衰 へ の ひ と つ ふ た つ を 忘 れ 霜

おとろえの ひとつふたつを わすれじも

人の老化は、ある日突然やって来るわけではありません。

ただ、それが本人には到底分かるものではありませんが、周囲の人が気がつくのはある日突然です。

そして身内がそれに気づくのは、ずっとずっとときが経ってからです。

「えっこんなだったっけ 」と一瞬呆然とするわけです。

たとえば、約束を大きく勘違いしていることに気づいたり、今までクルマを駐車場のどの辺りに停めたか、迷うことがなかった人が、死ぬほど歩き回って探したり。

急に攻撃的なことを言ったり。

大丈夫かと心配になるけれど、言うわけにもいかず、そうこうしているうちに進むのかと思うととてもさみしい。

大切な相談相手なのに。

この句も読まれています。

すぐ戻る 冬耕の鍬(くわ) 語りおり 畑に突っ込んだ状態の鍬が、ご主人様がちょっと外していることを告げる。 固い土はほぐされて、一本の道となりかけている。 よく働く人だと思う。 もう年の暮れ。...
蚊遣り火の バランスとりの 難しく... 昔ながらのブタの蚊取り線香立てを使っているが、もうそろそろやめようかと思う。完全な新品は簡単に引っかかるが、使い残しを引っ掛けるのは至難の技。それに、うまくいったとしても、燃え進めばぼとりと落ちる。こぼれそうになって危ない。昔の人は、何でこんな変なぶら下げを思いついたのかと言うより、こんなものしか思...
茄子の紺 花の紫 梅雨半ば なすびの深い色つやつや光る肌、花は星形で薄紫。 遠いむかしを、ふと思い出す。
胸底の 溜まり水増え 梅雨明ける わたしは人より傷つきやすいのか、弱いのか。些細なことで、青菜に塩、ナメクジに塩みたいになるのは昔から。胸の奥に涙壺があって、傷つくたびに一滴また一滴と雫が落ちる。落ちた時に、ぽたーんと音が響く。弱いんだな。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください