言うたこと 戻せはせぬか 夏大根

しまった。余計なこと言ってしまった。
いくら後悔しても、言っちゃったもんは、もうしょうがない。
まったく、馬鹿じゃない。
忘れよっと。

この句も読まれています。

もろもろの 不安の雲の 湧き上がり... まるで入道雲を早送りで撮影したみたい。 あれもこれも考え出したらきりがない、止まらない、眠れない。 よかったらクリックください。励みになります。...
雁渡る 過ぎし一夜の なんとも浅し... 楽しかったあの一夜が、20年経っても忘れることのできない宝が、 あの人にとっては、つまらないというより、とるに足らない、思い出にもならないものだったなんて、 あたしはやっぱり馬鹿だ。...
リ ハ ビ リ の 靴 合 わ せ す る 春 隣... W363. / MIKI Yoshihito (´・ω・) 麻痺のある方の足には、装具をつけなければならないこともある。装具を着ければ、靴は、ワンサイズいえ、もう少し大きなものが必要になる。靴底も特別誂えになる。なんとなく気の重いオーダーメイドである。長い冬が過ぎて、ようやく春になる。重い心はあま...
家 解 き て 後 ( あと ) に 躑 躅 (つつじ ) と 石 臼 ( いしうす ) と... むかしはご近所、親類大勢で餅をついたのでしょうか。 門扉の一部だったであろう石垣や、つつじが残され、重すぎてどうしようもなかったのか、ころんと転がされた石臼。 いずれは片付けられ、マンションか駐車場にでもなるのでしょうか。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください