荒 星 や 肉 親 の 縁 薄 き と て

あらぼしや にくしんのえん うすきとて

年寄りが言う、迷信のような言葉や言い伝えは、若いころは馬鹿にしてろくに聞きもしなかったけれど。
人にはそれぞれ、持って生まれた「さだめ」なるものがあるらしいとのこと。
ジムで、友だちになった呑み屋のママがサウナで言っていました。
もしかしたら当たっているのかもしれないとこのごろ思うこともあります。
「 肉親と縁が薄い 」
親に恵まれず、たったひとりの妹とも、すっかり疎遠。
定めと知れば、なんてことはない。
割り切って生きていけます。
人と比べることもありません。
ただ、句会では、母ものや、子どもを詠んだ愛情深い句は採れません。
なんか、気持ち悪くなるからです。

この句も読まれています。

しょうしょうと 降る雨黒く 山桜 雨が多い。音もなく、まるで永遠に降り続くかのように山に雨が降り続く。空は暗く、春とは思えないような墨絵の世界 である。桜は地味で、でもきっぱりと咲く。山の桜。...
十 日 し て 早 苗 濃 緑 背 筋 伸 ぶ とおかして さなえこみどり せすじのぶ 田植えの終わったばかりの頃は、苗は細く短く、先がどうにか水から顔を出してアップアップしているように見えたのですが、あれから十日ほど経った今日見ると、ひとまわり大きくなったかんじです。 背丈もわずかながら伸び、スックと立っています。 たくましさが育ちつつあ...
春 耕 の 手 を と め 潮 の 果 て を 見 る... 鋤を立てたまま、手を組んであごをのせて暫しの休憩か。 むかしの白黒映画を思い出す。 「裸の島」 新藤兼人監督 乙羽信子主演 瀬戸内の小さな島を舞台にした、台詞のない、当時としては前衛的な試みだったであろう作品。 こうして生きてゆくしかない、人生とはそんなものかもしれないと思わせる。 静かで、なんと...
炎天も 峠過ぎたと 言い聞かす 電力予想では今日と明日が大変だとか。 うだるようなというか、焼けつく中を毎日ハローワークに行く。毎日行って、どうなるわけもない。でも落ち着かない。探そうにも、次を当たろうにも、決着がつくまで、ハローワークには応募できない。焦る。焦る。 撮りだめしてた映画を見る。水曜日は千円だから、映画館に行きたいと...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください