言うたこと 戻せはせぬか 夏大根

しまった。余計なこと言ってしまった。
いくら後悔しても、言っちゃったもんは、もうしょうがない。
まったく、馬鹿じゃない。
忘れよっと。

この句も読まれています。

立ち話 蚊遣りの香(こう)の 欲しき宵... 夏の井戸端会議には、蚊取り線香が必須かも。 足をばたばた叩きながらの、立ち話は大変そう。
春 の 雨 樹 々 潤 し て み も ざ 打 つ... はるのあめ きごうるおして みもざうつ 春の雨です。 雨はあられに変わったようです。 多くの樹々の栄養になったには違いないのだけれど、満開のミモザには痛手かもしれない。 降るような黄色の花が、どうかしばらくそのままでいますように。...
帰り花 何を思うて 狂い咲き 春に咲く桜がなんで今頃、時期を逸したものは、奇異に感じる。 秋のたけのこみたい。 人間も狂い咲きはいけない。...
筍に 吟醸酒あり 風薫る t筍を薄味の醤油で煮たものと、二日市の玉出泉の吟醸酒があれば、ほんのひとときの幸せ ああ、これで今日は生きてるって一瞬。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください