通りまで 送って帰りは 冬の月

電車で帰ると言うから、駅に続く地下道まで送った。
ここからはまっすぐだから、大丈夫。
踵を返し帰り道。見上げれば冬の月。冷えるけれど
風のない冬の夜。こんなに長くお月さまと付き合うことも
なかった。

この句も読まれています。

木 陰 な ら 花 の ご と く に 夏 日 落 つ... こかげなら はなのごとくに なつびおつ 暑さがきびしい。 なんという木か、大樹の下にすわって、涼をとる。 茂った葉の間から、まるで木漏れ日のように、夏日がちらちらする。...
穴 に 入 る 蛇 が 横 切 る 稲 荷 裏 あなにいる へびがよこぎる いなりうら 「蛇穴に入る」という季語があります。 秋になって早々に冬眠に入るということでしょうか。 考えてみれば、日本のヘビは気の毒です。 ただそこにいるからと、棒で叩かれ、小学生から大人までもが攻撃の対象にします。 危険なのは、マムシくらいのものじゃないかと思...
深 追 ひ は す な 傷 つ く と 苜 蓿 ふかおいは すなきずつくと うまごやし ウマゴヤシとは、シロツメクサのことです。 俳句ではよくこんな古めかしい言い方をします。 うまく結わえて、王冠のように作れる器用な人もいます。 江戸時代に入ってきた帰化植物です。 肥料や牧草にするので、この名前が付いたようです。 わたしはむかしから、...
鬱なのか 春日眩しく 手足の重し 春の明るい日差しがうっとうしいことはありませんか。 人の入学や就職の話がうざいと感じることはありませんか。 あたしはしょっちゅうです。 そんなとき、ただ明るい人と話すのは、拷問のように感じることがあります。 たいていの人は平気のようです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください