蔵 の 窓 一 直 線 に 日 脚 伸 ぶ

くらのまど いっちょくせんに ひかりのぶ

蔵には窓と言える窓はありません。

たったひとつ、高いところに、塞いでいる板を少し斜めにすることで開く小さな窓らしきものがあるだけです。

暗いところに目が慣れて、ほんの少し開いた隙間から、するどい光が一直線に入って、とんでもないところまで照らすことがあります。

季節が変わり、お日さまの陽がななめに差すようになったためです。

この句も読まれています。

小 糠 雨 (こぬかあめ) 蒼 き す す き に 露 を 置 く... Silver Grass / 薄(すすき) / TANAKA Juuyoh (田中十洋) 九月の雨がやまない。もう何日降り 続いているだろう。長い夜のいつの 間に降り出したのやら、細かい雨は 露のように、出たばかりの若い芒の 穂に玉を置く。斑入りの茅(かや)も 知らぬ間に育っていて、すっかり秋 の...
奈良漬の あとに蕪(かぶ)など 漬ける秋... 酒蔵で今年の奈良漬を買った。酒かすの中に奈良漬がほんの一枚半。酒かすがいっぱい残ったので、もったいなくて蕪をスライスして漬けたら、結構おいしかった。損したような得したような。...
満天の 星を見てみよ 虎落笛(もがりぶえ)... 目の前の有り様や、行き詰まったすぐそこの未来ばかりを 見ずに、ちょっとうえを見てご覧よ。 満天の星空。少し深い息をして、一歩引いてちょっと立ち止まってみよう。 景色が変わるかもしれない。渦の中にいると、いろいろ見えなくなることも あるから。...
凌霄(のうぜん)花 愛でたる人の 七回忌... ノウゼンカズラがきれいって、大好きだった人の七回忌が来る。 ノウゼンカズラの季節に逝った。 花を見るたび、思い出す。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください