落 ち 葉 踏 む 孤 愁 の 街 の 石 畳

おちばふむ こしゅうのまちの いしだたみ

佐世保。
旧日本海軍の街。
そして米軍の軍艦の寄港地でもあり、立派な道路が走り、軍港をぐるっと巡る道路もさすがに立派です。
そして近年は、ハウステンボスなる、広くてただ疲れるだけの観光地も出来、観光客を集めています。
人びとの暮らしも、昔から変わらずそこにあり、小高い山の中腹にも住宅地がひしめき合っています。
むかし、何があったのか知るよしもないのだけれど、一箇所だけ、200mくらい、古い石畳の道を見つけました。
両側は石積みの民家が建ち並び、特に豪邸というわけでもありません。
人っ子ひとり通らない石畳の道は、かさこそと音を立てて落ち葉が走り回るだけです。
静かな秋です。

この句も読まれています。

春 の 月 信 号 待 ち も 物 想 ひ 春の月は朧。 小さな街ですが、市役所に向かう三叉路はスクランブル交差点の形式です。 スクランブル交差点は、自由自在に渡れるけれど、待ち時間が長いです。 苦にはなりません。 月を見ていれば。...
捨てるもの 多くありけり 夏至の雨... 決着のつかないものが、いろいろと溜まってきて、 思いきって捨てることでしか解決しない。 思い出もそう。 今日は夏至、これから夜が長くなる。...
余 り 苗 な り 主 張 あ り 矜 持 あ り... あまりなえ なりしゅちょうあり きょうじあり こんなにたくさんの同じ質の苗の中で、なんで自分たちだけ余り苗にされて、田んぼの隅っこにまとめて粗末にぼそっと突っ込まれないといけないのか。 変わらず実ることができるのに。 苗でさえ運不運があるのなら、人間は言わずもがなでありましょう。...
うそ寒し 人のえにしは 猫の目の 一番危ういもの、一番あてにできないものは、人間の関係です。 同性でもそう、男と女に至っては、もうはかないものです。 でも人生にはそれを理解しない、はかなさを信じない、時期があるものです。 理解しても、やっぱり踊らされ、落ち込み、わかっていてもどうにもできない時期もあります。 まだ懲りないのか、あきれ...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください