衰 へ の ひ と つ ふ た つ を 忘 れ 霜

おとろえの ひとつふたつを わすれじも

人の老化は、ある日突然やって来るわけではありません。

ただ、それが本人には到底分かるものではありませんが、周囲の人が気がつくのはある日突然です。

そして身内がそれに気づくのは、ずっとずっとときが経ってからです。

「えっこんなだったっけ 」と一瞬呆然とするわけです。

たとえば、約束を大きく勘違いしていることに気づいたり、今までクルマを駐車場のどの辺りに停めたか、迷うことがなかった人が、死ぬほど歩き回って探したり。

急に攻撃的なことを言ったり。

大丈夫かと心配になるけれど、言うわけにもいかず、そうこうしているうちに進むのかと思うととてもさみしい。

大切な相談相手なのに。

この句も読まれています。

冬萌えや バサリと雪の 被さりて 地面の下では、着々と春の芽吹きの支度。 よく見ると、あちこちに、春が息をしている。 でもまだまだ寒さは、雪はこれから本番。 ようやく顔を出した、芽吹きにも容赦なくのしかかる。 それでも春は来る。 もう少しの辛抱。 iPhoneからの投稿...
摘めばもう 散るか幼き 日のフグリ... まだ幼いころ、うちに母親とばあちゃんがいた、ほんの短い日々、春の浅いころ、道端の青い小さな犬フグリの花がとても素敵に見えて、なんとか摘んで帰りたいとおもったものでした。やっと摘んでもちょっと持ち上げただけで、すぐ散ってしまう。何度も何度も挑戦したものです。 考えてみれば、あれから長い長い不幸な日々...
「 累犯障害者 」 ( 3 ) 刑務所の中では、今でも「懲罰」が行われる。 規律違反を犯した受刑者に対して。 独房での閉居、作業賞預金没収、食事量減量など。 ただむかしと違うのは、突如一方的ではないこと。 「懲罰審議会」 知的障害者の場合の例 「〇〇さんを思いっきりぶん殴りました」 事実は逆で、ぶん殴られたのは、彼だった。 調書...
うそ寒し 人に正論 杜鵑草(ほととぎす)... 人には正論を示し、自分は巧妙に手抜きをする。 そんな人、見たことありませんか。 手を抜く術があるのなら、ちょっとアドバイスしてくれたって 良さそうなもの。偉く見せたいのか。権威が失墜すると 思うのか。小さい奴が多い。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です