蝉 時 雨 泡 い っ ぱ い に 茶 を 点 つ る

せみしぐれ あわいっぱいに ちゃをたつる

裏千家は泡を立てませんが、表は泡が立つように、空気を巻き込むように茶せんを動かします。

灼熱地獄、ジージーワンワンと蝉はほぼ一日中鳴きわめきます。

セミと張り合うわけではないけれど、限界まで茶せんを回してしまいます。

この句も読まれています。

急 ぎ ま す 木 の 葉 時 雨 を 存 分 に... 木の葉がまるで時雨のように降りそそぐ。 公園の中も傍の道も、今、盛りを過ぎたところか。 ここを抜けるのがいちばん近道。 もともとは松林だったようで、常緑の松はまだあちこちにある。 松食い虫の被害もあって、切り倒したあとに広葉樹を植えたようで、長い年月が経って大きく育ち、松と並ぶか、それを越す背丈にま...
焼酎の 味もわからぬに 芋と言う 米だろうが、麦だろうが、芋だろうが、たいして違いもわからぬくせに、 流行りもの飲みたさに、「黒霧」なんて言う。...
鹿児島へ はつなつの風 新幹線 九州新幹線 / Norio.NAKAYAMA 全線開通まで、ずいぶん時間がかかった。「さくら」こいつがこの顔で鹿児島まで行くんだ。平日の昼間だというのに結構な乗客。いい旅になるだろう。昨日から丸一日半鬱陶しい雨だった。ようやく上がった。五月晴れ。...
寄 る 辺 無 き 身 の 置 き ど こ ろ 貝 風 鈴... よるべなき みのおきどころ かいふうりん 貝風鈴、貝殻で作った風鈴のことです。 世間には、ビードロや、鉄製の立派な風鈴があふれる中、何よりももろく儚げな風情です。 風が吹けば、からからと音はするのですが、涼やかな音とは程遠く、乾いた音がします。 他に行きようがない、これしか道がない、そんな感じです...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください