衰 へ の ひ と つ ふ た つ を 忘 れ 霜

おとろえの ひとつふたつを わすれじも

人の老化は、ある日突然やって来るわけではありません。

ただ、それが本人には到底分かるものではありませんが、周囲の人が気がつくのはある日突然です。

そして身内がそれに気づくのは、ずっとずっとときが経ってからです。

「えっこんなだったっけ 」と一瞬呆然とするわけです。

たとえば、約束を大きく勘違いしていることに気づいたり、今までクルマを駐車場のどの辺りに停めたか、迷うことがなかった人が、死ぬほど歩き回って探したり。

急に攻撃的なことを言ったり。

大丈夫かと心配になるけれど、言うわけにもいかず、そうこうしているうちに進むのかと思うととてもさみしい。

大切な相談相手なのに。

この句も読まれています。

見 覚 え の 人 木 枯 ら し の 向 か い ホ ー ム... みおぼえの ひとこがらしの むかいほーむ 駅のホームは寒い。電車が走る方向に木枯らしも走る気がします。 向かいの下りホームにいるひと、声をかけるには時間が経ち過ぎて。 元気ならそれでいい。...
どれほどの 竹伐り出されしや 七夕に... 日本全国七夕一色。 短冊たなびく笹の葉さらさら。
しゅんしゅんと 湯の沸く夕べ 春日暮れ... 春の気配といっても、まだまだ寒い。加湿器代わりにつけている、小さな小さなストーブだけど、結構すぐお湯が沸く。部屋は乾燥しないし、おそらくお肌にもいいかも。春の夕暮れ、お湯の沸く部屋で、ビール飲みながら、古い映画なんかみていると、幸せってこの程度でいいと心から思うのです。...
一 筆 箋 埋 まら ぬ 余 白 梅 雨 最 中(さなか)... 書く内容が薄いので、便箋ではなく一筆箋にした。 それでも余る。そんなこともある。 ありがたくもないのに、令状を書くときなど、特にそう。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください