草 千 里 雨 し ょ う し ょ う と 夏 霧 へ

くさせんり あめしょうしょうと なつぎりへ

端午の節句です。

ゴールデンウィークに隠れ、「憲法記念日もみどりの日もこどもの日も何でもいいからとにかく休み」になってしまいました。

山あいの峡谷の昔造りの百姓家では、大きなノボリ、何と呼ぶのか吹き流し?カザグルマのようなものがサオのてっぺんにあって、それはそれはみごとな鯉のぼりが泳いでいるのを見かけることがたまにあります。

ほとんどは川をはさんで、使い古しの鯉のぼりが色あせた洗濯物のようにぶら下がっています。

人々の努力で、阿蘇はあの災害からおおむね立ち上がり、太古よりの雄大な姿を取り戻したようです。

早朝から降り続く雨のため、牛の放牧の姿はなく、山並みは何処までも続きます。

しょうしょうと降る雨はみどり色。

しだいに霧にへんげしていきます。

なつぎりです。

この句も読まれています。

目借り時 干した布団で 甲羅(こうら)干し... あんまり動く気がしないことがある。 わたしは、そういうさぼり心は重んじる。 無理に始めたところで、余計散らかるだけ。 今朝はせいぜい布団干しだけ頑張った。 取り込もうと思って、思わず自分も乗っかってしまった。 となりの庭が見える。 お日様の匂いを嗅ぐ。 春爛漫。...
長 梅 雨 に 売 家 の 札 も 滲 み け り... もうずいぶん長いこと「 売り家 」の木札が下がっている。 家というものは、人が住まなくなると、途端に歳をとる。 急に痛み出す感じがする。 アクセスは、そう悪くないのに、このお化け屋敷が災いして、 売れないのだろうか。 いっそ徹底的に古ければ、壊せばいい話だが、微妙なところか。 当然、庭木も伸び放題。...
緑もう 勢いづいて 手に負えずl 小さな薄緑色の若葉が、ちょっとよそ見してる間に、猛々しく成長した。緑は深く、モコモコしてた山は、別物のように襲いかかるような勢い。今さら見上げる。...
雨音に むかしの痛み 思い出す 何かの拍子に、そうほんのなにかのはずみで、むかし苦い思いをしたというか、させられたことをふっと思い出すことがあります。 台所できゅうりをきざんでいるときや、植木鉢の雑草を抜いた瞬間なんかに、侮辱されたこと、冷たくあしらわれたこと、とても傷ついたこと、それがとっても遠い昔のことがよくあります。 小さい...

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.