草 萠 ゆ る 庭 先 床 屋 あ り し 頃

くさもゆる にわさきとこや ありしころ

むかし、理髪代を節約するため、玄関先に椅子を置いて、子どもを座らせ、ビニールの、それ用の円形のシートを首回りに合わせて掛けバリカンやハサミで髪を切られていた時代があります。

さすがにプロはプロ、シロウトはシロウト。

前髪を眉の上2センチで揃えて切ったつもりでも、ガタガタ、横と後ろは耳の上で揃えてきったつもりでも、ガタガタ。

子どもの目にもおかしかったのでしょう。

学校で笑いものにされて、とてもユウウツでした。

ママ母に遠慮して、「イヤだ」とは言えず、わたしの人生はどこを切り取ってもブルー。

この句も読まれています。

サーバーの 最後の一滴 梅二月 毎日まいにちシールを集めて、努力の結晶で 手に入れたサントリープレミアムのサーバー 良く出来たもので、一瞬真空パック状態にな り、最後の一滴まで無駄にしない。手前に引 くとビール、向こうに押すとクリーミーな泡 地震が来たら、これ持って逃げるかもしれな い。人生の友だち。...
軽石の 紅葉(もみじ)丼(どんぶり)で 水を吸い... 握りこぶし二つくらいの大きさの軽石に、もみじの子どもを植えた。もう去年のこと。冬の間放っておいたのが、芽を出しているのに気づいた。枝ぶりもなかなかかっこいい。軽石とマッチして、日本的な風情。朝晩水をやってもやっても足りなさそうなので、とうとう丼に水をいれて、軽石ごと漬けた。いっぱい水を吸って、根をし...
橙 々 の 餅 の 上 な る 危 う さ や だいだいの もちのうえなる あやうさや 立派なのは、だいだいだけです。 大したお鏡餅ではなく、でこぼこで小さいし、重ねるのもたいへん。 かくしてほとんど二頭身のお鏡の出来上がり。 だいだいは中国から渡来したとされ、珍しいことに、木になった実は、人が採らない限り、2年から3年も木になりっぱなしという...
家 族 の 名 連 ね  秋  日 の 赤  ポ ス ト... かぞくのな つらねあきびの あかぽすと むかしはそうだった。 赤い決まったかたちのポストには、家族の名前を年寄りから順番にぜんぶ書くものだった。 世の中が変わって、名札も傘も名前を消した。 表札などもってのほか。 この先も、当たり前があたりまえじゃなくなるのだろう。 ついて行く自信がない...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください