蒲( がま) の 穂 も 波 立 つ 沼 の 中 之 島

がまの穂綿にくるまれば、兎はもとの白うさぎ。
因幡の白兎に登場する蒲。
最近はとんと見かけなくなった。
沼地が少なくなったせいか。
あの愛想のない茶色の植物が大好きで、ありそうなところでは探すのだけど、なかなか見つからない。
以前はあった所からも姿を消しているところが多い。
沼はできれば埋め立てないでほしい。
時雨に打たれ、凩に翻弄されても、姿を変えずいつもそこにいる。
そこがいいと思っている。

この句も読まれています。

秋 暮 れ し 硝 子 戸 に 母 の 面 影 あきくれし がらすどにはは のおもかげ 日が暮れて、雨戸を閉め、ガラスのサッシを閉めた瞬間、自分の顔が映りました。 どう見ても母です。 世の中には、美しいお母さんが自慢の方もいるようだけど、わたしは正直言って、とてもイヤでした。 若いころから。 なのにそっくりとは。 例えば、電車が急に長いトンネル...
一面の秋 鉄条網 超えてなお 枯れてしまえば、また境目はくっきりと鉄条網。今こそ一面の秋、もみじ、黄落の樹々、敷きつめられた色とりどりの落ち葉。 iPhoneからの投稿...
入学の 子ランドセルの 歩きおり... 朝の11時、もう帰っている真新しいランドセル。給食がまだ始まらないのだろう。大きなランドセルが道を行く。子どもはキライなあたしですが、思わず微笑む可愛らしさでした。い...