蝉しぐれ 蝉に生まれし さだめなり

せみに生まれたからには、せみの生業をしてしまうのです。
人に生まれたものは、人の生き方をするのですが、なぜか判断がまちがうことが、
あるのです。
人生は、やり直しがききませんから、あとの人生はあやまちを懺悔する日々です。

この句も読まれています。

テ ー ラ ー の 古 看 板 に 金 木 犀 最近とんと見かけなくなった、洋服をあつらえる店。 デパートのオートクチュールなどではなく、以前は街中に看板を掲げた洋服店がいくつもあった。 紳士服の専門店も。 オーダメイドだから、値段も張るし、量販店に押されてしまったのだろうか。 腕のいい職人さんは何処へ行ってしまったのか。 看板はかけたままだけれ...
少年メリケンサック 久しぶりです。 たぶん「カグタバ」以来の おもしろくない映画です。 若いころ、パンクロックでならした仲間が 人生の紆余曲折を経て、それぞれの道を歩いていたのが、 宮崎あおい扮する、プロデユース会社の契約社員の目にとまり、 苦難の末、成功するって話だったと思います。 佐藤浩市が、「マジックアワー」では...
潮 騒 を 捉 へ ( とらえ ) あ ぐ ね て 秋 日 傘... 秋を感じたら、行きたいところ。 海、海風を受けたい。 潮の匂い。 神社。 祭りの最中はNG。 準備中の気の張ったところ、より、祭りが終わって、潮が引くように人が去ったあと。 考えてみたら!全部水のあるところ。 湖でも、川でも、もっと上流のせせらぎならもっと素敵だろう。 今を逃したら、捉え損なう貴重な...
四 温 来 し た び 三 寒 を 忘 れ お り... しおんこし たびさんかんを わすれおり 三寒四温、これを繰り返しながら春へと近づいていくと聞いてはいるのですが、毎年体験しているのに、さむいさむいと凍えているものだから、ちょっと寒さが緩むと、ああこれで春になると、寒さがぶり返すことを、寒の戻りがあることを、つい忘れてしまうのです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください