言い足らず 説明しすぎて 余寒かな

言葉はむずかしい。説明が足りず誤解され、
説明が過ぎて誤解され、後悔することする
ことしきり。電話ではなお。そうやって
苦手意識が育つ。時間をおいて、少し距離
をとって、仕切り直し。深呼吸。

この句も読まれています。

あれほどの 人も驕る(おごる)か 秋時雨(あきしぐれ)   ... n人間って、調子のいいときは図に乗るものです。あたしみたいな愚か者は。と思っていたのですが、私だけではないようです。人生がうまくいっているときって、ほとんどみんな調子に乗って、人の気持ちに鈍くなるみたいです。あんなに思いやりのあった人が、ふつうのひとになってしまっていることに、がっかりしました。そう...
雨 打 ち て 蛍 袋 や や や 傾 ぎ あめうちて ほたるぶくろや ややかしぎ ホタルブクロ。 キキョウ科の多年草。 先が開いた袋のような、とてもかわいい形をした花が、ひとつの茎にお行儀よく並んでいます。 色はムラサキ系で、白に近いものからさまざまです。 花のひとつひとつに、なにか小さな、いいことが入っているかのようです。...
冬 芒 下 ろ し の 風 に 傾 き て ふゆすすき おろしのかぜに かたぶきて ここまで、ススキ一色とは。 細い川を挟んで、両岸の広い広い土地は、まったく手付かず。 ススキに覆われ、高い山から吹き下ろす風は強く、毎日毎日、朝から晩まで吹いているものだから、大きく反対方向に傾いています。 白い穂が斜めに斜めにかしいで、風の強さを知ら...
狐 火 や 骸 は 土 に 馴 染 み し か きつねびや むくろはつちに なじみしか 山野や墓地に青白い炎がちらつく現象を、狐が口から吐く火だと古代の人間は見ていたと聞きます。 原因は、人骨や獣骨のリンが微光を放つものと辞書にはあります。 実際にキツネは冬に活動が活発にになります。 それに、稲荷信仰が重なったと考えられています。 今と...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください