軽石の 紅葉(もみじ)丼(どんぶり)で 水を吸い

握りこぶし二つくらいの大きさの軽石に、もみじの子どもを植えた。もう去年のこと。冬の間放っておいたのが、芽を出しているのに気づいた。枝ぶりもなかなかかっこいい。軽石とマッチして、日本的な風情。朝晩水をやってもやっても足りなさそうなので、とうとう丼に水をいれて、軽石ごと漬けた。いっぱい水を吸って、根をしっかり張って、葉を茂らすところを見たいものだ。

この句も読まれています。

水 落 ち て 寒 鮒 釣 る や 白 秋 忌 北原白秋。 現在の福岡県柳川市生れ。 近代の日本を代表する詩人であり、詩、童謡、短歌、新民謡、数々の校歌、そして「城ヶ島の雨」 柳川の海産物問屋、(当時は主に酒造を業としていた) に生まれ、伝習館中学在学時成績下落のため落第。 この頃より詩歌に熱中、上京早稲田大学英文科予科入学。 類稀なる才能を発揮...
片蔭に信号待ちなら ありがたし 暑い盛り、日陰に入ると、ほっとします。 長い信号待ちなら、なおさらです。
孤雲孤雲 冬の木立に 羊雲 はぐれたみたいな羊雲 木にひっかかったような、こんな雲が冬にもあるらしい。 たよりない、きれっぱしみたいな雲を見つけました。...
表 札 に 尺 八 教 室 花 柘 榴 ひょうさつに しゃくはちきょうしつ はなざくろ もうずいぶん前から、「尺八教えます」の看板が掛かっていることは知っていました。 ただこの節、特に民謡に目が向けられることはなく、尺八の音を漏れ聞くこともありません。 看板は色が褪せてきました。 その代わりというのも失礼ですが、ザクロの木が大きく...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください