蝉しぐれ 蝉に生まれし さだめなり

せみに生まれたからには、せみの生業をしてしまうのです。
人に生まれたものは、人の生き方をするのですが、なぜか判断がまちがうことが、
あるのです。
人生は、やり直しがききませんから、あとの人生はあやまちを懺悔する日々です。

この句も読まれています。

菜種梅雨 電話の音に 聞こえけり ようやく春の気配。朝から暖かい雨が降る。芽が出かけたシャクヤクやあじさい、つる薔薇がこの雨でいちだんと生長 するだろう。わたしはこの時期の雨が好きだ。決して勢いのある雨ではないが、トタンの屋根を打つ雨の音は、ときに 大きく、電話が鳴ったかと、ハッとすることもある。鳴るはずもないのに。...
春愁や 来し方思う 世間見る... 傾斜のある街は好きです。 大通りの裏には、必ずと言っていいほど、小さな裏道があり、途中休みながら、狭い階段を上がります。人生は、先が見えない。もしかして、後になって振り返れば、今は幸せなのかもしれない。 来た道は、今さらどうすることもできないのに、心が向く。 今日を生きることが、精いっぱい。憂いても...
汗だくで 心を守る 術(すべ)探す... アンタは下品で下劣と言われた。上司に。人の顔色ばかり見ていて、計算高いと。三人しかいない小さな職場で、シーソーのように、どちらかが上がれば、もう片方が蹴落とされる。私に仕事を教えてくれた人が先月辞めた。「あたしは自分から辞めろって言ったことはない。やめざるを得ないところまで追い込むんよ。恐いよあたし...
胸底の 溜まり水増え 梅雨明ける わたしは人より傷つきやすいのか、弱いのか。些細なことで、青菜に塩、ナメクジに塩みたいになるのは昔から。胸の奥に涙壺があって、傷つくたびに一滴また一滴と雫が落ちる。落ちた時に、ぽたーんと音が響く。弱いんだな。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です