親 に 子 に 手 こ ず り 炎 天 燃 え 盛 る

おやにこに てこずりえんてん もえさかる

スーパーの文具売り場のとなりは、オモチャ売り場です。

オモチャらしいオモチャは売れている気配はなく、ゲーム機のようなもの、ゲームとおぼしきソフトばかり。

トランプでババ抜きなんて遠いむかし話。

あんなに口やかましかった親が、テーブルの上に置いたものだけでなく、冷蔵庫のナマ肉に大量の砂糖をかけて食べていたのを知って力が抜けました。

大切にしているテーブルを保護するために、何十枚の新聞紙を敷き詰め、すぐ隣で電気ストーブを付けます。

評判のいいホームに申し込みをして、待つこと数年、ようやく順番が回って来たら、行かないと言いはります。

青空が目にしみる。

アタシはひとりになりたい。

この句も読まれています。

熱燗や 喉通り過ぎ 暫し(しばし)の幸... 熱燗の季節。わたしは、生ぬるいより、熱々が好きです。 喉を熱燗が通り過ぎるとき、しばしの幸せを感じます。 まともなら、幸せなんて、縁のないこと。 ただこの一瞬くらいは、全てを忘れたい。 単純なのかな。でもこれは生きる術。...
藁 を 編 む 鍋 敷 き を 置 き ひ と り 鍋... わらをあむ なべしきをおき ひとりなべ ナガタニエンという名前の蒸し鍋を購入しました。 陶製で、中にやはり陶製の、蓮の実のように、たくさん穴が開いたお皿が付いています。 お湯が沸騰すれば、その穴から激しく蒸気が出て、あっという間にセットした肉や野菜を蒸した状態にします。 油は下に落ちます。 ...
停 留 所 欅 (けやき) 落 ち 葉 に 染 ま る ま で... 街中の紅葉 / s.sawada 大きな欅の木が紅葉し、色づいた葉っぱがはらはらと舞い落ちる。秋真っ盛り。赤に黄色に舞い落ちて、真下にある路線バスの停留所はバス停のマークもベンチも、その隣の郵便ポストも紅葉色。細い道ながら、バスが通る。追い抜きはできない。バスのお客が乗り降りする間は、辛抱強く待たな...
網の目を やっと抜け出し 狐の剃刀... すみっこのすみっこのみんな忘れたようなところで、ひとり悪戦苦闘しているような、 人なつっこい花です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です