荒 星 や 肉 親 の 縁 薄 き と て

あらぼしや にくしんのえん うすきとて

年寄りが言う、迷信のような言葉や言い伝えは、若いころは馬鹿にしてろくに聞きもしなかったけれど。
人にはそれぞれ、持って生まれた「さだめ」なるものがあるらしいとのこと。
ジムで、友だちになった呑み屋のママがサウナで言っていました。
もしかしたら当たっているのかもしれないとこのごろ思うこともあります。
「 肉親と縁が薄い 」
親に恵まれず、たったひとりの妹とも、すっかり疎遠。
定めと知れば、なんてことはない。
割り切って生きていけます。
人と比べることもありません。
ただ、句会では、母ものや、子どもを詠んだ愛情深い句は採れません。
なんか、気持ち悪くなるからです。

この句も読まれています。

相 槌 は 頓 珍 漢 や 炬 燵 の 夜 あいづちは とんちんかんや こたつのよ コタツは便利です。 まず安全だし、足から暖まるのでじわーっと幸せになります。 ただ入ると出るのが億劫で、新聞やみかん、マグカップはもちろん、なんやかやと物が周りに集まって、ヘタすると散乱。 なんとなく眠くなるので、人の話は半分しか聞いてないし、そのせい...
底冷えの 今宵は降りぬか 別れ霜(しも)... 昼間は暑いほどなのに、明け方は恐ろしく冷える日がまだある。季節外れの霜を見るのはそんな朝。いつもの冷えとはちがう、とてつもない寒気に身震いする。...
早 苗 饗 や お 茶 は や か ん に 二 升 ほ ど... さなぶりや お茶はやかんに にしょうほど 田植えは、今は棚田でない限り、機械で植えます。 だからといって、一家だけで出来るものではなく、近隣の田んぼが共同して行っています。 作業は一日たっぷりかかり、お昼ご飯は欠かせないものです。 おにぎりが主体で、玉子焼きやタケノコ、山菜など、いろいろと工夫が求...
おろおろと 春の日暮れの 大根の花... 春の陽は、おろおろと暮れる。暑いのか寒いのか、風は吹いているのかいないのか、日は止まったように一定で、ある時を境に、つんのめったように暮れてしまう。その時を確かめようとするが、難しい。ただ白い大根の花が、薄暗闇にほわっと浮き上がって見える。遅い春は、大根の花が美しい。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください