草 千 里 雨 し ょ う し ょ う と 夏 霧 へ

くさせんり あめしょうしょうと なつぎりへ

端午の節句です。

ゴールデンウィークに隠れ、「憲法記念日もみどりの日もこどもの日も何でもいいからとにかく休み」になってしまいました。

山あいの峡谷の昔造りの百姓家では、大きなノボリ、何と呼ぶのか吹き流し?カザグルマのようなものがサオのてっぺんにあって、それはそれはみごとな鯉のぼりが泳いでいるのを見かけることがたまにあります。

ほとんどは川をはさんで、使い古しの鯉のぼりが色あせた洗濯物のようにぶら下がっています。

人々の努力で、阿蘇はあの災害からおおむね立ち上がり、太古よりの雄大な姿を取り戻したようです。

早朝から降り続く雨のため、牛の放牧の姿はなく、山並みは何処までも続きます。

しょうしょうと降る雨はみどり色。

しだいに霧にへんげしていきます。

なつぎりです。

この句も読まれています。

田植え機の 行き届かぬを 翁(おきな)植え... 農作業が機械化して久しい。 機械の届かぬところは、やはり人の手作業。 一番に気づくのは年寄り。 動くのも年寄り。...
秋の蚊の くせに勢い 衰えず 今年の夏は暑かった。はじめは増えだした蚊が、途中で少なくなって、秋の入り口の今になって、ムンムンと盛り返してきたようなきがするのです。蚊取り線香を三つも焚いて、対抗しています。蚊とハエとゴキブリは許さない。...
川 柳 風 の 藻 屑 を 受 け と め し かわやなぎ かぜのもくずを うけとめし ヤナギほど風になびくものもあるまい。 若芽をふき、ワタのようなシベなるものを飛ばし、風見草などと言われる。 「 柳 よ り や は ら か き も の 見 当 た ら ず 」 後藤比奈夫...
職安は 顔パスになり 冬になり ハローワークでは、検索の仕方によって、パソコンの色を変えている。 人のことは知らないけど、あたしはピンク。 窓口で「ピンクをください」と言って、カードをもらって検索するシステムになっている。 ところが先週から、なんにも言わないのに、ピンクのカードが出されるようになった。つまり顔を覚えられたってこと。...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください