逆 回 り 賽 の 河 原 の 風 車

さかまわり さいのかわらの かざぐるま

この世とあの世を分ける三途の川。
その河原が、さいのかわらと呼ばれています。
河原の石を積み上げて、一定の高さにしなければいけないのだけれど、あるところまでいくと、鬼が来て壊してしまうそうです。

カザグルマは、水子もしくは幼くして死んだ子供の魂を慰めるため、賽の河原に突き立てられるものだと聞いています。

ところが見たところ、後ずさりするほどおそろしく、供養とは程遠い気がしてなりません。
苦しみから解放されないままの人々が、そこらじゅうのたうちまわっているようで、カザグルマは好きになれません。

この句も読まれています。

凌 霄 (のうぜん) や 盛 り の 朝 に 人 の 逝 く... ノウゼンカズラ / zamojojo ノウゼンカズラの勢いには気圧される。 夏の盛りに、勢いよく立ち昇り、昇り きって空を掴むと、なだれ落ちる。 今日も暑くなるだろう。 こんな朝に、あの人は逝った。こんな 朝に。...
百八つ 煩悩の渦 除夜の鐘 なかなか素敵な人間になれない。 まず、やさしく、次にいい意味できちんとした人間になりたいのですが、 なんか頑張っているのに、悪い人間じゃないのに、 いまいち信用されてない。 来年は、もっと考えてしゃべるようにしよう。 おもいやりのない発言を、ちょろっとすることがあるみたい。 気をつけよう。 過去の恨...
蚊 遣 焚 く 煙 の 流 れ 定 ま ら ず 風上に置こうとしているのだけれど、煙はふらふらと向き定まらず。日曜日は朝から蚊取り線香。
台風の 進路になりたき 心地もす 子供のころから台風が好きです。用もないのに、玄関の外に出て、一瞬激しい風と雨に打たれたりしました。地響きのするような豪雨で、すべてを洗い流せるような気がするのです。人には言いません。「それてよかったですねえ」と言います。あたしは今失業中です。部屋の中を大掃除中です。台所も、押入れも。断捨離実行中です...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください