透 析 は 仕 事 と 言 ふ て 濃 紫 陽 花

とうせきは しごとというて こあじさい

一回三〜四時間、週三回の透析は、素人が考えても負担の大きいことです。

病院の指導の通り行なっていても、体調の思わしくない日は多く、水分に制限があり、果物は食べられないと聞きます。

「仕事と思うことにしている」と気丈に語ったあの人も、ずいぶん頑張ったけれど、趣味の洋裁は退会しました。

できることをやるしかないのです。

人ごとではないのです。

この句も読まれています。

時雨降る 聞き流すこと むずかしく 人の一言が心に突き刺さって、とれない。 「あんた、人に感謝したことある?」 一体なんだろう。この人に、いじめ殺された人は 過去に何十人いるのだろう。 罰は当たらないのか。神様は何処を見てる。 そう、世の中は、自動販売機のようにはいかない。 悪いことや、人にいやがらせをしたら、すぐに天罰が下るようには...
一 年 は 長 し 心 は 変 は る 星 月 夜... 七夕。 一年に一度、織女と牽牛が逢うという。 一年は長かろう。 また次の一年はもっと長いはず。 人は変わる。 情熱は冷める、必ず。 容姿は衰える。 辻仁成と江國香織の小説「 冷静と情熱の間 」を思い出した。 何年も忘れられない、むかしの恋人と、遠い日の約束にすがり、その日その場所に行ったところ、相手...
露の世と 言いきかせども きかせども... 人生なんてあっとく間に終わる、50年たてば今わたしの抱えている悩みは、おそらく終わっているかと 思う。100年たてば、今いる人はみんないない。 そんなこと思っても、なかなか気が晴れるものではありません。 なかなかつらいものです。...
潮 騒 を 捉 へ ( とらえ ) あ ぐ ね て 秋 日 傘... 秋を感じたら、行きたいところ。 海、海風を受けたい。 潮の匂い。 神社。 祭りの最中はNG。 準備中の気の張ったところ、より、祭りが終わって、潮が引くように人が去ったあと。 考えてみたら!全部水のあるところ。 湖でも、川でも、もっと上流のせせらぎならもっと素敵だろう。 今を逃したら、捉え損なう貴重な...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください