逆 縁 と わ ず か に な ら ず 忍 冬

ぎゃくえんと わずかにならず すいかずら

スイカズラは、初夏に咲く甘い香りの白い花で、くるくる曲がったおもしろい形が特徴です。

はじめの頃は真っ白い花で、だんだんと色が濃くなって黄色になってしまいます。

冬も青い葉をつけたままであることから、「忍冬」と書かれるようになったとか。

逆縁とは、親より先に子どもが逝ってしまうことです。

親の悲しみの大きさゆえに、古来からこのような言い方をしたのだと、わたしの勝手な考えです。

親を見送って、半年ほどしてみまかったのです。

寂しくてならないのですが、そのことだけはよかったのかもしれません。

この句も読まれています。

静寂に 気づいて朝は 雪の国 妙にしんとしている。雪の夜は、底冷えと この静寂がある。案の定今朝は一面の 雪景色。山茶花の垣根は、頂きに雪を載せ 冬薔薇は白く縁取られている。...
出水あり 勢いしばし 見とれおり 濁流である。自然の力は恐ろしい。川の流れの激しさに、しばらく見とれていた。
万 緑 の 雫 も た ら せ 棚 田 ま で ばんりょくの しずくもたらせ たなだまで ダムに水が少ないと聞けば、いちばんに心配になるのは、棚田の田植えと苗の成長でしょう。 大規模な機械が入らないから、すべて手植えで植えたものです。 雨が降って、充分に潤いますように。 これ以上仕事が増えませんように。 この夏の暑さはひとしおだと聞きますから。...
放生会 鳥居の上の 秋の空 放生会の行われるはこざき宮の鳥居は、確か三つも四つもあります。 海のそばから、お宮まで道路をわたって、参道が続きます。 どの鳥居の上にも、おんなじ真っ青な秋の空です。 放生会は夜もいいけれど、昼間も感動的なのです。 もっとも海は遠くなって、見えなくなりました。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.