蟇 穴 を 出 づ 時 差 ぼ け の 惚 け 貌

ひきあなを いずじさぼけの ほうけがお

ヒキガエルは、短い足、幅広いアタマをもつ大型のカエルです。

眼の後ろには発達した耳腺があり、有毒物質を分泌するとのこと。

また、皮膚や背中に散在する多数のイボにも毒腺をもちます。

ほぼ全国のヤブや林に生息し、ガマ、ヒキとも言われます。

体温を外気温と同じにして、仮死状態で冬眠します。

春になって暖かくなると、のっそり出てきます。

もともと動きが鈍いうえに、冬眠が終わったばかりのため、その無骨なまでの動作は笑いをさそいます。

この句も読まれています。

新 人 の 紹 介 花 見 消 防 団 しんじんの しょうかいはなみ しょうぼうだん むかし農家しかなかった頃に作られた消防団。 歴史は脈々と伝えられ、隣町に自衛隊の駐屯地ができると、その官舎ができ、今ではベッドタウンとして新しく家を建てる若い人も増えたようで、小中学校も分校かと思ったら、けっこうな数の子どもたちが通っています。 地...
梅ヶ枝の 餅を懐炉(かいろ)に 宮詣で(みやもうで)... 梅ヶ枝餅は、暖かいうちに、食べなければなりません。 冷めると、固くなるからです。 ご飯と一緒に、ジャーに入れて、保存するといいです。 昔は食べながら歩いたりしたけど、今はそんな行儀の悪いことをする人はいません。 よかったらクリックください。励みになります。 ...
落ち蝉に かかれと言うて 蟻の声 寿命が尽きた蝉は、蟻の栄養。 「さあ、かかれ」と号令一下蟻の流れ作業が始まる。 自然の摂理か。
ア マ リ リ ス 大 口 叩 く 嘘 は 言 う... あまりりす おおぐちたたく うそはいう いろんな新しい品種もあるようですが、昔ながらのアマリリスは、赤一色。 口裂けオンナのように大きく開いた口に見えてしょうがありません。 「ここだけの話」というフレーズが大好きで、そのくせあちこちで触れ回るタチの悪いオンナの口に見えてしまうのはわたしだけでし...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください