赤 牛 の 眼 の 優 し か り 秋 時 雨

あかうしの めのやさしかり あきしぐれ

動物の眼は優しい。
猪やサバンナの動物は知らないけれど。
赤牛は、阿蘇の名産、いずれ肉牛として出荷されるだろうに。
穏やかな眼をしている。

この句も読まれています。

野 焼 き 待 つ 下 が れ下 が れ と 追 わ れ し も... のやきまつ さがれさがれと おわれしも 阿蘇の野焼きは壮大です。 はじめは、どこに火が点いたやらさっぱりなのですが、しだいに舐めるように走り出します。 煙はまだ見えません。 相当な時間を経て、ぐわっと燃え上がり、それは圧巻です。 危険のないよう、消防の方々の準備、ご苦労を思いつつ、ちょっと...
馬車道に 路線バス行く ずくし柿 開発をまぬがれたむかし道。 なぜか路線バスが通る。 神社があり、低い塀から、昔の納屋を車庫に使っているようすが見える。物干し竿には玉ねぎが下がっている。 取りそこなった柿が、じゅくじゅくに熟れている。 自転車が通ると、車は離合できない。 人が歩いても、車は離合できない。 じっと待つしかない。 iPh...
滲 み 易 す 梅 雨 の 夜 長 の 一 筆 箋... わたしは生来の悪筆である。 さらさらと見惚れるような、美しい、しかも感じのいい字を書く人が羨ましい。 もっと早く練習していれば、なんとかなったかもしれないけれど、ワープロ、パソコンが、世の中を席捲するようになり、そっちを覚えることに多大な時間と労力を費やすしかなかった。 ただそれではすまないことが、...
寒極む 胎児のごとく 丸くなる 寒い。布団に入っても、足先が冷えて、なかなか寝付かれず。 結局丸く丸く膝を抱えて布団の中で暖をとる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください