荒 星 や 肉 親 の 縁 薄 き と て

あらぼしや にくしんのえん うすきとて

年寄りが言う、迷信のような言葉や言い伝えは、若いころは馬鹿にしてろくに聞きもしなかったけれど。
人にはそれぞれ、持って生まれた「さだめ」なるものがあるらしいとのこと。
ジムで、友だちになった呑み屋のママがサウナで言っていました。
もしかしたら当たっているのかもしれないとこのごろ思うこともあります。
「 肉親と縁が薄い 」
親に恵まれず、たったひとりの妹とも、すっかり疎遠。
定めと知れば、なんてことはない。
割り切って生きていけます。
人と比べることもありません。
ただ、句会では、母ものや、子どもを詠んだ愛情深い句は採れません。
なんか、気持ち悪くなるからです。

この句も読まれています。

我金の ために働く ほーほけきょ このごろ気分がすぐれない。 「いやなら、ほかをお探しください。」の一件か、 単に体調不良か。 職場には、マスクをして行っている。 風邪ひいたわけでもないのに、マスク。 ムッとした表情を読まれないように、 鳥インフルエンザ用のでっかいの。 そしたら、口紅も要らない、チークも要らない、気も楽、節約。 一...
隠 し 味 あ れ や こ れ や と 木 の 芽 和... かくしあじ あれもこれもと このめあえ 「木の芽」サンショウの芽のこと。 やわらかいサンショウの芽をすり鉢ですり、ミソと砂糖を加えます。 好みによりますが、白味噌のほうが素材が引き立つとも聞きます。 これで、イカやタケノコを和えるのですが、お年寄りはさらに、味見をしながら、なんやかんやとほん...
ああ、これも 桜か宵の 散歩道 思わぬところで桜を見る。気にもかけなかった木が桜の花をつけている。どうでもいいけど、ちょっとびっくりする。...
幸あれと 祈りをこめて お雛さま... 私にもお雛さまがあった。何にムカついたか、まま母に捨てられた。 ばあちゃんが買った。まあるい顔をしてた…。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください