蝉 時 雨 泡 い っ ぱ い に 茶 を 点 つ る

せみしぐれ あわいっぱいに ちゃをたつる

裏千家は泡を立てませんが、表は泡が立つように、空気を巻き込むように茶せんを動かします。

灼熱地獄、ジージーワンワンと蝉はほぼ一日中鳴きわめきます。

セミと張り合うわけではないけれど、限界まで茶せんを回してしまいます。

この句も読まれています。

小糠雨(こぬかあめ) 沈丁の香 閉じ込めて... 沈丁花の花が咲き出しました。 赤と白では、どちらが香りが強いのでしょう。 駐車場とか、高架の下とか、川べりとか、思わぬところで、香りがすると、 嬉しくなります。 今日は、朝から小さな雨が降っていて、おさまる気配もありません。 気のせいか、沈丁花の香りも雨に閉じ込められて、薄くなったような気がします。...
秋の雨 家ひそかなり 掃除する 秋の冷たい雨が朝から降っている。時々激しい。静かな家をしこしこ掃除する。好きで集めた小さな人形たち、タイプライター、ラジオ、ビクターの犬=ひとつひとつ持ち上げて拭く。ついでに柱時計のねじを巻く。ふたつのねじを、中に向けて巻かなければならない。窓の外の雨を見ながら、ときどき休憩をはさみながら、結構しっ...
刺繍 のこと ししゅうにはいろいろ種類があります。 フランス刺繍、スウエーデン刺繍、日本刺繍、クロスステッチ、刺し子、他にもたくさんあるのでしょうが、わたしが知っているのはこんなものです。 わたしは、がま口のサイフや化粧ポーチ、印鑑ケースなどをネットで出品して、わずかばかりの報酬をいただいているのですが、材料...
吊るされて 心根(こころね)矯正 唐辛子... 真っ赤になって、どれもこれもどこか曲がっている。 へそ曲がりか、頑固者か。 縛られて、吊るされて、少しはましになりなさい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください