蝉 時 雨 泡 い っ ぱ い に 茶 を 点 つ る

せみしぐれ あわいっぱいに ちゃをたつる

裏千家は泡を立てませんが、表は泡が立つように、空気を巻き込むように茶せんを動かします。

灼熱地獄、ジージーワンワンと蝉はほぼ一日中鳴きわめきます。

セミと張り合うわけではないけれど、限界まで茶せんを回してしまいます。

この句も読まれています。

.いわし雲 胃ろうやむなし 便りする... n難病の母が、リハビリを頑張らないと、胃にパイプを通すと医者に言われたらしい。そうならないよう、リハビリをするように、言い聞かせてくれと、手紙が来た。おそらく胃ろうのことだと思う。パイプなどと、なんて医者だ。難病をかかえた患者を脅かすようなことを言うものではない。胃に穴を開けて、高栄養のリキットを直...
待 ち 待 ち て 挙 句 廃 線 春 の 雨 まちまちて あげくはいせん はるのあめ 後回しになるとは予想していました。 本線ではなく、単線ですし、無人駅が続く、まことに心細い鉄道ですから。 それでも長い長い陳情の末に、村の人々の足となるべく、期待されやっとの思いで開通したと想像します。 後回しでも、時間がかかってもいい、なんとか繋いで...
入 社 式 新 人 狙 ひ 献 血 車 にゅうしゃしき しんじんねらい けんけつしゃ 市役所に住民票をもらいに行きました。 玄関横の桜並木はちょうど五分咲きといったところ。 希望に満ちた、元気はつらつの新人職員が献血車に並びます。 この市は、今年から採用に関して、筆記試験を廃止しました。 市長の見解だそうです。 献血ぐらい、人の倍やれ!...
旱 梅 雨 丸 亀 城 の 井 戸 乾 き ひでりつゆ まるかめじょうの いどかわき 丸亀城。 石垣の城として名高い。 香川県丸亀市。 石垣の城と呼ばれ、ものすごく高いところに天守閣があります。 よくまあここまで石を積み上げたことと感心します。 日本一高いところに掘られたという井戸の工事は、当初から難航を極め、人柱を立てることとなったそう...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください