蝉しぐれ 蝉に生まれし さだめなり

せみに生まれたからには、せみの生業をしてしまうのです。
人に生まれたものは、人の生き方をするのですが、なぜか判断がまちがうことが、
あるのです。
人生は、やり直しがききませんから、あとの人生はあやまちを懺悔する日々です。

この句も読まれています。

生 真 面 目 に 文 字 盤 の あ り 時 計 草... 大きければ、7〜8㎝、小さいもので、3〜4㎝。 紫色の濃淡で、(赤もあるにはあるけど、毒々しくて、おそろしく不評) 時計の文字盤や針まで、丁寧に作り込んでいるように見える。 つる性で、他の樹々をたよりにつるを伸ばす。 近所には、立派な時計草が咲き乱れている家があって、わたしも、ここ 何年か植えている...
睡蓮の 咲くも枯れるも 静かなり 大きなため池の真ん中辺りに睡蓮の花。 けっこう群生している。 人はわきの道から、遠目に見ることになる。
炎天に 西瓜(すいか)抱える 日傘さす... 暑いとにかく暑い。わたしはめったに果物は食べない。別にきらいなわけでもないけど、買って食べるほど魅力を感じない。でも、なぜか西瓜が(すいかは果物ではないけど)とっても食べたくなって、それも大きいのが安かったせいもあって、まるまる一個買った。日焼けしないように、日傘をさして帰るのだが、いつもの道の遠い...
石蕗の 黄(き)寒空に 色を投げ 紅葉もおおよそ散った今では、庭に咲く花は石蕗だけ。 季節にふさわしからぬ鮮やかな黄色。 丸い葉っぱから精いっぱい首を伸ばしたように咲く。 晴れと曇りの中間くらい、昨日と変わらぬ今日が暮れる。 iPhoneからの投稿...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください