蛍草 これでもかと 膨れおり

ツリガネソウ(蛍袋)のかたちが好きです。プーっとふくらんで、花片のさきはクルっと、まるで包装用のビリールひもをわざとクリンクリンにくせをつけたみたいに、カールしているのです。
わたしも写真を載せる技術を学ばねば。

この句も読まれています。

湯たんぽの 湯の沸くまでの 長きこと... お湯というのは、気にしなければ、すぐ沸くもの。 待つと長い。 最近またはやりだした湯たんぽを買った。 大きなねずみみたいな動物、名前なんていうんだったか、 ちょっと忘れました。 そのあったかそうなぬいぐるみの後ろ側に、 ファスナーがついてて、中にゴムの、昔の水枕みたいなのが 入っていて、そこにお湯を...
如月を 送る風まだ 冷たくて もう二月もおわり、三月です。 梅は思いのほか早く咲き、もう散ってしまったけど、 今日の風は、やっぱりまだ二月の風、冷たくて、 思わずコートの襟をかき合せていました。...
正 月 や 雨 に 普 段 に 戻 さ る る しょうがつや あめにふだんに もどさるる 正月の淑気が、この雨ですっかり洗い流され、世の中は日常に様変わり。 いつもの日々が戻ります。 良い年でありますようになんて思わないけれど、どうか何もありませんように。...
冬 木 立 透 け て く る り と 月 の 道... ふゆこだち すけてくるりと つきのみち 二月の月は、痛いほど冷たい色を放ちます。 冷えた空気のせいなのか、天体のことは苦手で、さっぱりなのですが、中秋の名月ごろの暖かさとは、あきらかにちがいます。 葉を落とした大樹の向こうに月があります。 照らされて、樹々は枝の先まで明らかになったように感じます。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください