言い足らず 説明しすぎて 余寒かな

言葉はむずかしい。説明が足りず誤解され、
説明が過ぎて誤解され、後悔することする
ことしきり。電話ではなお。そうやって
苦手意識が育つ。時間をおいて、少し距離
をとって、仕切り直し。深呼吸。

この句も読まれています。

春 朧 必 ず 垂 れ て 醤 油 差 し はるおぼろ かならずたれて しょうゆさし 新しいのに。 最後の一滴が必ず垂れる醤油差し。 買うときに試すわけにもいかず、カタチや模様が気に入って買い求めたものです。 がっかりです。 春はおぼろ。 ようやく寒を抜けて、世間はサクラの話題しきりです。...
大 鯉 も 神 を 讃 へ ん 初 詣 おおくすも かみをたたえん はつもうで 神社の池には、緋鯉はもちろん、池の主のような黒い大鯉がときには悠然と、ときには石の陰に頭を突っ込むようにして住んでいます。 正月ともなれば、何もかもが霊験あらたかに見えるもので、大きなクスノキ、白い砂利、そして鯉までもが神の使いのように感じるものです。...
冬木立 深い孤独に 身を寄せて すばらしかった秋の紅葉ももうお終い。すっくと立った大木はもうすっかり葉を落として、枝の先まで見通せる。寂しいと思うことがある。さみしさには強いつもりだけど、ときどきどっと来る。だからってどうしようもないんだけど。...
お買い上げありがとうございます 先日より、ミンネに出展しておりました、手づくり作品をお買い上げいただきました。 今後とも、研鑽を重ね、良いものを提供できますよう努力して参る所存です。 ご愛顧のほどよろしくお願いいたします。 小さな物でも、慣れないこともあって、時間がかかります。 小さな縫製工場を一人でやっている気分で、結構楽しん...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください