逆 回 り 賽 の 河 原 の 風 車

さかまわり さいのかわらの かざぐるま

この世とあの世を分ける三途の川。
その河原が、さいのかわらと呼ばれています。
河原の石を積み上げて、一定の高さにしなければいけないのだけれど、あるところまでいくと、鬼が来て壊してしまうそうです。

カザグルマは、水子もしくは幼くして死んだ子供の魂を慰めるため、賽の河原に突き立てられるものだと聞いています。

ところが見たところ、後ずさりするほどおそろしく、供養とは程遠い気がしてなりません。
苦しみから解放されないままの人々が、そこらじゅうのたうちまわっているようで、カザグルマは好きになれません。

この句も読まれています。

筑 後 川 瓜 の 酒 粕 漬 け 本 番 ちくごがわ うりのさけかすづけ ほんばん 清酒の里。 久留米市城島町。 毎年、若い瓜を収穫し、酒粕に漬け込んでなら漬けが作られます。 一般によく見られる、濃くて赤っぽい茶色の少し甘い奈良漬けとは、ぜんぜん違います。 酒粕の匂いが強く、好みによって、早く上げれば浅い味、古くなればそれなりに濃い味に...
ち ち ろ 虫 自 分 は 自 分 比 べ ず ば... エンマコオロギ / omoon 人と比べない。あたしはあたし。 人生は、人それぞれ。とりあえ ず流れのままに、漂ってみよう と思う。あたしは、なんでもす ぐに人と比較して、羨ましがる 悪い癖がある。すべては心のも ちようひとつ。そこを間違うと 幸せを取り逃がしてしまう。危 ないところだった。きのうと...
葉桜の 日々たくましく 雄々しかり 花の終わった桜の変貌はすばらしい。 花蕊の付いた薄紅いとき、若葉のとき、そして五月に入り薄緑から深い緑に、柔らかい若葉は 硬い葉に成長する。もう誰も見向きもしないし、一面に雑草が生い茂るが、ものともしない。...
針 無 し の ホ チ キ ス 買うて 春 う ら ら... はりなしの ほちきすこうて はるうらら もう随分前に売り出されて、珍しくて、なんども閉じたり、バラしたりして、仕組みを楽しんだものです。 文房具屋さんで、皮細工用のカッターと、カシメとカシメ打ちの道具を買いに行ったついでに、ようやく世間に遅れること数年で、この魅力的なホチキスを我が物にしました。 ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください