藍空に カステラのごと 秋の月

風呂帰り、ピリピリに冷えたビールを、まるで熱いものを運ぶように、右手に左手にほいほい持ち替えながら、空には童話のようなお月さま。濃い濃い山吹色、まるでカステラ。まだ暮れきれない藍色の空に。虫の声あり。秋の冷えあり

この句も読まれています。

鰯 雲 郷 (さと) の 便 り も 遠 く な り... Sky over Tatashina 蓼科で見た空 / urawa 親が死んで、もうどれくらいになる だろうか。寄りつくこともない故郷。 何故か、秋になると故郷を想う。あ の路地や生垣はそのままだろうか。 神社の秋祭りは今も変わらずあるの だろうか。鋭角の曲がり角、床屋の 看板。線路の向こうの、小...
蚊遣香 雨の雫の 来ぬ先へ 縁側まで雨が烈しい。 雨のかからぬぎりぎりのところに、蚊取線香を置く。 金鳥がいい。
ね ん ね こ に 手 放 し の 愛 詰 め 込 ま れ... ねんねこに てばなしのあい つめこまれ むかしは、子どもは負ぶい紐で背中におんぶして、防寒のため綿の入ったねんねこを着ました。 子どもは暖かく、母親は両手が空くので、仕事にさして支障がないところが良いところでした。 背中の子どもの体調や、体温、動きや機嫌の良し悪しがすぐにわかるという利点もありまし...
種 馬 に 時 間 割 あ り 夏 の 山 たねうまに じかんわりあり なつのやま 種馬になりたいと言った愚かなオトコを知っています。 まずは実績。 優秀であることが第一条件です。 「すでにこの時点で失格です。」言ってやればよかった。 しかしながら、ようやく引退して、余生はゆったり過ごそうと思ったのも束の間、時間割に基づく苛酷な、も...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください