落 ち 葉 踏 む 孤 愁 の 街 の 石 畳

おちばふむ こしゅうのまちの いしだたみ

佐世保。
旧日本海軍の街。
そして米軍の軍艦の寄港地でもあり、立派な道路が走り、軍港をぐるっと巡る道路もさすがに立派です。
そして近年は、ハウステンボスなる、広くてただ疲れるだけの観光地も出来、観光客を集めています。
人びとの暮らしも、昔から変わらずそこにあり、小高い山の中腹にも住宅地がひしめき合っています。
むかし、何があったのか知るよしもないのだけれど、一箇所だけ、200mくらい、古い石畳の道を見つけました。
両側は石積みの民家が建ち並び、特に豪邸というわけでもありません。
人っ子ひとり通らない石畳の道は、かさこそと音を立てて落ち葉が走り回るだけです。
静かな秋です。

この句も読まれています。

パソコン いろんなとこ、ペコペコ押してるから、 おかしくなるんじゃないの! んモウ
満天の 星を見てみよ 虎落笛(もがりぶえ)... 目の前の有り様や、行き詰まったすぐそこの未来ばかりを 見ずに、ちょっとうえを見てご覧よ。 満天の星空。少し深い息をして、一歩引いてちょっと立ち止まってみよう。 景色が変わるかもしれない。渦の中にいると、いろいろ見えなくなることも あるから。...
古箪笥(ふるだんす) 居場所を変えて 秋の風... 秋風が吹くようになって、少し気分が変わりました。もともとわたしは、もようがえが好きです。涼しくなって、すこうし変えてみようという気になりました。骨董市で買った、小さな箪笥というか、物いれ、高さ70センチくらいで、ガラスが二箇所はまっていて、引き手が二つ、引き出しが三つあるもので、ちょっと気に入ってい...
墓 地 中 に 動 か ぬ 日 傘 ニ 三 本 SAKURAKO visits a grave. / MIKI Yoshihito (´・ω・) まだ盆でもないのに。 彼岸でもないのに。 広い霊園には、何百という数の墓石があるのではないだろうか。 数えたことはない。 日差しは強く、じっとり汗をかく。 小さな区画の草取りをして、古い花を処分して、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください