逆 回 り 賽 の 河 原 の 風 車

さかまわり さいのかわらの かざぐるま

この世とあの世を分ける三途の川。
その河原が、さいのかわらと呼ばれています。
河原の石を積み上げて、一定の高さにしなければいけないのだけれど、あるところまでいくと、鬼が来て壊してしまうそうです。

カザグルマは、水子もしくは幼くして死んだ子供の魂を慰めるため、賽の河原に突き立てられるものだと聞いています。

ところが見たところ、後ずさりするほどおそろしく、供養とは程遠い気がしてなりません。
苦しみから解放されないままの人々が、そこらじゅうのたうちまわっているようで、カザグルマは好きになれません。

この句も読まれています。

観賞用 洗いの鯉の 運命(さだめ)かな... 同じ店に買われて、山の湧き水を引いた池に泳ぐ、観賞用の鯉と、料理される鯉に、どれほどの違いがあろうか。 特に色が綺麗なわけでもなく。 人間とおんなじ。 人の努力とは違う次元で、運命は決まる。...
初蝶は キャベツ畑に 見え隠れ ちらちらというか、陽が当たるときらきら輝く、輝きながら飛ぶというわけでもない。 なんというか、つまみ食いしながらというか、そんな飛びかた。 イモムシはキャベツを食べるだろうが、 蝶は、いったいなにを食べているのだろう。...
のうぜんの 花華やかに 首ぽたり のうぜんかずら…つる性のオレンジの花の咲く植物で、夏に咲きます。 とても美しいのですが、散り方があまりに愛想がないのです。 首からぽたりとおちます。 下には大量のオレンジの首が落ちてたまるのです。...
ど ん ど 焼 き 二 日 掛 か り に 竹 を 組 み... どんどやき ふつかがかりに たけをくみ 小正月の火祭りのことです。 神社の横を通りがかったら、もう大きな青竹が何本も組み立てられ、いつ始まってもいい緊張感。 子どもの頃なら、興奮して友だちを誘って周りをウロウロし、怒られてただろうと想像します。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください