほうが幸せ、忘れたほうが楽。 iPhoneからの投稿...
糸 雨 の あ と 沈 丁 さ ら に 匂 ひ た ち... しうのあと ちんちょうさらに においたち 未明から糸のような雨がやむことなく降り続いて、小さな庭は久しぶりにひと息ついているようです。 沈丁花は、樹形が丸くて、さらに花が愛らしいことで誰にも好まれる身近な花です。 紅色の薄く混ざった白と、紅色がひとつの花のように見えます。 花のように見えて、花では...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です