転 ぶ と は 棄 教 と 知 る や 寒 露 な り

ころぶとは ききょうとしるや かんろなり

バテレンとは司教のことです。

フェレイラというポルトガル出身の司教は、イエズス会から高い理想を持って日本に渡ってきたと聞きます。

その頃はすでに布教は困窮を極めており、日本語にすぐれていた彼は中心になって活動していたけれど、ついに長崎にて捕まりました。

穴吊りの刑、過酷な苦痛をもたらすものですが、事前になかなか死なないような処置、どんなものかわからないのですが、をされており、他の者はすべて転ぶことなく死を選んだけれど、フェレイラだけ耐えきれず棄教したとか。

以後は、転びバテレンとして、キリシタン取り締まりに当たらされたといいます。

同じ転びバテレンに、遠藤周作 「 沈黙 」のモデルとなったジュゼッペ・キアラがいるとのことです。

この句も読まれています。

椎 落 つ る 落 ち 葉 を 叩 く 雨 の ご と... しいおつる おちばをたたく あめのごと 落ち葉が降り積もった上に雨が落ちるとき、それは驚くほど大きな音がします。 何事か、ヒョウでも降ったかと思うくらいです。 シイの実は、ドングリくらい大きいです。 ちょっと細長い形です。 ぼたぼた落ちます。 ちょっと風が吹いたら、ぼたぼた落ちます。...
煩悩(ぼんのう)の 多くて鐘は つき止まず... 東長寺、順番に並んで、除夜の鐘をつかせてもらえる。 一人一回。煩悩はそれぞれに百八つあるという。 ついてもついても終わらない除夜の鐘は、整理券をゲットした160人がつくらしい。 そして経文で、しゃしゃっと払ってもらうと、穢れが落ちた気がして わたしのような人間でも、また一年を頑張ろうという気になるか...
息白く 庭砂利(にわじゃり)に見つけ さくら貝... 海で採った砂利だろう。小さなさくら貝を見つけた。こんなことで小さな幸せを感じることがようやく出来るようになった気がする。簡単なようで、これが結構むずかしい。どうでもいいような偶然や、ほんの一瞬の人との出会いや、交わした言葉をあとで思い返してふっと笑えることや、虹に出会ったこと、完璧な形のもみじをひろ...
ただ孤独 冬の空あり 波の立つ 冬の空、暗く低く,ときには冷たい風が吹きすさぶ。灰色の海には波がたつ。荒い波が繰り返し繰り返し押し寄せる。 ひとりだなあと思う。こんなところ来るんじゃなかったと思う。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください