透 析 は 仕 事 と 言 ふ て 濃 紫 陽 花

とうせきは しごとというて こあじさい

一回三〜四時間、週三回の透析は、素人が考えても負担の大きいことです。

病院の指導の通り行なっていても、体調の思わしくない日は多く、水分に制限があり、果物は食べられないと聞きます。

「仕事と思うことにしている」と気丈に語ったあの人も、ずいぶん頑張ったけれど、趣味の洋裁は退会しました。

できることをやるしかないのです。

人ごとではないのです。

この句も読まれています。

水 の 出 て 田 圃 見 て 来 る 生 身 魂... みずのでて たんぼみてくる いきみだま 生身魂とは、老いてなお生活の知恵を持ち、皆さんに大切にされている方々のことと認識しています。 甚平を着て、縁側で涼む様子が、俳句の本の、この言葉の説明の、挿し絵になっていることがよくあります。 ところがこの生身魂、台風や大水のときには、必ずと言っていいほど、...
池の鯉 大夕立に 怖れなす 叩きつける雨。 大粒。 池が波立つ。 鯉は喜ぶかと思いきや、湖底に身を潜めているようだ。
花 見 客 心 霊 ス ポ ッ ト 溢 れ た り... はなみきゃく しんれいすぽっと あふれたり おどろおどろしい伝説もあり、心霊スポット。 通用するのは、地元とその周辺だけ。 外国人はもとより、よそ者はあずかり知らぬこと。 よって花見の客でごった返しとなりました。...
行 く 秋 を 引 き 留 め ん と 放 生 会... ゆくあきを ひきとどめんと ほうじょうや 秋は確実に来ているのに、昼間は汗をかく暑さです。 連日雨にたたられた放生会も、最終日は晴れて、景気の悪さも少しは取り戻した感です。 屋台は、むかしとは大きく変わって、相変わらずなのは、綿菓子くらいでしょうか。 子どもらが震えた、見世物小屋も当然なく、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください