落 ち 葉 踏 む 孤 愁 の 街 の 石 畳

おちばふむ こしゅうのまちの いしだたみ

佐世保。
旧日本海軍の街。
そして米軍の軍艦の寄港地でもあり、立派な道路が走り、軍港をぐるっと巡る道路もさすがに立派です。
そして近年は、ハウステンボスなる、広くてただ疲れるだけの観光地も出来、観光客を集めています。
人びとの暮らしも、昔から変わらずそこにあり、小高い山の中腹にも住宅地がひしめき合っています。
むかし、何があったのか知るよしもないのだけれど、一箇所だけ、200mくらい、古い石畳の道を見つけました。
両側は石積みの民家が建ち並び、特に豪邸というわけでもありません。
人っ子ひとり通らない石畳の道は、かさこそと音を立てて落ち葉が走り回るだけです。
静かな秋です。

この句も読まれています。

路 線 バ ス 待 つ 間 ポ ス ト と 鰯 雲... ろせんばす まつまぽすとと いわしぐも 台風の影響かどうか、昨日までの酷暑とはちがい、秋の空気。 市内循環のバスは、普通のバス路線ではない住宅街を走るので、とてもきにいっています。 ただ、本数が少ないので、急ぐときには向きません。 ゆったり時間のあるときは、バス停に置かれたベンチに座り、隣のポスト...
地 卵 は あ ま り に 小 粒 秋 深 し じたまごは あまりにこつぶ あきふかし ニワトリに配合飼料ではなく、自然由来の餌を与え、さらに放し飼いで育てていることで有名な養鶏場で玉子を買いました。 玉子はすべて茶色で、とても小さく、殻もしっかりしたものでした。 これなら玉子かけご飯が食べられそうです。 ブロイラーの養鶏場では、温度もそして日...
処 暑 の 風 絶 壁 の 禿 ひ と 撫 で す... しょしょのかぜ ぜっぺきのはげ ひとなです ネットの5chで見つけた言葉です。 「ユルブリンナーのような、アタマの格好のいい奴は髪がなくてもカッコいい。 ゼッペキのハゲはいただけない。」 なんとも失礼なというか、言い得て妙というか、へんに納得したりしました。 さっき初めて、ツクツクボウシの...
冬 ざ れ の 各 駅 停 車 あ の 日 ま で... ふゆざれの かくえきていしゃ あのひまで 懐かしい、懐かしすぎる 街には、多くの場合楽しい想い出だけが残っているわけではないと、わたしだけではなく、一般的にもそうではないかと想像します。 あれもこれも含めての想い出なのです。 もういまの生活では、訪れる機会のない、遠い街に、たまたまその先に用ができ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください