衣更え 捨てきれぬ服 忘られぬ人

袖が細くて、すごくおかしい。
もう着ることはない。
あのときの自分を一枚だけとっておきたい気もする。
結末が悲惨なほど、ちょっとそんなことを思ったり。

この句も読まれています。

電飾に 並木は泣いて くりすます LEDになって、だいぶ楽になっただろうか。わたしはむかしから クリスマスのイルミネーションが気になってしかたがない。 巻きつけられて留められて、大きな迷惑だろう。 クリスマスはろうそくがあればいい。むしろその方が意義があるような 気がしてならない。...
ダ リ ア 咲 く 明 日 の 風 は 明 日 聴 く... Dhalia "Junai" / Takashi(aes256) ダリアは夏の花だけど、夏の終わりを 暗示する。人生は明日のことがわから ない。予測はいつも覆る。いいことの 裏には、ひたひたと次の試練が身を潜 めている。どん底と思っても、底から 3センチくらいは浮いてることもある。 さあ、今日も一...
石蕗の花 咲く一面の 霜枯れに つわの花は強い。 そこら一面霜が降りて、ただでさえ見るかげのない狭い庭は、もう霜で押し潰されたみたいに、 ペシャっと死んだようになってるのに、緑のまあるい大きな葉っぱに守られて、 黄色の花弁の明るい花をさかせます。 ペッシャっと死んだ庭が息をつきます。...
雪 解 け の 轍 の 痕 も 冬 蒲 公 英 ゆきどけの わだちのあとも ふゆたんぽぽ タンポポは、三月ごろから咲き出すのがふつうですが、初冬に花をつけるものや、春に先駆けて咲くものもあります。 いちばん寒いこの時季に咲くものは、冬タンポポと呼ばれます。 寒風を避けて、葉を地面につけるように広げた状態をロゼットと呼ぶそうです。 太陽を少...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください