通りまで 送って帰りは 冬の月

電車で帰ると言うから、駅に続く地下道まで送った。
ここからはまっすぐだから、大丈夫。
踵を返し帰り道。見上げれば冬の月。冷えるけれど
風のない冬の夜。こんなに長くお月さまと付き合うことも
なかった。

この句も読まれています。

わが身には 栗飯食うた 記憶なし 栗ご飯、秋の食卓、栗を剥くのはとても手間がかかって、大変 食べる家族の喜ぶ様子を思いうかべながら、支度をするのでしょう。 そんな手間のかかる、食卓を囲んだ記憶がありません。 まずくて吐きそうになりながら、目に涙を浮かべながら、むりやり詰め込んだ記憶ばかりです。...
大村の 湾のへさきの 墓地も梅 長崎の大村湾の、先っぽに小さな墓地があります。 なんでこんなとこに墓地、海の見える一等地、 別荘に最適。 風は少し強いけど、春の風。 曇り空だけど、小さな梅が満開。...
虎落笛(もがりぶえ) 思い届かぬ ことに慣れ... 冬の激しい北風が、電線や垣根に吹きつけるとき、なんとも悲しい身を切るような叫びに聞こえる。 届かぬ想いに慣れっこになってしまった。...
夕 陽 浴 び 欅 ( けやき ) 紅 葉 の 降 り しき る... Japanese zelkova / Zelkova serrata / 欅(ケヤキ) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 大木である。秋の夕暮れ太陽の最後の力を浴び、いちだんと大きく見える。小高い丘から、色づいた葉を落とす姿は見ていて、時間が経つのを忘れるほど感動的である。この瞬間を目に...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください