衰 へ の ひ と つ ふ た つ を 忘 れ 霜

おとろえの ひとつふたつを わすれじも

人の老化は、ある日突然やって来るわけではありません。

ただ、それが本人には到底分かるものではありませんが、周囲の人が気がつくのはある日突然です。

そして身内がそれに気づくのは、ずっとずっとときが経ってからです。

「えっこんなだったっけ 」と一瞬呆然とするわけです。

たとえば、約束を大きく勘違いしていることに気づいたり、今までクルマを駐車場のどの辺りに停めたか、迷うことがなかった人が、死ぬほど歩き回って探したり。

急に攻撃的なことを言ったり。

大丈夫かと心配になるけれど、言うわけにもいかず、そうこうしているうちに進むのかと思うととてもさみしい。

大切な相談相手なのに。

この句も読まれています。

春障子 古書に購入 年月日 誰が買ったものか。岩波文庫のもう 色の変わった文庫本。遠いむかし、 話題になった本を、安くなってから 買ったのだろうか。この本で、わた しは人生を見たような気がした。一 番の愛読書になった。古い押入れを 掃除しなかったら出会わなかった本 「雁の寺」。それから「飢餓海峡」 を読み、映画を見て、すっかり...
梅雨寒に 珈琲店の 器抱く 暑いと思ったら、この寒さ。 半袖で震えて、コーヒー屋(むかしで言うなら喫茶店)で、熱い珈琲を飲む。 両手で器を抱えて、暖をとる。...
障がいを 越えて菜漬けの いとおしき... 障がい者の集う施設が、バザーを 開いていたので、見に行った。 手作りの作品が並び、パンやおこわ おでんの片隅に菜漬けを見つけた。 こんな美味しい漬物は食べたことが ない。寒い中、取りに行ったのだろ う。冷たい水で洗ったのだろう。 ここまで育てた親の苦労を思う。 少しでも肩の荷を下ろすことができ れば...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください