親 に 子 に 手 こ ず り 炎 天 燃 え 盛 る

おやにこに てこずりえんてん もえさかる

スーパーの文具売り場のとなりは、オモチャ売り場です。

オモチャらしいオモチャは売れている気配はなく、ゲーム機のようなもの、ゲームとおぼしきソフトばかり。

トランプでババ抜きなんて遠いむかし話。

あんなに口やかましかった親が、テーブルの上に置いたものだけでなく、冷蔵庫のナマ肉に大量の砂糖をかけて食べていたのを知って力が抜けました。

大切にしているテーブルを保護するために、何十枚の新聞紙を敷き詰め、すぐ隣で電気ストーブを付けます。

評判のいいホームに申し込みをして、待つこと数年、ようやく順番が回って来たら、行かないと言いはります。

青空が目にしみる。

アタシはひとりになりたい。

この句も読まれています。

寒の鯉 身じろぎもせず 今日を遣る(やる)... ただ今日をやり過ごすこと、それだけ。 大きな体、川べりの草むらにじっとしている。 風格さえ感じる。
もっこうの 薔薇こぼれ降る 春さなか... モッコウ薔薇つるバラ、白もあるらしいが、黄色をよく見る。小さな八重のバラが鈴なりにまるで盛り上がったように、溢れんばかりに咲き誇る、というか花が小さいので、咲き誇るというより、咲き乱れるというより、溢れ咲くというかんじ。かわいい花で、一年のうちほんの十日間くらい咲く。...
電 車 行 く ホ ー ム の 椅 子 の 春 の 月... 慣れ親しんだ駅なのに、北口が出来、迂回が必要になり、通路は延びてちょっと迷ってる間に電車は出てしまった。 しばらくは来ない。 ベンチに座って待つことにする。 ホームの屋根と壁一面の看板の隙間に春の月。 寒いとはいえ凍てつくほどでもなく、ほっかりした月を見ながら時間をやり過ごす。 季節やお天気、時間そ...
沈丁の 香に押されつつ 出勤し 新しい職場です。何回も何回も職安に行き、やっと見つけましたの。今日が初出勤。ちょっと大げさに言い過ぎたかな できると思われたらやばいなΘいろいろ考えたら、ちょっと気重。どうかいじめられませんように。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください