言うたこと 戻せはせぬか 夏大根

しまった。余計なこと言ってしまった。
いくら後悔しても、言っちゃったもんは、もうしょうがない。
まったく、馬鹿じゃない。
忘れよっと。

この句も読まれています。

我などを 慕う人あり ちまきもて こんな私でも、元気にしてますかといってくれる、前の仕事の後輩が一人いる。 料理がうまく、中華ちまき作ってくれた。 意外なこと。 この人は一生の友達と思っていた人からは、なんの連絡もない。 同性ならこっちが好きなくらい、相手からも好かれていると自信があったのに。 意外と私は嫌われていたのだろう。 おめ...
暖 鳥 放 つ 優 し さ つ ひ と 見 え ぬくめどり はなつやさしさ ついとみえ おそらくハヤブサやクマタカのことだろうと言われている、仮想季語です。 猛禽類が、捕らえた小鳥の体温で、自分の身を暖め、翌朝になると、その小鳥を放してやるという話があります。 そして、小鳥の飛び去った方向へは、その日は狩りに行くことはないといいます。 こ...
「 累 犯 障 害 者 」 ( 1 ) ... 2006年1月7日未明、JR下関駅が炎に包まれた。 木造二階建ての駅舎は20メートルにも及ぶ火柱が立ち、消防車24台の懸命の消火活動もむなしく完全に燃え落ちた。 幸いなことに未明の火事のため死傷者は出なかった。 本州と九州を結ぶターミナル駅の焼失は、交通機関をまひさせた。 新聞各紙はこぞって、ひと...
忠霊塔 夏陽の影の 長く曳き(ひき) 夏は真っ盛りを過ぎ、暑さはそのままに、 季節は少しずつではあるが、移ろう。 忠霊塔の大きな石は、長い長い影を、 となりの中学校の校庭まで、引っ張られるように 精いっぱい伸ばしている。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください