蟇 穴 を 出 づ 時 差 ぼ け の 惚 け 貌

ひきあなを いずじさぼけの ほうけがお

ヒキガエルは、短い足、幅広いアタマをもつ大型のカエルです。

眼の後ろには発達した耳腺があり、有毒物質を分泌するとのこと。

また、皮膚や背中に散在する多数のイボにも毒腺をもちます。

ほぼ全国のヤブや林に生息し、ガマ、ヒキとも言われます。

体温を外気温と同じにして、仮死状態で冬眠します。

春になって暖かくなると、のっそり出てきます。

もともと動きが鈍いうえに、冬眠が終わったばかりのため、その無骨なまでの動作は笑いをさそいます。

この句も読まれています。

上がったり 下がったりして 秋の空 上がったり下がったりするのは、わたしの気持ち。何とかなるさとおもったり、数分後には、この先どうしようとオロオロ不安がよぎる。明日からの土日をどうして過ごそう。...
森 繁 久 彌 ト ー ク シ ョ ー 〈 お 客 様 : 杉 村 春 子 〉... ケーブルで、森繁久彌トークショーのシリーズを見つけた。 各界の著名人を招いて、一回30分の、つまり「徹子の部屋」の森繁版といった趣きである。 まずは、ゲスト杉村春子。 大好きな役者で、今まで白黒の映画やドラマをいっぱい観てきた。 「女の一生」など、代表作といわれる作品は多いけれど、わたしの中のピカ...
大 夕 焼 け 虫 取 り 網 も 負 ぶ は れ て... おおゆやけ むしとりあみも おぶわれて 夏の夕暮れ、見渡す限り空いっぱいに、見事な夕焼けです。 一日精いっぱい遊んだのでしょう。 幼い男の子が、虫取り網を握りしめたまま、お父さんにおんぶされて、家路に着くところです。 いい夏休みです。...
電 飾 や 鍵 穴 見 え ぬ 闇 に 戻 る でんしょくや かぎあなみえぬ やみにもどる イルミネーションのみごとなこと。 以前はクリスマス近く、12月に入ってからだったものが、最近では11月半ばから始まるようです。 冷たい月、凍てつく星そして星屑もなかなかステキですが。 「もろびとこぞりて」と「聖しこの夜」が響いて、博多の駅前は大賑わ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください