西 郷 の 泊 ま り し 宿 に 檀 の 木

さいごうの とまりしやどに まゆみのき

まゆみの木、秋に紅葉と赤い実を楽しめる庭木として、流行したと聞きますが、現在見ることは少なく、庭に植えているところはほとんどないと聞きます。

この句も読まれています。

稲妻か 姿の見えぬ 遠花火 むかしは、音は聞こえぬ遠花火があったものですが、 近頃は、高い建物が増えて、音は聞こえるが姿の見えぬ遠花火ばかり どこかで雷がなっているかと思うこともあります。...
生 家 な れ こ だ わ り 捨 て よ 九 月 尽... せいかなれ こだわりすてよ くがつじん 九月尽、九月の最後の日。 家にはそれぞれ、長いにしろ短いにしろ歴史があって、生まれ育った家ならばなおのこと、思い出、もう亡くなった人と過ごした思い出も含めて、大切な場所です。 代が変わり、住む人が居なくなり、空き家を放置することもなにかと煩いし、危険でも...
磯の香の 強し黒海苔 炙る(あぶる)とき... 寿司用の海苔を、軽く炙って、おにぎりを包む。 パアーッと磯の香りが広がる。 春が近いと感じる。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
リ ッ プ サ ー ビ ス せ ぬ と 決 め て 沈 黙 炎 暑 か な... 44/365 - 11229days / yamataka 余計な気を遣うのはやめようといつも 思うのだけれど、わたしは沈黙が苦手 で、ついひとことふたこと喜ばすよう なことを喋ってしまう。もうこんなヤ ツに気は遣わない。向こうが平気なの に、わたしがおろおろすることなどあ ろうか。時計の音が、じ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください