通りまで 送って帰りは 冬の月

電車で帰ると言うから、駅に続く地下道まで送った。
ここからはまっすぐだから、大丈夫。
踵を返し帰り道。見上げれば冬の月。冷えるけれど
風のない冬の夜。こんなに長くお月さまと付き合うことも
なかった。

この句も読まれています。

心にも ない寄せ書きと 花束と 春の宴は 流れて行くに... 「異動は早くから知っていたくせに、知らん顔して」ブーイングの嵐とか 心にもないあったかい寄せ書きと花束をもらって、心にもない笑顔 生きていくって、こういうことか。...
黄 落 を 誘 ふ か 和 太 鼓 少 し 鎮 ま れ... 老人ホームにボランティアの和太鼓のクラブ。 秋の高い空、澄んだ空気、その一日を身内ではないお年寄りのために楽器の演奏。 太鼓は思いのほか体力が必要とされ、腕力はもとより、腹筋、脚力日頃の鍛錬のたまものだろう。 施設の玄関前に椅子を並べ、当然車椅子のためのスペースもあり、太鼓をいくつもセットして、準備...
侮 り て (あなどりて) 蝸 牛 (かたつむり) 歩 み 見 逃 せ り... そこにいたはず。のたりのたりと何がしたいのか、何処へ行くつもりなのか。見てやろうと思いつつ、ちょっと他に目を移したばかりに、見失ってしまった。遅い遅いと言われながら、きっちりと仕事をする人がいる。わたしは捌くのは上手だが、速いだけでものごとを俯瞰する力が大きく不足している。何か言われればおろおろす...
しょうしょうと 五月雨(さみだれ)の 粛々と 日を送る... 雨は降る降る。一日中。いつものように掃除、洗濯などなど。 何もない毎日。つつがないと言えば、言えなくもない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.