衰 へ の ひ と つ ふ た つ を 忘 れ 霜

おとろえの ひとつふたつを わすれじも

人の老化は、ある日突然やって来るわけではありません。

ただ、それが本人には到底分かるものではありませんが、周囲の人が気がつくのはある日突然です。

そして身内がそれに気づくのは、ずっとずっとときが経ってからです。

「えっこんなだったっけ 」と一瞬呆然とするわけです。

たとえば、約束を大きく勘違いしていることに気づいたり、今までクルマを駐車場のどの辺りに停めたか、迷うことがなかった人が、死ぬほど歩き回って探したり。

急に攻撃的なことを言ったり。

大丈夫かと心配になるけれど、言うわけにもいかず、そうこうしているうちに進むのかと思うととてもさみしい。

大切な相談相手なのに。

この句も読まれています。

で も だ け ど 言 い 訳 多 し 唐 辛 子... Korean Chili Pepper / 韓国唐辛子 / titanium22 納得のいかないことばかり。あるところ には、へらへらするヤツ。他は放ったら かし。言える人には何でも言うヤツ。言 えない人には、一言もない。そんな自分 の偏った性格を、おそらく認識してはい ないのだろう。誰も言わない...
田に水の はられてほっと 息をする ... 田んぼに水を張って、田植えの出来る状態になっている様子を、代田(しろた)というらしい。静かに水をたたえ、さらに雨を待っている、この景色はとても心を落ち着かせる。...
冬の雷 一戸一戸(いっこいっこ)を どやしつけ... どやすとは、京言葉なり。たいへんな雷であった。 隣に落ちたかと思った。それも何度も。 窓ガラスがびりびり音をたてた。 むかし、宇宙戦争というつまらない映画を見たが、 宇宙人が地上に降りるときに、激しい稲光と雷を伴った。 宇宙人が来るのではとちょっと恐れた。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください