表 札 に 尺 八 教 室 花 柘 榴

ひょうさつに しゃくはちきょうしつ はなざくろ

もうずいぶん前から、「尺八教えます」の看板が掛かっていることは知っていました。

ただこの節、特に民謡に目が向けられることはなく、尺八の音を漏れ聞くこともありません。

看板は色が褪せてきました。

その代わりというのも失礼ですが、ザクロの木が大きく育ち、いまダイダイ色のラッパ形の小さな花がとてもきれいです。

トゲがあるので、うかつにさわるのは危険です。

この句も読まれています。

おでん三つ あれば句も出る 唄も出る... おでんが三つもあればいい。 熱燗が三本もあればいい。 ひとりパラダイス。ひとり夢のなか。 この時間が確保できれば、あしたもどうにか なる気がする。...
掃除する ただ水仙を 生けるため 庭にたった一輪水仙の花が咲いた。 小さな玄関に、水仙を飾ろうと思う。 わたしは変なこだわりがあって、掃除の後に 香を焚き、花を飾る。だから水仙を生けるためには まず掃除しなければならない。 水仙は春の匂いがする。うちの水仙はなぜかほんの少ししか 咲かない、毎年。日当たりのせいかな。だから大事に大事に...
慌てずも みみずも驚き 土戻し 草を取っていて、ミミズに出くわした。 これ以上の慌てようはないほど、くねくねと暴れる。 のたうちまわるって感じです。 みみずは土がいいところにいると聞いたことがある。 こちらも慌てて、土を被せてやる。...
懐 に 鯛 焼 き 抱 へ 急 ぎ 足 ふところに たいやきかかえ いそぎあし 木枯らしの中、マフラーから目だけ出して並んでまで、地域では美味しいと評判の鯛焼きを買いました。 懐に抱えると、単純なもので、心までほっこりとなる感じです。 いよいよ本格的な冬です。 あの狂ったように暑かった夏と残暑を思えば、どうってことない。 鯛焼きで温まっ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください