落 ち 葉 踏 む 孤 愁 の 街 の 石 畳

おちばふむ こしゅうのまちの いしだたみ

佐世保。
旧日本海軍の街。
そして米軍の軍艦の寄港地でもあり、立派な道路が走り、軍港をぐるっと巡る道路もさすがに立派です。
そして近年は、ハウステンボスなる、広くてただ疲れるだけの観光地も出来、観光客を集めています。
人びとの暮らしも、昔から変わらずそこにあり、小高い山の中腹にも住宅地がひしめき合っています。
むかし、何があったのか知るよしもないのだけれど、一箇所だけ、200mくらい、古い石畳の道を見つけました。
両側は石積みの民家が建ち並び、特に豪邸というわけでもありません。
人っ子ひとり通らない石畳の道は、かさこそと音を立てて落ち葉が走り回るだけです。
静かな秋です。

この句も読まれています。

入 梅 は 今 日 や 明 日 や の 折 り た た み... あじさい@大宮第二公園 / Norio.NAKAYAMA 最近は入梅がはっきりと発表されないようになりましたので、まだかまだかのなんとなく落ち着かない日が続きます。...
秋 さ ぶ し 包 丁 研 ぎ は 軒 先 に あきさぶし ほうちょうとぎは のきさきに 手芸店の店先に、ワゴン車の後ろの屋根を跳ねあげて、「ハサミ、包丁研ぎます」の看板。 わたしのハサミは、この店で買った物だけど、ステンレス製で、とても重く、素材のせいで、研ぐこともできなくて、後悔しています。 店員さんや店長さんは、客に合うものを勧めてい...
実石榴(みざくろ)に 在りし日の人 遠い夢... 柘榴はタネが輝いて、宝石のようです。 そのままピアスにしたいくらいです。 タネが多くて、食べるというより、果汁を吸うだけ。 遠い日の記憶がよみがえります。今はもういない人が笑っています。...
憂きことは 秋空いっぱい ふくらんで... 心配事は雪だるま、しだいにしだいに転がって、心はいっぱいになる。どこかで歯止めをかけなければ、これ以上膨らまないように。たいていは、なるようになるしかない。心配してもしょうがない。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください