衣更え 捨てきれぬ服 忘られぬ人

袖が細くて、すごくおかしい。
もう着ることはない。
あのときの自分を一枚だけとっておきたい気もする。
結末が悲惨なほど、ちょっとそんなことを思ったり。

この句も読まれています。

黄落の 空隧道を 超えてなお 隧道という言葉が好き。トンネルと隧道( ずいどう )は同じなのだろうか。黄落の秋、隧道を過ぎてもなお、続く。空も木々も山も、そして隧道も一面の秋。...
飛び込みの ホームにたつ 霙(みぞれ)降る... 近くの駅のホームから特急電車に飛び込んだ人がいたらしい。この寒空に死ななきゃならないほどつらかったんだろう。胸が痛む。...
人生は 丸木橋かな 春深し 丸木橋というものを昔見た気がする。ただ一本の木が小さな川にかかっていて、一気に渡るのだが、それが子どもにはとても恐ろしかった。いつぐらっとまわるかわからない、こんな不安定なものはない。しかも落ちrたら、下は水。人の世もそんなものではないかと思う。自分の予想したとおりにいったためしがない。のぼり調子と...
御 旅 所 は 秋 の 海 辺 や 一 夜 旅 おたびしょは あきのうみべや いちやたび 筥崎宮では、二年に一度神輿にカミサマを乗せ、ぐるぐる町中を廻って一番鳥居の先の、むかしは海辺だったところに、お旅所を造り、一晩過ごして頂くそうです。 また次の日に、ぐるぐる町中を廻って、お帰りいただくのです。 もうずいぶん前から見る影もなく壊されて工業...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください