逆 縁 と わ ず か に な ら ず 忍 冬

ぎゃくえんと わずかにならず すいかずら

スイカズラは、初夏に咲く甘い香りの白い花で、くるくる曲がったおもしろい形が特徴です。

はじめの頃は真っ白い花で、だんだんと色が濃くなって黄色になってしまいます。

冬も青い葉をつけたままであることから、「忍冬」と書かれるようになったとか。

逆縁とは、親より先に子どもが逝ってしまうことです。

親の悲しみの大きさゆえに、古来からこのような言い方をしたのだと、わたしの勝手な考えです。

親を見送って、半年ほどしてみまかったのです。

寂しくてならないのですが、そのことだけはよかったのかもしれません。

この句も読まれています。

梅 雨 冷 え に 忘 れ た き こ と の み 巡 る... 毎年、この季節になると、むかしの夢を見る。 あんまり、いいことは出てこない。 寂しい思いをしたことや、信じた人にウソをつかれたこととか。 湿度のせいかもしれない。...
足湯にも おすそ分けなり 冬至の湯 柚子のお湯を、足浴にもおすそ分け。 風呂に入れない人も、湯気の中で入浴気分。 湯気に包まれて、しばし幸せ。...
耳 納 山 稜 線 豊 か 山 眠 る みのうさん りょうせんゆたか やまねむる 耳納山系、久留米市から大分県の県境まで続く比較的穏やかな山地です。 耳納山、鷹取山、高良山どれも登りやすい山で、特に高い山はありません。 なだらかに続く尾根が特徴で、湧き水には定評があります。...
懐 に 鯛 焼 き 抱 へ 急 ぎ 足 ふところに たいやきかかえ いそぎあし 木枯らしの中、マフラーから目だけ出して並んでまで、地域では美味しいと評判の鯛焼きを買いました。 懐に抱えると、単純なもので、心までほっこりとなる感じです。 いよいよ本格的な冬です。 あの狂ったように暑かった夏と残暑を思えば、どうってことない。 鯛焼きで温まっ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください