蛍草 これでもかと 膨れおり

ツリガネソウ(蛍袋)のかたちが好きです。プーっとふくらんで、花片のさきはクルっと、まるで包装用のビリールひもをわざとクリンクリンにくせをつけたみたいに、カールしているのです。
わたしも写真を載せる技術を学ばねば。

この句も読まれています。

カ ン ナ な ら 別 れ し 人 の 不 幸 せ... IMG_6225 / coloredby 一青窈の唄に、「ハナミズキ」というのがある。 「君と好きな人が100年続きますように・・・」 なんでそんな仏のような心境になれるかな。 わたしを振ったオトコの幸せなんて、願えるはずもない。 不幸せを念じるのみだ。 なんだ、あんなやつと、思えば思うほど、忘れ...
転 ず る も 福 と 為 さ ざ る 盆 の 月... 人生には、取り返しのつかないことが、あちこちに転がっている。 人は、何も考えず、いつも通りに歩き、地雷を踏む。 いつでもやり直せるなんて嘘。 苦しみとやるせなさを背負って、後始末の行脚を行うのが、その人にとっての人生となる。 幸せは、考え方ひとつなんて、気安く言わないであげてください。...
明け方の 雨の雫か 吊忍(つりしのぶ)... 朝早くに雨が降ったらしい。 吊忍は、軽石のようなものに、しだや、常緑の小さい植物を植えて、 ぶら下げて愛でるもの。 昔の映画には、よくあって、わたしも好きで、ぶら下げている。 華やかではないけれど、心が落ち着く。 吊忍に雨の雫がいっぱい残り、心なしか元気。 やっぱり雨がいい。 水道の水を遣ったり、霧...
旱 梅 雨 丸 亀 城 の 井 戸 乾 き ひでりつゆ まるかめじょうの いどかわき 丸亀城。 石垣の城として名高い。 香川県丸亀市。 石垣の城と呼ばれ、ものすごく高いところに天守閣があります。 よくまあここまで石を積み上げたことと感心します。 日本一高いところに掘られたという井戸の工事は、当初から難航を極め、人柱を立てることとなったそう...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください