転 ぶ と は 棄 教 と 知 る や 寒 露 な り

ころぶとは ききょうとしるや かんろなり

バテレンとは司教のことです。

フェレイラというポルトガル出身の司教は、イエズス会から高い理想を持って日本に渡ってきたと聞きます。

その頃はすでに布教は困窮を極めており、日本語にすぐれていた彼は中心になって活動していたけれど、ついに長崎にて捕まりました。

穴吊りの刑、過酷な苦痛をもたらすものですが、事前になかなか死なないような処置、どんなものかわからないのですが、をされており、他の者はすべて転ぶことなく死を選んだけれど、フェレイラだけ耐えきれず棄教したとか。

以後は、転びバテレンとして、キリシタン取り締まりに当たらされたといいます。

同じ転びバテレンに、遠藤周作 「 沈黙 」のモデルとなったジュゼッペ・キアラがいるとのことです。

この句も読まれています。

鬱々と 満面の笑み 梅雨半ば 鬱々と日を過ごしながらも、人には見えず。明るい人、楽しい人と言われる。誰もなんにもわからない。人を騙すなんて、わけないことかもしれない。み~んな馬鹿だ。...
不 如 帰 ( ほととぎす ) に 生 ま れ て 他 に 道 の な し... Banded Bay Cuckoo / SivamDesign こんな遺伝子を持って生まれた。 劣悪な生育環境で、努力はしたつもりだけれど、こんな人間になった。 わたしは、うぐいすのようになりたかった。 ほととぎすに、うぐいすになれったって、なれるわけない。 わたしは確信している。 今度生まれ変わ...
アスファルト 銀杏落葉の 走る走る... 博多駅の裏、オフィス街に立派な銀杏並木があります。今の季節は黄色の葉っぱがまるで桜がちるように、はらはらと散るのです。地面なら素敵な黄色い絨毯ができるのでしょうが、なんせアスファルト。落ち葉は落ち着くことができないのです。ことに今日のような風の強い日にはビル風に煽られて、あっちに走り、こっちに走りす...
兜 獲 り 買 ふ て く れ た り あ り が た ふ... かぶととり かうてくれたり ありがとう 装備万端。 虫籠、捕虫網、虫除けスプレー、夏帽子、タオル、麦茶。 意気揚々とご帰還。 虫籠には、立派なカブトムシが一匹と、樹の枝、葉っぱも。 子どもの絵日記は、喜びにあふれており、 「おとうさんと、カブトムシをつかまえにいきました。 かってくれてありがとう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください