藍空に カステラのごと 秋の月

風呂帰り、ピリピリに冷えたビールを、まるで熱いものを運ぶように、右手に左手にほいほい持ち替えながら、空には童話のようなお月さま。濃い濃い山吹色、まるでカステラ。まだ暮れきれない藍色の空に。虫の声あり。秋の冷えあり

この句も読まれています。

川 風 を こ ぼ さ ず 受 け て 花 芒 調べたわけではないけれど、花ススキというのは、若いススキが、時間が経って、まるで綿のようにふわふわの綿毛に変化することではないかと思う。 風のないときでも、橋の欄干に立つと、たとえわずかでも川風を感じることができる。 むかし広島に住んだことがあるが、川の多い街で、たくさんの橋がかかっていた。 ただ、...
なめくじの 後びきまでも 塩撒いて... なめくじに塩まくようなやつは、いくらへたくそでも俳句なんか作る資格ないと思うんですが…。 梅雨時に急に日照りになることがあります。 細いコンクリートの路地を渡りかけたなめくじが途中でくじけてしまうことがあります。 するとどうなるか、渡りきれずに道の真ん中あたりで力尽きて、そこでミイラというか、日干し...
梅 雨 の 夢 昔 の 些 末 浮 か び 消 え... なぜか梅雨の頃はおかしな夢をみる。 リアルな場所で、けっこう変な状態にいつもなっている。 うれしいことは決してない。 目が覚めたとき、疲れている。 そして暫くは覚えている。 目が覚めた途端に忘れることも多いのだけど、この時期の夢だけはそうではない。 湿度が高いせいか。よくわからない。...
虹 架 か る 信 号 の な き 島 青 し にじかかる しんごうのなきしま あおし 佐世保から船で15分くらい行ったところに、「信号のない島」があります。 厳密に言うと、ひとつだけはあるそうですが、いちおう世間では「無い」でとおっているらしいです。 雨上がりの虹がかかって、海も空も青く青くそれはそれは穏やかです。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.