蒲( がま) の 穂 も 波 立 つ 沼 の 中 之 島

がまの穂綿にくるまれば、兎はもとの白うさぎ。
因幡の白兎に登場する蒲。
最近はとんと見かけなくなった。
沼地が少なくなったせいか。
あの愛想のない茶色の植物が大好きで、ありそうなところでは探すのだけど、なかなか見つからない。
以前はあった所からも姿を消しているところが多い。
沼はできれば埋め立てないでほしい。
時雨に打たれ、凩に翻弄されても、姿を変えずいつもそこにいる。
そこがいいと思っている。

この句も読まれています。

海鼠(なまこ)切る 水の冷たき 正月の朝... 海鼠を切るのは骨が折れる。ヌルヌルして扱いにくいし、なぜかとても冷たい。正月の朝は、雑煮と刺身と海鼠と、そして新聞取って、ほんの少しの年賀状取って、ストーブつけて…やることはそれくらい。おせちはなし。...
稲光 街にしびれが 走り出る わたしは、夕立や雷が好きです。 雨が勢いよく降りこむので、走り回って窓を閉めます。 街路樹や人がわざわざ水をやらない木や草が喜ぶと思うのです。...
雄々しくて あんたに見える 冬木立... そんなはずはない。世の中に雄々しい男なんかいるはずもないのに。 どうかしてる。
去 年 今 年 た ら い を 舟 に 漕 ぎ 出 で る... 理不尽なこと、腹のたつこと、さまざまな納得のいかないことを抱えてというか、抱えたまま今年がスタートした。 たらいは、今にもひっくり返りそうだし、大きな船が通ると、その余波で沈まないように、沈められないように、生きた心地がしない。 浴びて溜まった水を掻き出すのも一苦労。 人の言動に、小さな引っかかる...