走 り 梅 雨 神 社 に 墨 書 夫 唱 婦 随

はしりづゆ じんじゃにぼくしょ ふしょうふずい

いまどき「夫唱婦随」なんて。

皇室でもあるまいし。

飯塚市に納祖八幡宮という、歴史あるお宮があります。

其処での結婚披露宴に呼ばれたときに、見ました。

オトコの言うことを聞いていたら、道を踏み誤る。

お気をつけ遊ばせ。

新婦さま。

この句も読まれています。

雁 の 棹(さお ) 躊 躇 ひ (ためらい) の な き わ け も な し... 雁は団体で行動する渡り鳥。 まるでさおのように一直線で、高い秋の空を行く。 これから長い長い旅に出る。 傷つくことも、病に倒れることもあろうが、もう見切り発車。 親はどうした。 子どもはどうした。 たとえそれが性であっても、大きな試練にちがいない。...
鉛筆も 眉墨(まゆずみ)も研ぎ(とぎ) 大晦日... いろいろとちょこちょこ掃除した。 大したことはしてないが、それでも結構ゴミが出た。 鏡を拭いたり、化粧ポーチを洗ったり、鉛筆研いで ついでに眉墨も研いだ。 今年も辛かった。来年は少し休ませてくださいましな仏さま。...
蕾 な る も と よ り 菜 の 花 筑 後 川... スーパーで、今年初めて菜の花を見つけた。 蕾になるかならないかの若いもので ああもう春がそこなんだと気がついた。 見てはいないけれど、筑後川の堤防には、いま、一面の菜の花が咲く準備をしているのだろう。 去年、隣町の福祉センターのバザーで、こんな美味しいものがあるかと思うほどの、菜の花の漬け物を購入し...
柳に芽 河童(かっぱ)の皿に 堀の水 柳に芽が出た。まちがいなく 春が来た。柳川の掘割のちょ うど川下りの船が曲がるとこ ろ、小さな石の橋に向かうと ころに河童がいる。スルリと 潜って、皿の水を新鮮な春の 水に入れ換えたところ。きゅ うりをかじって、春の宴のま ッ最中。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください