逆 縁 と わ ず か に な ら ず 忍 冬

ぎゃくえんと わずかにならず すいかずら

スイカズラは、初夏に咲く甘い香りの白い花で、くるくる曲がったおもしろい形が特徴です。

はじめの頃は真っ白い花で、だんだんと色が濃くなって黄色になってしまいます。

冬も青い葉をつけたままであることから、「忍冬」と書かれるようになったとか。

逆縁とは、親より先に子どもが逝ってしまうことです。

親の悲しみの大きさゆえに、古来からこのような言い方をしたのだと、わたしの勝手な考えです。

親を見送って、半年ほどしてみまかったのです。

寂しくてならないのですが、そのことだけはよかったのかもしれません。

この句も読まれています。

ネジ巻いて 思い出かじる 秋の芋 消化不良の思い出を持て余している。両親とも死んだ。 共有する人は誰もいない。 あのまだ幸せだった頃の、懐かしくてたまらない話を聞いてくれる人は誰もいない。 そんなもんかな。 しょうがないんだろう。 iPhoneからの投稿...
箒木は 龍宮城の花となる 箒木は、夏には緑のかわいらしい木です。 秋になると、ふんわり色がついて、あかあくなるのです。 龍宮城には、こんな木がたくさん、ゆらゆら揺れて、鯛やひらめが泳いでいると思うのです。...
朧 (おぼろ) の 夜 遭 う ( あう ) 人 の あ り 去 る 人 の あ り... ”朦朦朧朧隱隱約約” / 寧 Serenity / SML.20130203.EOSM.01610 / See-ming Lee 李思明 SML いつ誰に遭うのか、思いもかけない別れがくるのか、誰も知らない。つい最近といっても、2ヶ月半くらい前、残念な別れがあった。もっと話したかったのに、穏やかで...
盆 唄 の 上 が り 下 が り を 来 し 方 に... ぼんうたの あがりさがりを こしかたに 田舎の盆踊りほど、伝統そのもので、盆唄は難しいと言われます。 向こうの世界から帰り来る先祖の霊を慰め、これを送るために、こちらの世の者が、集って唄い、また踊ります。 盆踊りです。 地域によって、歌う唄も振りも異なるとのことです。 土地の歴史や、ときには武勇伝...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください