蒲( がま) の 穂 も 波 立 つ 沼 の 中 之 島

がまの穂綿にくるまれば、兎はもとの白うさぎ。
因幡の白兎に登場する蒲。
最近はとんと見かけなくなった。
沼地が少なくなったせいか。
あの愛想のない茶色の植物が大好きで、ありそうなところでは探すのだけど、なかなか見つからない。
以前はあった所からも姿を消しているところが多い。
沼はできれば埋め立てないでほしい。
時雨に打たれ、凩に翻弄されても、姿を変えずいつもそこにいる。
そこがいいと思っている。

この句も読まれています。

思 案 な り 試 し 試 し の 糸 と ん ぼ... とんぼの停止飛行は、見ていて飽きない。 鳥のように、目標に向かって一直線というのではなく、目標があるのかないのか、とりあえず飛んでみた格好で、えさを取るでなく、警戒しているふうでもなく、わたしには世間を見ているとしか見えない。 川のそば、小さな橋の欄干と、川に沿った道の上を、結構な群れで、高さはそう...
こ こ だ け の 話 と 言 ふ た に 木 下 闇 ( こしたやみ )... 人間というものは、そもそもこんなものであろう。 悪いのは、わたし。 いちばんに秘密を漏らしたのだから。 くるくると回りまわって、本人の耳に入ることまでは、考えなかった。 悪かった。 職場で、酷くいやがらせを受けているとのことだった。 あいつなら、やるだろう。 それにしても、酷すぎると、わたしも腹がた...
秋 風 を 捕 ら え あ ぐ ね て 秋 日 傘... sunshade / 日傘 / Kanko* 顔に吹く風の冷たさ。そうは言っても この日差しの強さ。真夏より激しいか もしれない。日傘をさすと、風を捕ら えること難しくなる気がする。片影を さがしながら歩く。...
一 村 を 滝 壺 に せ り 送 り 梅 雨 いっそんを たきつぼにせり おくりつゆ もう30年以上前の話です。 長崎豪雨。 あの年は、じとじとといつまでも梅雨が明けず、洗濯物は生乾き、乾燥機など無かった時代でした。 わたしは体調を壊し、以前経験した貧血だろうと勝手に決めて、市販の大瓶の真っ赤な錠剤を飲み干し、それでも良くならないものだから、...