赤 牛 の 眼 の 優 し か り 秋 時 雨

あかうしの めのやさしかり あきしぐれ

動物の眼は優しい。
猪やサバンナの動物は知らないけれど。
赤牛は、阿蘇の名産、いずれ肉牛として出荷されるだろうに。
穏やかな眼をしている。

この句も読まれています。

春日傘 焼いて射る陽の すさまじく... 春と言えども、日差しはまちがいなく夏のもの。 虫眼鏡で、焦点合わせて、焼かれているような気がする。
夜 書 き し 手 紙 は 出 す な 木 菟 の 鳴 く... よるかきし てがみはだすな ずくのなく 不思議と、手紙を書こうと思い立つのは夜が多い。 そのせいもあって、明るく楽しい文面にはなりづらいのかもしれません。 手紙は夜書くなとは、むかしからよく言われることです。 そもそも手紙を書くようになったら、終わり。 今はラインだけれど、あれもどうかなと...
行く春を 追うて流るる 筑後川 一級河川筑後川、ゆうゆうとうとうと流れる九州一の河川。鉄橋を渡る列車が行く。
地下鉄も 頭出しては 梅雨の雨 地下鉄がときどき地上に顔を出すところがある。景色が見えるとほっとする。暗いトンネルの中で、窓に映った自分の顔ばかり見ていては気がめいる。顔を出せば、普通の電車。雨にも打たれ、風も受ける。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください