衣更え 捨てきれぬ服 忘られぬ人

袖が細くて、すごくおかしい。
もう着ることはない。
あのときの自分を一枚だけとっておきたい気もする。
結末が悲惨なほど、ちょっとそんなことを思ったり。

この句も読まれています。

梅雨はまだ 中休み蝉 ひとしきり 何日も大雨が振り続いて、ちょっと今日晴れ間。 また明日からは、降るらしい。蒸し暑い日。 自然はよくできたもので、地面の下で、8年も過ごすという蝉は、梅雨が開けるまで、出てこない。 バカちんアブラゼミが、一匹だけ鳴いたそうだ。テレビがいっていた。...
カ ン ナ な ら 別 れ し 人 の 不 幸 せ... IMG_6225 / coloredby 一青窈の唄に、「ハナミズキ」というのがある。 「君と好きな人が100年続きますように・・・」 なんでそんな仏のような心境になれるかな。 わたしを振ったオトコの幸せなんて、願えるはずもない。 不幸せを念じるのみだ。 なんだ、あんなやつと、思えば思うほど、忘れ...
春愁う 身の丈ほどに しあわせに... お姫さまストーリーなどとは考えたこともないけど、小さな小さなしあわせを積み上げて暮らしていきたい。それすらなかなかむずかしいのは知ってる。わたしは職場で、下劣と言われた。治らないとまで。一回電話番号聞くの忘れたら、人の仕事はどうでもいいと思っていると言われた。言った人はとっくに忘れている。私は忘れな...
シュワシュワと サイダーの泡 顔を打つ... 湿っぽい暑い日には、炭酸が欲しくなります。 サイダーは昔馴染みの味で、でも飲みすぎると、気持ち悪いですが、 汗をかいた顔をコップに近づけると、小さな泡が次々と湧き上がってきて、 気持ちいいです。子供の頃からよくやったものです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です