草 萠 ゆ る 庭 先 床 屋 あ り し 頃

くさもゆる にわさきとこや ありしころ

むかし、理髪代を節約するため、玄関先に椅子を置いて、子どもを座らせ、ビニールの、それ用の円形のシートを首回りに合わせて掛けバリカンやハサミで髪を切られていた時代があります。

さすがにプロはプロ、シロウトはシロウト。

前髪を眉の上2センチで揃えて切ったつもりでも、ガタガタ、横と後ろは耳の上で揃えてきったつもりでも、ガタガタ。

子どもの目にもおかしかったのでしょう。

学校で笑いものにされて、とてもユウウツでした。

ママ母に遠慮して、「イヤだ」とは言えず、わたしの人生はどこを切り取ってもブルー。

この句も読まれています。

冬の月 切った爪のよに 夜空にささる... キンキンに凍てついた空、凍って小さく光る月、 端の尖った爪のように見える。
今日よりは 恨み捨てろと 春満月 同窓会に参加した。大きな大きな同窓会で 知らない顔の方が多かった。一度も話した ことのない人から挨拶された。30年も前に 死んだ父にとても世話になったと。それで 人生が変わったと。わたしの父親という人 間はとにかく外ヅラのいい人間で、家を省 みることのなかった人で、そのせいで、し なくてもいい苦労を...
瞬き(またたき)の 一段とあり 虎落笛(もがりぶえ)... 吹き荒ぶ風がまるで泣いているよな虎落笛。 星は冷え冷えといちだんと輝き、冷えれば冷えるほど美しい。 虎落笛は寒さに悶え、星は研ぎ澄まされた美しさを放つ。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です