菜の花も おぼろの月も見ず ひとり

菜の花畑に入日薄れ
こんないい季節の夕暮れ時に、あたりを見渡すこともなく
なんで一人で歩く

この句も読まれています。

竹すだれ そうそう揺れぬ 南部鉄 風鈴は涼しい音色で涼をよぶものですが、 重い南部鉄の風鈴は、すーっとふく風くらいでは、なかなかならなかった。 鳴り出すと、とてもいい音がして、いいものです。...
黒々と そそり立つ闇 夏木立 田植えを終えたばかりの田の奥に、山の裾野に長々とそそり立つ黒い木立 季節は変わり、青かった木々は、堂々と黒い得体の知れない立派な木立になる。 人も変わる。良くも悪くもそのままでいられるはずもない。...
初 帰 省 訛 り は 無 か り し こ と と し て... はつきせい なまりはなかりし こととして ほんの数ヶ月前、東京の大学にやっとこさ合格し、おそるおそる旅立った。 はじめての夏休み。 生まれも育ちも東京といういでたち、言葉、生来の江戸っ子のような上から目線。 元気ならそれでいい。...
夏 帽 子 被 れ ば 見 事 五 頭 身 Wonderful West Wittering - June 2011 - Mature Couple Candid / gareth1953 New Profile 日焼けは怖い。まして今年は、紫外線の量が半端ないという。ひさしの大きい、UVカットのサンバイザーを、迷わず買った。これでたぶん大...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください