衣更え 捨てきれぬ服 忘られぬ人

袖が細くて、すごくおかしい。
もう着ることはない。
あのときの自分を一枚だけとっておきたい気もする。
結末が悲惨なほど、ちょっとそんなことを思ったり。

この句も読まれています。

受 験 子 の 次 第 は す で に 決 ま り お り... じゅけんこの しだいはすでに きまりおり 受験の日が迫って来て、いよいよあしたとなると、受験生の緊張は頂点に達します。 そんなとき先生からこんなことを言われたと聞いたことがあります。 「君たちの合否は、神さまがとっくに決めている。 あしたは、その手続きに行くだけ」だと。 チカラが抜けて、リ...
龍 踊 の 尻 尾 の 辺 り は 新 人 か じゃおどりの しっぽのあたりは しんじんか 長崎くんち。 重要文化財。 たくさんの演目があり、町々で担当することになっていると聞きます。 本番は諏訪大社で行われますが、滑石(なめし)地区にも、それなりの祭りがあり、滑石くんちと呼ばれます。 小さな龍踊もあり、龍のサイズも小さく、回す人も少人数。 そ...
冬 ざ れ し 阿 蘇 外 輪 の 傷 深 し ふゆざれし あそ がいりんの きずふかし 土砂災害の傷跡深く、なだれの跡のような山肌あらわなところが数えきれないほど手つかず。 橋も道路も着々と復旧が進んでいるものの、まだまだ時間がかかるだろうと思われます。...
忘 れ た き 花 の 散 る に は 間 に 合 は ず... わすれたき はなのちるには まにあわず 忘れた方がいいことが、だんだん増えるような気がします。 夢のような日々なんて、うそくさいものは、この世にはなく、気のめいるようなことには記憶力がいいのです。 サクラが散るに任せるように、忘れるべきことも共に散ってくれれば、少しはスッキリしはせぬか。 た...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください