軽石の 紅葉(もみじ)丼(どんぶり)で 水を吸い

握りこぶし二つくらいの大きさの軽石に、もみじの子どもを植えた。もう去年のこと。冬の間放っておいたのが、芽を出しているのに気づいた。枝ぶりもなかなかかっこいい。軽石とマッチして、日本的な風情。朝晩水をやってもやっても足りなさそうなので、とうとう丼に水をいれて、軽石ごと漬けた。いっぱい水を吸って、根をしっかり張って、葉を茂らすところを見たいものだ。

この句も読まれています。

梅 雨 の 月 上 が れ ば ひ と り な お 寂 し... つゆのつき あがればひとり なおさびし 梅雨の夜に月は要らない。 力のない、薄ぼんやりしたお月さまを見ると、余計に寂しくなるのが不思議です。 音楽があってなお、月が出てなお、励まされてなお、寂しさが増すことはあるのです。...
転勤の 挨拶のあり 花の雨 サラリーマンに転勤は避けられない。 喜ばしいもの、そうではないもの。 なんであいつが評価が高いと、おさ まらない怒りが込み上げることもあ るだろうけど。そんなときもある。 人事なんて、人間がするもの。公平 であるわけがない。そう腐りなさん な。行った先で、なんか楽しみを、 小さな楽しみを見つけること...
奈良漬の あとに蕪(かぶ)など 漬ける秋... 酒蔵で今年の奈良漬を買った。酒かすの中に奈良漬がほんの一枚半。酒かすがいっぱい残ったので、もったいなくて蕪をスライスして漬けたら、結構おいしかった。損したような得したような。...
鉛筆を 持つ手冷たし 掃く息白し わたしは拙い俳句もどきを書くとき、 パソコンの前では、かけません。 布団の中で書きます。 断熱材が入ってないのか、薄いのか、 とても寒いのです。 時々手を布団の中に入れて、 暖め直しながらでないと、 冷たくて書けません。 はく息も白い。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください