蛍草 これでもかと 膨れおり

ツリガネソウ(蛍袋)のかたちが好きです。プーっとふくらんで、花片のさきはクルっと、まるで包装用のビリールひもをわざとクリンクリンにくせをつけたみたいに、カールしているのです。
わたしも写真を載せる技術を学ばねば。

この句も読まれています。

討 ち 入 り の 見 当 た ら ず し て 十 二 月... 結末がわかっているのに、どうしても見てしまう。 赤穂浪士の討ち入り。 大石内蔵助役は、第1回の大河ドラマでは、長谷川一夫。 平均視聴率30パーセントを超え、討ち入りの回は53パーセントだったとか。 内蔵助で決まると言っても過言ではないこの作品、どんな役者が内蔵助を演じてきたのか。 前述の長谷川一夫、...
秋の声 電話の向こうの 居留守かな... 電話って、耳に神経集中するから、意外と変なことまでわかってしまうことがあります。 なんかのはずみに、つじつまのあわないところが発覚してしまうのです。 思い出たどって、声を聞きたかっただけなのに、心臓の奥まで冷え切ってしまうのです。...
露を置く ツユクサの上 鉄条網 秋が来たことを実感する。 ツユクサに露が降り、有刺鉄線に露が降りて。
秋 夕 焼 け 鐘 撞 堂 を 影 絵 と し あきゆやけ かねつきどうを かげえとし 寺の鐘つき堂は、少し小高いところに作ってあります。 朝相当早くに、なんとも荘厳な音が聞こえてきます。 秋の夕焼けがうろこ雲を巻き込んで西の空に大きく広がると、鐘つき堂は、影絵のように黒く浮かびます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください