逆 回 り 賽 の 河 原 の 風 車

さかまわり さいのかわらの かざぐるま

この世とあの世を分ける三途の川。
その河原が、さいのかわらと呼ばれています。
河原の石を積み上げて、一定の高さにしなければいけないのだけれど、あるところまでいくと、鬼が来て壊してしまうそうです。

カザグルマは、水子もしくは幼くして死んだ子供の魂を慰めるため、賽の河原に突き立てられるものだと聞いています。

ところが見たところ、後ずさりするほどおそろしく、供養とは程遠い気がしてなりません。
苦しみから解放されないままの人々が、そこらじゅうのたうちまわっているようで、カザグルマは好きになれません。

この句も読まれています。

夾竹桃 激しい気性は 継母か 夾竹桃が、暑い中咲き誇っているのをみると、苛められた継母と重なります。
鬱(うつ)として 坊さんの本買う 夏来たる... わたしの職場では、一番経験が浅いのはわたし。一番年上もわたし。したがって、理不尽な思いをすることがとても多い。逆らえないから我慢する。そんな言い方があるかと思うことも度々。なんか自分をおさめるために、本を買ってしまった。小池って坊さんが書いた「しない生活」。ベストセラーだけあって、なかなかいいこ...
蟇 穴 を 出 や や こ し き は 後 回 し... ひきあなを でややこしきは あとまわし ヒキガエルは、短い足、幅広いアタマを持つ大型のカエルです。 見かけによらず、眼の後ろや皮膚やあのイボにも毒を持つそうです。 体温を外気温と同じにして、仮死状態で冬眠する両生類です。 その冬眠中のヒキガエルが、春になって土の中から出てきます。 もともと動きが鈍...
秋 の 蝉 力 強 き に 驚 け り 蝉 / norio_nomura 盛りは過ぎた。余命幾ばくもなかろう 蝉が、意外としっかりと鳴く。夏の盛 りとひとつも変わらない。今ある命を ていねいに、まっしぐら。頑張れ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください