言うたこと 戻せはせぬか 夏大根

しまった。余計なこと言ってしまった。
いくら後悔しても、言っちゃったもんは、もうしょうがない。
まったく、馬鹿じゃない。
忘れよっと。

この句も読まれています。

落ち葉掃き 万色の蔦(つた) 散り敷いて... 色とりどりの刺繍のように色づいて、 掃くはしはら、もう散っている。 道に散るもよし、水に落ちるものよし。...
大宰府の 泥田の中の 花菖蒲 よくまああんなきたない沼みたいな池に、毎年咲くこと
気 が か り は 春 愁 と 言 ふ ひ と く く り... 小さな心配は、水を含んだ海綿のように膨らむ。 何が変わったわけでもないけれど、このだるさはなに? そろそろ花粉症・・・?...
日 脚 ( ひあし ) 伸 ぶ 耳 の 掃 除 の 手 元 ま で... 社長の耳掃除 / sawamur 陽の当たる縁側で、耳を外に向けて、光を頼りに、耳掃除。わたしは、なかなか上手だと思う。ただし、徹底的、耳かきとピンセットも使う。膝の上ではない。座布団の上。アタマをぐいぐい回されながら、「よし、終わり」と言われるまで、動いてはいけない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です