草 萠 ゆ る 庭 先 床 屋 あ り し 頃

くさもゆる にわさきとこや ありしころ

むかし、理髪代を節約するため、玄関先に椅子を置いて、子どもを座らせ、ビニールの、それ用の円形のシートを首回りに合わせて掛けバリカンやハサミで髪を切られていた時代があります。

さすがにプロはプロ、シロウトはシロウト。

前髪を眉の上2センチで揃えて切ったつもりでも、ガタガタ、横と後ろは耳の上で揃えてきったつもりでも、ガタガタ。

子どもの目にもおかしかったのでしょう。

学校で笑いものにされて、とてもユウウツでした。

ママ母に遠慮して、「イヤだ」とは言えず、わたしの人生はどこを切り取ってもブルー。

この句も読まれています。

お終いの 花まで看取る ほととぎす... わたしはほととぎすの花が大好きです。 咲いている季節も。 それが今終わろうとしている。 最後の花まで、しっかりみるつもりです。 そろそろ山茶花の季節です。 iPhoneからの投稿...
十薬の 花 束にして 深呼吸 ドクダミはクセがあって、嫌う人も多いけど、私はあの薬くさい匂いがとても好きです。虫除け、消毒、臭い消し束にして、丈を揃えて、輪ゴムで留めて、薄い緑色のアンティークの薬瓶に挿します。なんか気のせいか清々しい心持ちがするのです。...
日 脚 伸 ぶ 炒 飯 少 し 上 手 く な り... もうずいぶん前のことだけど、わたしは家族に「チャーハン禁止令」なるものを発令れたことがある。 理由は、あまりにもまずいから。 わたしにとってチャーハンは、命題のようにいつも目の前にあった。 鉄の中華鍋と強火で、なんとかチャーハンと呼べるものに成長した気がする。 ただいつまでこの鉄鍋の重みに耐えられる...
喉(のど)詰めて 死ぬ人のあり よき季節(とき)に... 秋になり、紅葉も見られる季節になりました。人の人生、明日のことはわからないと、つくづく思います。介護施設ではよくあることみたい。表に出ないだけ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください