表 札 に 尺 八 教 室 花 柘 榴

ひょうさつに しゃくはちきょうしつ はなざくろ

もうずいぶん前から、「尺八教えます」の看板が掛かっていることは知っていました。

ただこの節、特に民謡に目が向けられることはなく、尺八の音を漏れ聞くこともありません。

看板は色が褪せてきました。

その代わりというのも失礼ですが、ザクロの木が大きく育ち、いまダイダイ色のラッパ形の小さな花がとてもきれいです。

トゲがあるので、うかつにさわるのは危険です。

この句も読まれています。

雨が降る 鼠絞りの 波を立て 紅の雨 海を打つ... 今頃の雨を、紅雨と言うそうな。 この季節には珍しい、暗くて深い身をよじるような波の立つ海にも降るのです。...
出 柩 の 合 図 の 泣 い て 凌 霄 花(は な)の 落 つ... 1976 Cadillac Miller-Meteor Hearse / That Hartford Guy あの世に旅たつ人の、最後の声のように聞く、霊柩車のクラクション。 走馬灯のように、思い出が巡る。 はなむけだろうか。 ノウゼンカズラの、オレンジのあざやかな花が落ちた。 花の形そのままに。...
百 穀 を 潤 す 雨 を 日 が な 見 る ひゃっこくを うるおすあめを ひがなみる 五穀豊穣をもたらすといわれる穀雨。 これを過ぎると、そろそろ田植えの準備が始まります。 寒い季節が終わりを告げ、たくさんの命が吹き返し、草花が順々に咲きます。 命をはぐくむ雨に感謝しつけられた呼び名だと思います。...
蝉時雨 ときおり休憩 挟み出し 以前ほどの勢いはない。 暑い暑いと思っていたが、 少しずつ少しずつ季節は移ろっているのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください