葉に残る 塩気を愛でる 桜餅

桜餅の、塩漬けの桜の葉が大好きです。
あれがないと、見かけも、味もそっけないものになってしまうでしょう。
その大事な葉を食べない人がいる。
信じられないことです。
よかったらクリックください。励みになります。


にほんブログ村 ポエムブログ 俳句へ

この句も読まれています。

花 殻 を 摘 み 来 年 も シ ク ラ メ ン... シクラメンもポインセチアも、咲き終わった花や、黄色に変色した葉を小まめに茎の部分から抜き取ることが大切。 そうすることで、株はもっと花をつけ、元気になる。 長持ちする。 もらったまま、放りっぱなしの花を見ると、かわいそうにと思う。 わたしは花を買うことや植えることには熱心になれないけれど、頂いた花を...
河童忌に 湿った蔵書の 紐を解く 昭和の本を本箱にぎっしり詰めている。 一冊出すと、もうたいへん。 湿度が高く、ブアブアしているから、戻せない。 色は変わって、仮名遣いも昔。 捨てようか。...
鷽 の 鳴 か ん と す れ ば 頰 膨 ら む... うそどりの なかんとすれば ほおふくらむ もともとオスはほおがピンク色なのだけれど、鳴くときはそれがさらに色を増し、上半身が大きく膨らむように見えます。 太くて短いクチバシもなかなかチャーミングです。 スズメよりやや大きく、ずんぐりした体型も愛嬌があります。 ほおが赤いのはオスだけです。 ...
藍空に カステラのごと 秋の月 風呂帰り、ピリピリに冷えたビールを、まるで熱いものを運ぶように、右手に左手にほいほい持ち替えながら、空には童話のようなお月さま。濃い濃い山吹色、まるでカステラ。まだ暮れきれない藍色の空に。虫の声あり。秋の冷えあり...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください