逆 回 り 賽 の 河 原 の 風 車

さかまわり さいのかわらの かざぐるま

この世とあの世を分ける三途の川。
その河原が、さいのかわらと呼ばれています。
河原の石を積み上げて、一定の高さにしなければいけないのだけれど、あるところまでいくと、鬼が来て壊してしまうそうです。

カザグルマは、水子もしくは幼くして死んだ子供の魂を慰めるため、賽の河原に突き立てられるものだと聞いています。

ところが見たところ、後ずさりするほどおそろしく、供養とは程遠い気がしてなりません。
苦しみから解放されないままの人々が、そこらじゅうのたうちまわっているようで、カザグルマは好きになれません。

この句も読まれています。

筑 後 川 こ の 日 こ の と き だ け の エ ツ... DSC_2788 / gtknj 年に一度、エツを食べに行くのは、グルメや観光ではないのです。 なんというか、大事な行事、このさき一年、そんなに悪いことがおきませんように。 一人で決めた神事のような気持ちです。...
忘 れ よ う 水 枯 る 夜 の 果 て の 夢... 夢というのは不思議なもので、登場人物は実在 もしくは既に逝った人たち。 知らない人ではない。 話は、脈絡があったりなかったり。 思い出したくないことや、今さら言ってもしょうがないことも。 起こるはずもない夢のような楽しいことも、平気で起こる。 今さらあるわけないじゃないの。 今さら逢えるわけないじゃ...
蚊遣香 雨の雫の 来ぬ先へ 縁側まで雨が烈しい。 雨のかからぬぎりぎりのところに、蚊取線香を置く。 金鳥がいい。
蒲( がま) の 穂 も 波 立 つ 沼 の 中 之 島... がまの穂綿にくるまれば、兎はもとの白うさぎ。 因幡の白兎に登場する蒲。 最近はとんと見かけなくなった。 沼地が少なくなったせいか。 あの愛想のない茶色の植物が大好きで、ありそうなところでは探すのだけど、なかなか見つからない。 以前はあった所からも姿を消しているところが多い。 沼はできれば埋め立てない...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です