赤 牛 の 眼 の 優 し か り 秋 時 雨

あかうしの めのやさしかり あきしぐれ

動物の眼は優しい。
猪やサバンナの動物は知らないけれど。
赤牛は、阿蘇の名産、いずれ肉牛として出荷されるだろうに。
穏やかな眼をしている。

この句も読まれています。

お の お の に 覚 悟 の あ る や 雁 渡 る... けがはないか。 体調は万全か。 家族は揃ったか。 渡り鳥が、どんな心境で、長い旅に出るのか知ることはないけれど、鳥といっても、それなりの準備や覚悟はするのではないか。 とにかく長旅である。 余計なお世話です。...
ああ、これも 桜か宵の 散歩道 思わぬところで桜を見る。気にもかけなかった木が桜の花をつけている。どうでもいいけど、ちょっとびっくりする。...
三 百 の つ づ ら 棚 田 に 水 巡 る 昔のひとの知恵だろう。 竹を切り、縦に割って、樋にして、水を流す。 そうやって、段差の激しい棚田の隅々まで、水を行き渡らせる。 作って、設置角度や方向を見ながらやるのだろう。 時間のかかる、手のかかる労力の限りを尽くすたいへんな仕事だろう。 しかも一軒だけでは、どうにもならない。 三百もある棚田に、...
花冷えや 温泉街(おんせんまち)の 裏階段... 温泉が好きで、温泉の街が好きです。 路地の奥まで、ゆで卵のような硫黄の匂いがします。 地元の人は、街の銭湯へ行くそうです。 家に温泉を引いているところもあるらしい。 はじめは小さかったであろう温泉旅館が、建て増し建て増しで、おかしな風に巨大化しているのを外から、内から見るのも好きです。 道も迷路のよ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください