藍空に カステラのごと 秋の月

風呂帰り、ピリピリに冷えたビールを、まるで熱いものを運ぶように、右手に左手にほいほい持ち替えながら、空には童話のようなお月さま。濃い濃い山吹色、まるでカステラ。まだ暮れきれない藍色の空に。虫の声あり。秋の冷えあり

この句も読まれています。

秋 暑 し 神 の 手 求 め 診 察 券 Palms read (運命鑑定) / onigiri-kun ひと月に二回だけ、東京から 神の手を持つといわれる医者 が来ると評判の病院。裏から 手を回そうにも、ツテのない 人々が、すがる思いで、予約 に長い列を作る。神の手がど れほどのものか。確かにそう であっても、あとのフォロー はないに等...
かたつむり 高上がりして 明日は雨... かたつむりが木に登ると、雨が降るらしい。 元気のいいのは、上に上に行くそうな。 明日は雨だな。
遠い昔 ふと思い出す 秋時雨 何の脈絡もないのに、雷が落ちたように、昔のこと、あゝあの人はあの時こんな気持ちだったのかなんて、ふと思うというか、気がつくことがある。私が五才、妹が三才の頃に両親は離婚した。親戚中からソッポむかれてた父は、幼い私たちを預けるところがなく、職場に連れて行ったものだ。今思うと、たかだか三十才。屋上や、ひ...
病葉の どこが悪くて 落ちたやら 落ちるはずのない季節に落ちる。 そんなこともある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください