葉に残る 塩気を愛でる 桜餅

桜餅の、塩漬けの桜の葉が大好きです。
あれがないと、見かけも、味もそっけないものになってしまうでしょう。
その大事な葉を食べない人がいる。
信じられないことです。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

疲れおり 冷奴さえ 取り落とし 久しぶりの休み、とにかく疲れて動けない。 ごろごろ寝るのも、なんかだるい。 一瞬うたた寝したみたい。 冷奴は、口まで運べない。...
陽 炎 の 人 影 ど こ ま で も 白 く かげろうの ひとかげどこ までもしろく 急に真夏日になりました。 暑さを避けてか、道路はいつもより混雑しています。 アスファルトの、遠く遠くにゆらゆらとかげろうでしょうか。 人影らしきものも映るのですが、もやもやとどこまでもはっきりとはせず、近づけば遠くに、近づけば遠くに逃げてゆきます。 ...
七福の お一人だけでも お立ち寄り... 贅沢は言いません。 安泰に暮らしたいだけなのです。 七福神のひとりでいい。 それも短期の滞在でいい。
本 当 の こ と 言 は ず し て 初 盆 会... ほんとうの こといわずして はつぼんえ どうしても知りたいこと、聞いておきたいこと、聞かなければ後悔すること、それらはどれも聞きにくいこと。 もちろん聞かれる方も、触れられたくないこと。 それでも言う責任のあることが、ふつうではない家族にはあるのです。 そのうちそのうちと思っているうちに、急...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください