菜の花も おぼろの月も見ず ひとり

菜の花畑に入日薄れ
こんないい季節の夕暮れ時に、あたりを見渡すこともなく
なんで一人で歩く

この句も読まれています。

なお生きて 母ひりひりと 極暑なり... 幼い時に別れた母親が、遠いところで、病に臥せっている。 治るはずのない、多系統萎縮症だという。 縁の薄い親子だったと思う。 わたしは薄情だろうか。 事情はあるにせよ、必要なときに何もしてくれなかった人に、あまり情も湧いてこないのが、正直なところである。 ただ、苦しい日々が続くのは、とても可哀想で、早...
「田中慎弥の掌劇場」 痛快丸かじり。世間の、NHKの、甘くてうっとおしい思いやりや優しさやうるわしさに、吐きそうになっていたとき、というよりそういう自分に完全に気がつく前の、何というか居心地の良くない、なんか違うんだけど、それをうまく言葉にできないもどかしさを感じていたこの頃。田中慎弥は、見事に言い揚げてくれた。ウソっ...
子 蟷 螂 鎌 振 り 上 ぐ る 薄 緑 ことうろう かまふりあぐる うすみどり とうろう、カマキリです。 庭のそこここに、小さな生まれて間もないカマキリがいっぱい。 習ったわけでもないのに、小さいながら、カマを振り上げて威嚇します。 不思議です。 キレイなうすみどり色。 形も可愛らしく、そのままピアスにしたいくらいです。...
墓 地 中 に 動 か ぬ 日 傘 ニ 三 本 SAKURAKO visits a grave. / MIKI Yoshihito (´・ω・) まだ盆でもないのに。 彼岸でもないのに。 広い霊園には、何百という数の墓石があるのではないだろうか。 数えたことはない。 日差しは強く、じっとり汗をかく。 小さな区画の草取りをして、古い花を処分して、...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください