転 ぶ と は 棄 教 と 知 る や 寒 露 な り

ころぶとは ききょうとしるや かんろなり

バテレンとは司教のことです。

フェレイラというポルトガル出身の司教は、イエズス会から高い理想を持って日本に渡ってきたと聞きます。

その頃はすでに布教は困窮を極めており、日本語にすぐれていた彼は中心になって活動していたけれど、ついに長崎にて捕まりました。

穴吊りの刑、過酷な苦痛をもたらすものですが、事前になかなか死なないような処置、どんなものかわからないのですが、をされており、他の者はすべて転ぶことなく死を選んだけれど、フェレイラだけ耐えきれず棄教したとか。

以後は、転びバテレンとして、キリシタン取り締まりに当たらされたといいます。

同じ転びバテレンに、遠藤周作 「 沈黙 」のモデルとなったジュゼッペ・キアラがいるとのことです。

この句も読まれています。

冬 の 陽 を 絡 め 取 れ る か 塔 九 輪... 博多駅博多口から歩いても10分。 地下鉄祇園駅近くにある東長寺。 真言宗の寺院だそうで、別名「東長密寺」とか。 伽藍には本堂のほか、六堂、大仏殿、五重の塔などがあり、福岡藩二代目藩主黒田忠之公のお墓もあります。 大仏もあります。 地獄の道があり、闇夜の通路を通り抜けます。 結構、迫力あります。 最近...
栗 饅 頭 仏 に 捧 げ 月 仰 ぎ くりまんじゅう ほとけにささげ つきあおぎ 栗饅頭の亡くなった友だちの大好物でした。 太ることを気にしていた元気な頃の彼女は、「太るから」と言って、半分食べ、15分も経たないうちに「干からびるから」と言って、残りを平らげた。 本人は、理にかなった行動だと主張してやまない。 楽しい人でした。 ...
炎 昼 に 竹 笹 鳴 りて 風 少 し 微風だに感じることはできない。 ただ暑い。じっとしていられない。 歩いた方がましか。 なのに、竹笹は鳴る。 さわさわと涼しげな音をたてる。 高いところでは、もしかしたら、夏の終わりの風がふいているのかもしれない。 ただ蟻のように、地面を這いつくばる汗みどろのわたしには、とうてい見つけることは出来ない...
六 月 の 霊 園 動 か ぬ 傘 の あ り 雨の中、命日のお参り、そそくさと済ませ帰ろうとするところ、じっと佇む傘のあり。新しい仏様か。厳しい状況なのか。そんな日もある。そんなこともあった。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です