軽石の 紅葉(もみじ)丼(どんぶり)で 水を吸い

握りこぶし二つくらいの大きさの軽石に、もみじの子どもを植えた。もう去年のこと。冬の間放っておいたのが、芽を出しているのに気づいた。枝ぶりもなかなかかっこいい。軽石とマッチして、日本的な風情。朝晩水をやってもやっても足りなさそうなので、とうとう丼に水をいれて、軽石ごと漬けた。いっぱい水を吸って、根をしっかり張って、葉を茂らすところを見たいものだ。

この句も読まれています。

雁 の 棹(さお ) 躊 躇 ひ (ためらい) の な き わ け も な し... 雁は団体で行動する渡り鳥。 まるでさおのように一直線で、高い秋の空を行く。 これから長い長い旅に出る。 傷つくことも、病に倒れることもあろうが、もう見切り発車。 親はどうした。 子どもはどうした。 たとえそれが性であっても、大きな試練にちがいない。...
氏神が 居ると言われて 拝む夏 神様なんて、考えたこともないけど、いるのかもしれない。 けっこう残酷なことなします。神様は。
蟇 穴 を 出 や や こ し き は 後 回 し... ひきあなを でややこしきは あとまわし ヒキガエルは、短い足、幅広いアタマを持つ大型のカエルです。 見かけによらず、眼の後ろや皮膚やあのイボにも毒を持つそうです。 体温を外気温と同じにして、仮死状態で冬眠する両生類です。 その冬眠中のヒキガエルが、春になって土の中から出てきます。 もともと動きが鈍...
厄がつく もらえぬそうな 人の雛 人形は、古くから「ひとがた」といって、 持ち主の受ける災いや病気や悪いものを代りに 引き受ける役目だそうです。 だから雛人形は、新品でなければならないそう。 古いものと並べて飾るのは、いいけど 代わりにしてはいけないとか。 おそろしい…   ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です