表 札 に 尺 八 教 室 花 柘 榴

ひょうさつに しゃくはちきょうしつ はなざくろ

もうずいぶん前から、「尺八教えます」の看板が掛かっていることは知っていました。

ただこの節、特に民謡に目が向けられることはなく、尺八の音を漏れ聞くこともありません。

看板は色が褪せてきました。

その代わりというのも失礼ですが、ザクロの木が大きく育ち、いまダイダイ色のラッパ形の小さな花がとてもきれいです。

トゲがあるので、うかつにさわるのは危険です。

この句も読まれています。

幸あれと 祈りをこめて お雛さま... 私にもお雛さまがあった。何にムカついたか、まま母に捨てられた。 ばあちゃんが買った。まあるい顔をしてた…。...
流 し 目 の 静 か な 所 作 や 酔 芙 蓉... 朝早く咲き出したときは白、昼にかけて桃色、夕方から夜にかけては紅色に変化するという。 芙蓉は、古く中国から渡ってきたとのこと。 長い歴史を経ているわりには、異種が少なく、その代表的なものが酔芙蓉だとか。 低木で、あまり目立たない主張しない花ながら、美しい。...
蛍 出 で 闇 夜 の 更 に 深 ま り ぬ ほたるいで やみよのさらに ふかまりぬ 梅雨の今ごろは、あっという間に日が落ちて、そのうえ闇がとても深い。 ホタルに目が行き、追っていれば、更にやみ夜は深くなる気がします。...
向 日 葵 は 俯 く こ と を 許 さ れ ず... ひまわりは うつむくことを ゆるされず こわせないイメージって、厄介で怖いと思います。 明るいからって、いつもいつも明るくなんてしてられないはず。 オシドリ夫婦だってそう。 ほんとはオシドリ、毎年相手を変えるのだそう。 なんでも決めつけるのは良くないし、まちがいのもと。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください