蟇 穴 を 出 づ 時 差 ぼ け の 惚 け 貌

ひきあなを いずじさぼけの ほうけがお

ヒキガエルは、短い足、幅広いアタマをもつ大型のカエルです。

眼の後ろには発達した耳腺があり、有毒物質を分泌するとのこと。

また、皮膚や背中に散在する多数のイボにも毒腺をもちます。

ほぼ全国のヤブや林に生息し、ガマ、ヒキとも言われます。

体温を外気温と同じにして、仮死状態で冬眠します。

春になって暖かくなると、のっそり出てきます。

もともと動きが鈍いうえに、冬眠が終わったばかりのため、その無骨なまでの動作は笑いをさそいます。

この句も読まれています。

大 花 火 消 え ぬ 一 滴 湖 面 ま で おおはなび きえぬいってき こめんまで どんなに大きな打ち上げ花火でも、それなりの距離上がるので、火の粉が地面まで届くことはありません。 ただ場所が湖の浮島だからでしょうか。 最後の最後の火の一滴が、湖面に届いたように見えたのです。 錯覚かもしれません。 大花火は、夜空に、そして湖にくっきりと映...
水汲んで なおなお更に 飲みおりて... 山の清水を汲みに行く。ちょろちょろと冷たい湧き水が出ているところは人気スポット。容器に いっぱいになったら代わればいいのに、まだまだ飲んでいる。人間は欲深いものだ。...
焦がれても 密かなるべし 虎落笛(もがりぶえ)... 冬の冷たい激しい風が、垣根や電線に吹き付けて、身をよじるような苦しい声を上げるように聞こえる虎落笛(もがりぶ え)身をよじっても、届かない、伝えてはいけない恋心なのかもしれない。...
早馬で 帰って来いと 盆の茄子 今まで知らなかった、常識の無さ。お盆に茄子やきゅうりに足を付けて、迎えるのは、帰ってくるときは、馬に乗って早く、向こうへ戻るときは、牛に乗ってゆっくりとということだそうです。仏事に疎くて、常識無いなとつくづく思います。迎え火を焚いて、家に帰るときに迷わないようにって、やさしいです、みんな。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です